参院選投開票日が7月25日にずれ込む可能性が高くなったことで、民主党から比例代表で立候補する落語家・桂きん枝(59)が「どないしよ~」と頭を抱えた。25日は日本三大祭りのひとつで、昨年は2日間で約118万人を集めた大阪天神祭の本宮と重なるからだ。

 きん枝陣営は全国的な支持獲得は困難とみて、近畿一円に絞った活動を展開中。天神祭への客足の影響を受け、関西の投票率が下がるのは大打撃で、「東京の人はそんなこと考えもしないでしょうけど。そうなったら期日前投票を呼びかけないといけない」と危機感を強めた。

 【関連記事】
民主党 比例代表 桂きん枝 を調べる

韓国大使に武藤氏、局長経験なし異例の抜てき(読売新聞)
会期延長、民主で慎重論広がる=国民新「郵政先送りなら離脱も」(時事通信)
「財布忘れた」、100回通過か=首都高料金詐欺容疑の男逮捕―警視庁(時事通信)
<最高裁>親子見学会、7月下旬に開催(毎日新聞)
ユニットコム、日本橋活性化キャラ「音々ちゃん」のネットブック、音声も収録
AD