第26回織田作之助賞(大阪文学振興会主催)は9日、大賞が中丸美繪氏(54)のノンフィクション「オーケストラ、それは我なり-朝比奈隆 四つの試練」(文芸春秋)に決まった。賞金100万円。青春賞には島谷明氏(24)の小説「マニシェの林檎」、同賞佳作には木田肇氏(24)の小説「換気扇」がそれぞれ選ばれた。授賞式は2月23日、大阪市の綿業会館で。 

【関連ニュース】
芥川賞、直木賞候補決まる=「大森兄弟」らが初
朝日賞に野田秀樹氏ら
報道写真で09年振り返る=1月9日から
大佛次郎賞に石川九楊氏

「反省の日々でした」 メッセ黒田さん、拘置中の心境告白(産経新聞)
長男に懲役4年6月=母親に暴行、傷害致死罪-新潟地裁(時事通信)
顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
「大変残念」と四天王寺大=死亡の福井さん、昨年卒業(時事通信)
トキ、石川にも愛の巣…佐渡から引っ越し(読売新聞)
AD