食事をするのが遅いことに立腹し、長男の東京都江戸川区立松本小1年、岡本海渡(かいと)君(当時7歳)に暴行したとして、東京地検は12日、同区の電気工、岡本健二(31)と妻の無職、千草(22)両容疑者を傷害罪で起訴した。警視庁小岩署は両被告を傷害容疑で逮捕し傷害致死容疑で送検していたが、地検は「暴行と死に因果関係があるとは言えない」として致死罪での起訴は見送った。これにより、裁判員裁判の対象ではなくなった。

 起訴状によると、両被告は共謀して1月23日午後8時ごろ、自宅アパートでしつけとして海渡君の両ほおを多数回平手打ちしたうえ、両腕と両足を殴るけるなどし、3週間のけがをさせたとされる。海渡君は暴行後にぐったりし千草被告が119番通報したが、翌24日午前7時ごろ死亡した。海渡君は千草被告の連れ子で、地検によると、以前にも暴行があったという。

 地検は「司法解剖で死因を特定したが、公表できない」と説明。「暴行がなければ死亡しなかったが、死因は暴行と直接関係があるとは言えないもの。詳細は公判で明らかにする」としている。【三木幸治】

【関連ニュース】
3カ月長男虐待:容疑の父親逮捕 脳に障害か 大阪
親権制限制度:民法改正を法制審に諮問 法相
児童虐待:防止に文科省と厚労省が会議 欠席情報共有へ
匿名通報ダイヤル:2月から児童虐待の情報も受け付け
小1虐待死:小学校、行政側に注意喚起せず 東京・江戸川

75歳女性バス内に置き去り、朝まで8時間(読売新聞)
住宅全焼、焼け跡から68歳夫婦?の遺体(読売新聞)
<霧>関西で鉄道ダイヤ乱れる 4万8500人に影響(毎日新聞)
石川議員擁護で正面突破へ=世論厳しく、一段の支持低下も-民主(時事通信)
日ごろの感謝を込め淡路島で「針供養」(産経新聞)
AD