美堂 瞬のブログ

瞬の主に写メなブログ


テーマ:
入店初日から怒られた事
⚪︎年下の先輩にタメ口
⚪︎ダッシュバックの途中にコンビニでおにぎり買う
まぁここらへんはルーズだったなぁ未経験でも分かるんじゃないかなと思います、若かったんですね笑

次の項目、未経験なら分からないかも?なその時驚いた事。
No.1のヘルプに着きその席で。
「ホストクラブってもっと広くて豪華だと思ってたんですがけっこう普通のバーみたいですね」
悪気はなく普通に感想を述べたつもりでしたがNo.1のお客様激怒。
「なんであんたみたいな入ったばっかの新入りに店ショボいみたいな事言われなきゃなんないの⁉︎R(当時その店の不動のNo.1)はキタでもミナミでも有名で私がプライド持って指名してるんだよ!!!!」

え、そんなつもりは…まぁでもそりゃそうなのかな。
動揺したまま、すいませんでした💦しか言えず
その凍った空気から何喋っても無言で30分程マンツーでヘルプ。
この時間が人生で1番ツラいヘルプだったかな。
No.1が戻ってきて怒られるかと思ったら宥めてもらってなんとか怒りも鎮まり、軽い注意で終わりました。

今なら分かるけどあの時は本当に分からなくて、本当に怖かった。



さて本題。
初回の音大先生(以下アベマリア)に頂いた電話番号の紙に電話すると、ミナミの店すぐ近く周防町のビジネスホテルに泊まってるとの事。
まぁとりあえず会ってお話ししてチップもらうとかもあるかな?最後までなら大金のやり取りになるのだろうか?
こうゆう事は日常茶飯事なのか?
いろんな疑問を抱きやると決めたからにはこの仕事しっかりやらないと、向かなかったら3ヶ月で辞めようと思いホテルへ足を向かわせる。

ホテルに着き先程と同じスーツ姿でアベマリアが迎えた。
良かった、しっかり服を着てるしそうゆうつもりで呼んだ訳ではなさそうだ。

部屋にあるお酒気にせずに飲んでいいよ、一緒に飲も!
当時自分は生ビール2杯ぐらいしか飲めなかったのでキツい〜と思いながらチビチビ飲む。
30分程お話をして眠いしどこで切り上げればいいのか、そもそも帰っていいのか、迷っているとベッドに横になりパンツが見える体制で「来て」と。
あぁやっぱりそうなるか、そうですよねそうゆう業界ですよね、大変な仕事なんだなぁ…
あのクロムハーツいっぱいつけてるNo.1もこうゆう事たくさんしてきたんだな、俺も頑張らないと!
あれ?でもこれいくら貰うみたいな交渉しなくていいのかな。
そもそも相場ってどんなもんだろう、聞きにくいけどここはハッキリしとかないと。
勇気を出して「いくらくれんの?」精一杯ホストらしく色っぽく聞いてみた。
「あるだけあげるわ」

…⁉︎
大人の、音大の先生のあるだけってどんだけー!
100万ぐらい貰えるのか?
大人だし男買う訳だしさすがにそれなりに金額動く事だよな…
最低でも10万はある、下手したら100万も夢じゃない。
よーしやってやろうじゃないか。

まずはキスから、ディープに絡めてきますね、うん。
そしてまぁ定番の手順をこなそうと…
するとなんと
自らストッキングを破り始めるアベマリア。
おいおいおい勿体無いよ、いやそれ以前になんてアグレッシブなんだアベマリア。
まぁ後は想像に任せるとして最後まで終わり、少しお話をして、頭の中はいくら貰えるのか気になって仕方がない。
バトルボーナス何回分かなラオウ昇天からの何回ループだ…等想像を巡らせていると。

「そこに封筒置いてあるから、持って行って」
おぉ、なんかドラマかなんかで見た事があるような大人なやりとり、さすがアベマリア。
??
思ったより薄い…これは10万かな?
まぁ新人だしそれが相場なのか、仕方ない。
「ありがとう、また連絡するね」
私もありがとう、大阪来る時はまた来るわね」
そんなやりとりを交わしカバンと封筒を持ち部屋を出た。
目の前では確認できなかったがここはもうエレベーター前、本人もいないし確認しても失礼ではないだろう。


カサッ…
目を疑った。
1,2,3,4,5,6,7,8,9…
9枚。

1枚足りない。

いやそんな問題じゃねぇ







全部千円札じゃねぇか。
9000円?
おいおいおい…チーン(エレベーター閉まる)

その後どうやって帰ったか覚えてないが多分普段タクシー乗らない生活なのにタクシーで乗って帰った気がする笑

もうホストって仕事やらんかなー、と思いながら次の日もスーツを着て出勤。
開店準備を終えキャッチに。
キャッチに出て皆と話してる中でアベマリア事件の話になり全て話した。


すると…
全員爆笑。
???
なんで笑っているのか。
誰も初回で来た人とホテルなんていかないよ、いくらくれんの?とかそんなセリフ言った事ない。
しかも9000円ってw

しばらく9000円と呼ばれるようになりました笑
どうやら噂に聞いてた枕ってやつはそうそう簡単に出すジャブではなく究極奥義らしい。
全然日常茶飯事ではないらしい。
そしてそれの対価として現金を貰うものではないらしい。

恥かいたー。
それからとゆうものストッキングがトラウマになりました。
アベマリアの由来はまた別の記事で。


とにもかくにも自分が失敗しただけで失望するような業界ではなかったみたいなので、気合いを入れてキャッチに。
番号交換や初回だけ、ならなんとかできたが本指名とゆうものをもらえないまま1週間が過ぎ店休日が来た。

このままじゃダメだな、何より悔しいし。
幸い大学は長い春休みなので地元の友達と阪神尼崎駅で車でナンパに繰り出す事に、友達はナンパ、自分はキャッチが目的。
休みの日も返上しないとずっとボウズのままでは恥ずかしい(関西ではお客さんを呼べない状態をボウズと呼ぶ=お茶)

その時は詳しく知らなかったが地元阪神尼崎駅周辺にはかんなみ新地なるソープ的なものがあるようだ。
ホストを始めて最初の店休、これからエースとなるNと出会う事になる。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

美堂 瞬さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。