大麻や覚せい剤などの違法薬物を使った経験がある人は2・9%で、日本全国では推計約276万人に上ることが、厚生労働省研究班(研究代表者=和田清・国立精神・神経センター薬物依存研究部長)の調査で分かった。

 調査を開始した1995年以来、最も高い割合で、薬物汚染の広がりを裏付けた格好だ。

 調査は昨年9~10月、15~64歳の5000人を対象に実施。大麻、覚せい剤、MDMA、コカイン、ヘロイン、有機溶剤(シンナーなど)の使用歴などを尋ね、63・8%の3191人から回答を得た。そのうち、いずれかの薬物を使用した人の割合は、過去最悪だった01年の2・7%を上回る2・9%だった。

 全国の人数については地域や年齢といった要素を加えて分析し、276万人になると推計した。

 薬物別(複数回答)では、有機溶剤1・9%(推計約179万人)、大麻1・4%(同約136万人)、覚せい剤0・3%(約32万人)。

捜査関係者ら15年前を振り返る…地下鉄サリン被害者の会が上映会(産経新聞)
元税務職員の79歳・税理士、3千万脱税容疑(読売新聞)
「何で来るんだ!」尾辻元厚労相が自民研究会講師に罵声(産経新聞)
小沢氏、普天間移設は政府決定見守る考え(産経新聞)
酒気帯び運転し警官に体当たり、2米兵逮捕(読売新聞)
AD