母子家庭キッズの放課後事件簿、

前回(第12話)の続きですウインク
※最初から読みたい方は→こちら

 

ウチの娘はいろいろあって

小2の春からほとんど学童に行っていません。

 

フルタイムで働く母親の子供が、

放課後自由に過ごすのは

目が届かない部分があり、

 

素直に学童に行ってくれたら…

楽しく学童に行ける子が羨ましい…

 

と思ったことも正直ありました。

親の都合と子供の自由、その間で

悩みも多かったです。

 

学童に行かなくなって知った、

学童に通うメリットは2つ。

 

(1)金品のトラブルが少ない

 

夜まで預かってくれる学童はもちろん、

4時半に帰される市の学童だとしても

学童に行っている間の子供は

ゲームやカードをしません。

 

というのも、

学童とは学校帰りに寄る所だから、

学校に持ち込み不可のものは

学童にも持って行けない。

つまり学童ではゲームが出来ない。

おもちゃ類も持ち込めない。

お財布やお金も持っていけない。

(OKな学童もあるのかな…?)

 

それの何が良いかというと

金品トラブルが少ないということ。

放課後子供が自由に遊びに行くと、

 

前回書いたDSやゲームソフトの

盗った盗らない問題とか…

 

スーパーのゲームコーナーで

最初はそれぞれ100円入れてたけど、

そのうち立場の弱い子ばかり

お金払う感じになったりとか…

 

最近の小学生はカード問題もある。

娘が2年生の頃はアイカツカード。

ポケモンカードゲームも流行。

 

仲良くカードしてればいいですが

「Nちゃんにレアカード盗られた」

「違う、Nちゃんが勝ったから」

「交換しようって言っただけ」

などなどトラブルの元になるあせる

 

子供の気持ちも変わるので

最初交換してもいいと思ったけど、

後でじっくり考えたらイヤになって

「やっぱり返して」と言ったら

返してもらえなかった…とかね。

 

商業ゲームカードはレア度によって

価値が異なりますよね。

 一度手放したカードと同じカードが

お店でお金出せば買えるかというと、

それが出ない場合もあるわけで。

(※普通に売ってるカードもあります)

 

少なくとも学童にいる時間には

ゲーム、カード、お金のトラブルはない。

 

目が届きにくい、働くママにとっては

このややこしい問題が少ないだけで

ラクなんじゃないかと思います。

 

(2)学童は宿題が終わる

 

そう、宿題問題!!!

うちの娘には大問題でした~

 

おそらく専業主婦ママのお宅なら

子供が帰ってきたら宿題をさせて、

そのあと遊びに行かせると思う。

 

そして学童に通うお子さんたちは

学童で「宿題の時間」があるので

そこで終わらせてくるでしょう。

 

しかし!!

フルタイムで働く私の子供は

学童に行かず自由に過ごします…

一応電話のやり取りはして、

私も「宿題先にやってね」とは言う。

 

言っても

やらない…ゲロー

 

そして私が18時に帰宅。

夕飯食べたり色々してる時、

 

あ!

宿題やってない。。

 

と娘が言い出すんですね~

気付けばもう20時過ぎ。

2年生の娘は疲れてて眠い。

そして泣きながら宿題をやる。

 

2年生は

毎日こんなでした滝汗

 

宿題を先にしないと

後から自分がツライと分かってて

それでも出来ないという…

 

なんで懲りないんだろうと

毎日が謎でした(笑)

 

いろいろと工夫はした。

シール貼ったりとかね。

でも2年生の間は無理だったな…

 

多分出来るお子さんは
放課後自由でも宿題出来る。
でも残念ながら
ウチの娘7歳は無理だった。

 

今6年生になった娘は
自分で宿題を済ませてから遊び、
18時以降は私とのんびり過ごせる。

あの宿題問題は何だったんだろう(笑)

 

普通に学童行ってくれたら…
娘が小3くらいまで正直そう思った。
強制的に学童に行かせるのも
ありだったのかもしれない。

正解は分からないけど、
私は自分の意見を言った娘を
立派だったなと今になって思う。

自分はこうしたいんだ!
ってことを言えるのは大事。

ワガママな子だという人も
いるかもしれないけど、

母親の顔色を伺って
遠慮して言わないよりは、
自分の意見を言えた方がいい。

楽しく学童に行ける子は
そりゃ~それが一番だと思う。

そういう普通の子だったらと
思った私もいたわけですよ。

でも、なんとか過ぎ去った今
「学童よりやりたい事がある!」
と若干7歳ながら主張して、
親との話し合いの末、
自由を勝ち取った(?)娘に

なかなかやるなニヤリ

という気持ちでいます。
娘には娘の人生がある。
親にももちろん都合がある。

譲れるところは譲って、
協力しあって頑張ろう。
親子はチームだからニコニコ

まあ、そんなこんなで
小学2年生を何とか過ごし、
3月で娘は8歳になりました。

進級し小学3年生になって
放課後生活も落ち着いてきた頃、
ニュースで流れてきたのが…
2014年神戸小1女子誘拐殺害事件です。

 

続きます→第14話

※明後日更新予定です。

 

更新通知が届きます!

 

【初めての方へ】

シングルマザーBettyのブログへようこそ!

お読みいただきありがとうございます♡

 

【お詫び】

コメントのお返事が難しくなっておりますが、いただいたコメントは楽しく読ませていただいてます。いつもありがとうございます!

AD

コメント(7)