エンバーマーのブログ/ディーサポート 真保 健児
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

こんばんは (^o^) 

ディーサポート しんぼ けんじ です


東京も寒くなってきました。暖房は必要とは感じてませんが、寒暖の差はけっこう感じられますね。

昨年からよく使われるようになった用語で 「ヒートショック」 って覚えています?はてなマーク

室温変化に応じて急激に脈拍や血圧が変動する現象をそう呼んでいます。


例えばあたたかい場所から外へ出たときにゾクッとするのも、

お風呂で着替えをするときも、

寒いトイレで用を足したときにも。

日常の多くの場面でおこっています。 


ヒートショックが原因でおこる事故死としては、

・風呂による浴槽内での溺死、もしくは風呂床の冷たさがショックで入浴前に倒れる事例

・急に寒い場所へ移動したりする場合(上着の着脱のタイミングは大切なんですよニコニコ


がよく聞くお話です。 残念ながらこの時期にお風呂の理由でお亡くなりになる方が出てきております。

病院、介護職員の方々は注意して行っていますよね。

どうぞご注意くださいませ。


さて、本題です。 今回はエンバーミングの処置時間について書いてみます。

故人様が施設に到着し、書類確認、衣裳内容、ご家族の要望確認できてから処置に入ります。

詳しい詳細は弊社HPをご確認ください。チューリップ赤 http://www.dignity-support.jp  


①状態確認


②体表面の洗浄、消毒
③整顔、洗顔、保湿剤塗布

④小切開、動脈、静脈の確保、保全液の注入。体内の殺菌、防腐

⑤胸水、腹水、老廃物等の腐敗要素の吸引処置

⑥切開部の縫合、修復

⑦洗髪、体表面の洗浄 (シャワー湯灌の効能も果たせています)


⑧着替え

⑨メイク

⑩(必要時)ご納棺


となります。①~⑥までは基本的には1人で行っております。


葬儀業界で需要の多い、シャワー湯灌では⑦~⑩に加え、準備、口上、逆さ水の儀式を2人で70~80分で行っております。


処置時間は3時間を基準にしておりますが、湯灌と違って定刻終了というわけにはいきません。
「処置」なので目的の仕上がりを果たすためには個人差が出てくる場合があります!!


例えば

・ 体格

大きい方は保全液の量も増えますので注入時間が変わります。吸引処置の時間も変動します。


・ 保全期間

長期になるほど、上記以外の追加処置も必要になります。


・ 解剖体

 死因の検査範囲によって血管が分離しています。全身を保全するため、各部使用可能の血管を見つけてから注入します。縫合箇所も処置前から広いので縫合も通常以上の時間がかかります。


・ お顔に死後経過による色素沈着、腐敗変色、黄疸変色の場合のカバーメイク


・ 修復、復元

 状態、事故損傷によっては10分程度から数時間の追加処置が必要になります。

 あまりに時間がかかりそうな場合は、ご家族が待てる時間も考慮に入れて処置計画を行っております。


・ 死後変化、病状による保全対応

 死因による腐敗進行は様々です。腐敗進行は「細胞、組織の死滅」から始まっています。時期的なものだけではなく、高熱を発するような死因は内部温度が高く腐敗は早くなります。延命治療の間にも細胞死はあり得ます。壊死だって生前中に発生していることも1つの例でしょう。

この時は、末梢(体表面がわかりやすいでしょうが)にまで保全液が回らない可能性があります。
注入しながら末梢に伝わっていないと判断できた場合は、追加として局所注入処置も行います。

・・以上が3時間を超える可能性のある場合と判断いたします。


事業理念として、衛生且つ安心できる保全の状況で葬儀を提供したいと考える葬儀社はもし明日通夜でも万全を期して処置を推奨しています。施設保有の葬儀社はすぐに処置へ案内できますので状態がよく、保全期間が少なければ2時間で終わることもあり得ます。

しかし、私の事業としてはエンバーミング選定に何かしらの「理由」があっての依頼となります。
長期とか、変化、事故などが多いです。

1つ想定できるのはご存知のように孤独死、孤立死と呼ばれるような独居の方の死亡は警察を通じて死因調査も含めた、死後経過時間がある中での死後処置、お葬儀が増えていきます。


特に都内、川崎市、さいたま市は葬儀をする以上、火葬場も少ないのでエンバーミングも増えるかもと言われていますが、状態変化から、故人のためを思って早期火葬を希望する方の判断も出てくることでしょう。

しかし、経験上、しっかり対面してのお別れの儀式もしくは時間を作るのとそうでないのとではご家族の満足度もエンバーミングを選んだ方からは違っていたはずと言っていただけます。


そのお言葉があるからこそ、私も自信を持ってこの仕事ができ、ここでお話しできるのだと思います。


今日はここまでとして、皆様風邪の引きやすい時期でもあります。どうぞお体にご注意くださいませ。



しんぼけんじ




テーマ:

ディーサポート しんぼです。


こちらでは大変ご無沙汰でありまして、これまで覗いていただいた方々にはご迷惑をおかけいたしました。
操作対応などの関係でうまくいかない事例から、距離を置いていたのもあって、もう半年以上・・・でしたか、早いようで、管理不足というものですね。。。(>_<) 今後は精進させていただきます。


今回はバックナンバーをおっての内容を記します。


いろいろ考えていたのですが、今掲げているテーマは「短所」ではなく、「弱み」なんですよね。

タイトルは変更していきます。


その②として、今回はエンバーミングの「金額」から考えてみたいと思います。


エンバーミングの金額はインターネットで表示している葬儀社もございます。

執拗に各社で探してみると、結構のばらつきがありますが、以下の理由で誤差があると思われます。


・エンバーミング施設、エンバーマーを持ち合わせている葬儀社か、エンバーミングを外注される葬儀社かどうか。

・金額に施設までの搬送料金を含めた料金か、そうでないか。

・外注する葬儀社でも、手続からアフターまでを外注先に一任するか、処置以降は葬儀社でサポートするか。

・納棺までのサービスとして含めているか

・エンバーミングは「処置」という判断で外注による利益(紹介料)を葬儀社がどれだけ見積もるか?

・・・など、いろいろな違いが推測できます。葬儀社が下取り価格からどのようにエンドユーザーへ請求をしているのかは、実は私たちにはほとんどわかりません。 これは、メイク、湯灌業者も契約葬儀社のすべてを知ってないようです。 本当にバラバラです。


ほとんどの場合では葬儀の打ち合わせの中でエンバーミングを紹介されてご家族がどうしようか?といった環境と思われますので、その葬儀社が提示する範囲で商談、契約が行われております。


ただし、故人へのケアとして死化粧(メイク)、着替え、シャワー湯灌と並べて紹介されてまう状況で、エンバーを含めてどれにしますか?と紹介されてしまうと、まったくケアの内容も違っていること、メイクをする意味すらわからないで家族の方が選択させているところもまだあるようですので、額面でエンバーミングは高く見られがちになります。もしくはエンバーミングを高いと判断して最初から提示しない葬儀社もあります。

残念ですが、まだその状況は続いております。


ドライアイスでの保全はこれまでの日本の葬儀における常識であるので、葬儀社間の競争がある中で、葬儀担当者も下手に新しいものを紹介するゆとりがない場合もあることと思います。

数字の見方にもよると思いますが、全体の葬儀施行費用の中での故人へのケアとして行う額面は、最高額であるエンバーミングでもMAX20万程度でしょうが、一般葬儀+宗教者へのお布施含め200万円としても10分の1であります。


はたまた、関東圏でも目立ってきております、「直葬」は宗教者不要の中でも費用20万とすると、エンバーミングとほぼ同額になってしまいます。


では、エンバーミングは前記のような予算のある方の為のサービスなのか?たいていの葬儀社もそのように見ておりますが、そうでもない事もあるのです。じつは「直葬とエンバーミング」という選択を家族が選択する事例もあるのです。


弔問者はほぼ来ないだろう、宗教者も特別必要としない、お寺のしがらみもないとのことで直葬であったが、家族の意見では、火葬はいつでもいいよね、式はしないんだから慌てないでゆっくり時間は作っていいのですよね。と。いろいろなお話(人柄、生活環境など)を伺っていくと、エンバーミングを有効に薦められれば、このような選択肢も生じてくるのです。 

葬儀については家族葬が今後も増えるといわれてます。葬儀社を見積もりで判断するようになって平均費用も下がってきております。 これはまだ続くでしょうが、理由、内容のあるものと家族が判断できた時には費用が掛かっても必要とする。それがエンバーミングであってもそうである。


エンバーミングはアイドルコスト、消耗品などの部分もあるので割高と思われても仕方がないが、有効に作用すれば、決してそんなことはないと思っております。実際高い買い物でなかったと言われたこともあります。 処置後の容姿だけではなく、その後の時間を葬儀以外で家族のためだけに有効に使えるのですから。 


もはやメイク、湯灌と一緒に紹介する、選択させる方法自体が違っているのかもしれません。


しかしそのようにしていくのは、私自身。まだまだ葬儀社、一般の方への接触が足りない。頑張らなくては!!








テーマ:
ディーサポートしんぼです。
あらためて、葬儀業界は24時間対応、実働する事で大変さが理解できます。

今回はエンバーミングをするに当たって短所、仕方のないこととして①搬送時間と料金について書いてみます。

エンバーミングの処置時間は体格、保全期間、お体の状態などによって個人差がありますが、少なくとも目安として10日前後の保全であれば、大抵三時間程度とみていただいております。あくまでも処置なので、適切に終えるにも仕上がり時間のずれについては理解いただいております。逆に早く済む事例もありますが、薬の浸透を機械的に確認しないので、できる限り丁寧な確認時間はいただいてます。後日にも具合は確認しています。

本来は、処置後の体内で起こる脱水反応への対処も更に時間をかけて行う事で、より良い防腐効果は得られますが、上記期間であれば問題ない範囲と判断して行っております。

ただ、エンバーミングは湯灌と違って専用の場所で行うことになります。ここがなかなか普及に進まない一つと見ています。これまでの臨終から葬祭に関する期間のタイムテーブルが変わり葬儀社から、上手く進めにくいとも言われます。

移動の理由は血管を通じての感染や腐敗の抑制処置を行うことと使用薬品の成分、衛生空間の維持にて適切な換気装置が必要になる事が主となる理由です。

例えば、エンバーミング施設へ片道一時間かかるとなれば処置を含めて約5時間から六時間は見ていただくことになります。
二、三日の火葬予定でもエンバーミングは是非していただく事は衛生面、状態変化のない安心面からドライアイスよりリスクは少なく、いいとは思いますが、火葬までの時間が決まっていて逆算すると、この5,6時間は一緒にいられる時間を減るようになり、本来ならエンバーミングをする場合、行ってから家族の意向で火葬までの時間を決めていただくのがいいのではないかと思っております。

搬送には、搬送業者を使いますと別途距離によって負担がかかります。

施設を構えているセンターでは料金体制は様々と伺ってます。各社確認いただくのがいいのではと思います。

弊社は移動車両を使う場合、比較的には安くなるようになります。しかし、車両の特徴から場所の範囲が限られてきます。

処置料金もドライアイス、湯灌と比較され、割高感はありますが、同じ故人様へのケアではあっても、別の付加価値があり、また葬送の総料金でみてみると、充分なものだと個人的には思っています。

また、生前相談でも積極的に紹介する葬儀社様はまだ少なく、私も普及にはもっと宣伝や営業が必要です。



iPhoneからの投稿

テーマ:

こんばんは

ディーサポート しんぼです。


2月になりました。 地元の新潟がニュースで確認できます。

新潟市はほとんど雪も積もらないところなのですが、今日のニュースでは吹雪いておりました。

十日町市は雪の壁・・・

地元の皆さま、お体だけはお気を付けくださいね。早く寒波も納まることを願ってます。


さて、話はかわりますが、今回はエンバーミングを行う上でのデメリットを考えてみたいと思います。

ただ、これは客観的に見て短所と考えることができるのかもしれないという意味合いで考えてみました。

適切な解釈をいただけるように書いてみますが、まずは大まかには以下のことがあげれるでしょう。


①搬送時間、料金を考える必要があること

②金額面

③処置時間

④切開、縫合が必要となること。

⑤万能ではないということ

⑥宣伝の希薄


次回は①をお話ししていきます。






テーマ:

こんばんは

ディーサポート しんぼです。

寒い日が続くと思ったら、この1週間が正念場!らしいですね。

インフルエンザも流行っている様子で注意が必要です。

最近不摂生な私が言うのも失礼ですが、皆様お気を付けくださいませ。


そんな私でも、うがい、手洗いは結構気にかけております。


さて、エンバーミングに興味をもたれた方には、エンバーミングの「効果」をまずお話しすることになりますが、長所、短所もお伝えしております。


お体を預かっての処置ですのできちんと説明すべきことと思っております。


そこで、今日は長所ということで・・・記載します。


①処置後はドライアイスが不要となります!


お体の腐敗を抑制、衛生面の不安が取り除けます。

そして、凍結しての保全ではないので、しばらくの間、馴染みの布団でお休みでき、家族と同じ空間で過ごせます。お体も触れることが可能です。

お気に入りの衣装を着て、装いからその人らしさを更に引き立たせます。

お気に入りの衣装を着せても、ドライアイスであれば、おなか、胸に当てられることで、納棺時には結局隠されて、見ていただけなくなります。

またドライアイスをお顔の横に当てなくなり、お顔周囲の綿飾りも不要にできます。


エンバーミングを施した後でも、この「触れる」ということはなかなかアピールが薄く、アフターの訪問にてご家族から「触っていいの?ああ、いいんだ。」というときもあります。


是非、ドライアイスが不要、氷漬けではないという利点を触れることで感じていただき、偲んでいただきたいと思います。



②長期保全によって家族の都合でお別れの時間、火葬の日程が確認できる!

故人様の状態が維持できることから、まずは葬儀が「慌ただしくなる」ことが無くなります。


事前に万一の覚悟ができていても、家族の中で、死別による心的不安、心労がでてきてしまうこともあるでしょう。

その中で急いで葬儀を考えることもないという選択肢も知っていただきたいと思います。


まずは身体をゆっくりしていただき、お仕事や出張、家族、親族の都合、葬儀の準備を家族皆さんで考えてもらうのもいかがでしょうか。


葬儀は早く済ませたいというお気持ちには、

・いろんな事情、心情で本当に早く済ませたい。という場合と、

・葬儀というものが大変なイメージがあり、実際が見えていないことへの不安→衝動になる場合

と認識しております。


確かに葬儀は大変です。しかし、大変なものだから、高額なものだから、慌ただしいもの、よくわからなかったものにできるだけして欲しくはないと思います。


また、葬儀社を決めていなかった場合には金額、説明内容などで納得できた葬儀社を決めていただくための時間を確保する選択肢としてもエンバーミングは有効です。



③お顔色が良い状態で維持できます!

腐敗抑制だけでなく、お顔色が暗くなっていくことも抑えます。しかも、全身へ伝わる保全液には染料を入れているので、内部から血色のいい状態にし、化粧もより映えます。


ドライアイス、保冷庫の保全では徐々にお顔も暗くなっていきます。病気や死後経過によっては状態の悪化が顕著に発生する事例もありますので、事前にエンバーミングをして、内部まできれいにすることで状態の安定化をおすすめしたいと思います。ご家族も安心できると思います。

特に小さいお子さんのためにもいいと思います。

自然なお顔色で普通に寝ているようでしたら、怖がることも軽減できます。


④内部のにおいも除去します!


・・・主だったメリットでした。


しんぼけんじ



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。