東ティモールのホルタ大統領は19日、広島市中区の平和記念資料館(原爆資料館)や原爆ドームなどを視察した。大統領は記者団に「核保有国はすぐに核兵器の解体に入らなければいけない」と述べ、日本などと協力し、核兵器廃絶や核不拡散に向けて尽力する考えを示した。
 大統領は被爆者の阿部静子さん(83)から被爆証言を聞き、「広島の悲劇は世界中の人々に知られている」と阿部さんに語り掛けていた。ホルタ氏は1996年にノーベル平和賞を受賞している。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル
原爆症新たに1人認定=救済法成立後初の判決
「欺き続けた責任重い」=被爆者らが憤りの声
事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC

<窃盗>仏像2体が盗まれる…愛知・一宮の寺(毎日新聞)
法務省広島矯正管区の総務課長、酔って車ける(読売新聞)
<桜>大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
<長谷川等伯展>29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)
岡田外相が20日に大地震被害のハイチを訪問へ(産経新聞)
AD