琵琶湖に春の訪れを告げる「びわ湖開き」が13日、大津市沖の一帯であり、観光船など約40隻が湖上パレードを繰り広げた。

 観光協会などの主催で今年で55回目。NHK連続テレビ小説「ウェルかめ」の主人公で、大型遊覧船「ミシガン」の一日船長を務めた女優の倉科カナさん(22)が春の扉を開くとされる「黄金の鍵」(長さ1.7メートル、重さ6キロ)を投下すると、周囲の船からも歓声が上がった。また南湖で異常繁殖した水草が大量に打ち上げられるなど問題化していることから、水草を食べる琵琶湖固有種の淡水魚「ワタカ」1000匹の放流も同時に実施した。

 今回観光協会が初めて公募したパレードの乗船客600席には、全国から6439人もの応募があった。

【関連ニュース】
節分:福豆に1万5000人 大阪・成田山不動尊
倉科カナ:「泣いてばっかり」と大粒の涙 「ウェルかめ」最終回間近でスタジオパーク生出演
大東俊介:JOYは初レギュラー 「恋から」の後番組は若手イケメントーク 司会は加藤浩次ら
倉科カナ:「ウェルかめ」終了後、グラビア続行宣言 自賠責保険広報キャラクターに
倉科カナ:「もっと甘えればよかった」 NHK連ドラ「ウェルかめ」大阪でクランクアップ

三宅島空港でも気圧値誤報=航空機着陸には影響せず-装置更新作業でミス・気象庁(時事通信)
「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め女性遺体訴訟で都(時事通信)
決算と政投銀融資検証=民主PT、日航問題で初会合(時事通信)
チリ地震の津波、「指示」で避難6・5%(読売新聞)
泡盛出荷5年連続割れ 焼酎流入など要因
AD