参院総務委員会は20日午前、審議中の地方自治法改正案に誤りのあることが判明し、散会となった。ゴミ処理など行政サービスを複数の自治体で行うために設置する「広域連合」への直接請求を規定した291条の6で、請求代表者に公務員も就けるといった改正内容を挿入する個所の指定について、重複する表記があり、不明確になった。

 原口一博総務相は記者会見で、「正誤を示す訂正の手続きをとるべく作業を進めている。以後こういうことがないように、しっかりとチェックするよう(事務方に)言った」と述べた。

【関連記事】
「地域主権」関連3法案、参院で審議入り
地方議会改革 総務相が二元代表など見直し方針
地方行財政検討会議が初会合 財源移譲議論
公務員のリコールなど、資格制限を明確化 総務省
「法治国家にあるまじき事態」 佐藤総務相、住基ネット接続拒否で

明石歩道橋事故、過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴(産経新聞)
仕分け第2弾で制度改革へ=蓮舫氏、外国特派員協会で会見(時事通信)
<虐待>宇都宮市が老人保健施設から事情聴取 処分決定へ(毎日新聞)
介護サービス受給者、前月比1万人減―給付費実態調査・2月審査分(医療介護CBニュース)
普天間問題 米政府、長期化覚悟で継続使用へ(産経新聞)
AD