こんばんは!
福井県鯖江市の山奥Select Shop “D„Riverより
世界に発信(`・ω・´)ゞ〓〓〓★


山奥の陽気なスタイリスト、

日帰りの東京出張の帰りに

脳内BGMがケツメイシの「東京」、Hayatoがお送りします!

 

名前を呼ぶ君の声が今も胸に残る。。

東京の街に住んで大人になってたって

今も君を思い出す。。

 

 

 

 

※日帰りです。

 

 

本日のブログは東京展示会東海道中膝栗毛

徒然なるままに書いていきます。

 

 

 

のちのち長くなる(筆者長話による)のでブランド紹介と写真を

さくっと一部公開します。

 

 

 

明日明後日に続編もupします。

 

 

 

では最初は、、

 

-ROARK-

“ROARK” は世界中を旅しながら、各地でユニークな物語を紡いでいる架空の人物。
彼はバーで喧嘩を繰り広げるような冒険家ですが、半年間メキシコでキャンプを楽しんだかと思うと、
今度はフランスで美女とボルドーワインを飲んでいる・・・。
そのようなアドベンチャー精神旺盛で魅力的な人物なのです。

 

今年、”ROARK”が旅したのはJAMAICA。

 

ウェルカムドリンクでいただいたのが

ジャマイカのビール、”Red Stripe”。

 

なんてハイカラな演出。。(笑)

 

ウエアは、、

 

肉体と精神両面の強靱さを試され、神秘的な自然や独特のテキスタイル技法、迫り来るモンスーンがインスピレーションとなり、バラエティーに富んだ一貫したストーリーを感じて頂けるコレクション。。

 

 

続いて

-BANKS-

.BANKS<バンクス>2014年、日本・オーストラリア・アメリカの3カ国の共同プロジェクトとして誕生した全く新しい今までにないブランドとして世界中での展開がスタート。

国内海外問わず有名セレクトショップでの取り扱いも始まっている。

 

インスタでもよく見るロゴTeeが印象的なブランド。。

 

 

そして

-TCSS-

オーストラリア・シドニーのパームビーチを拠点にするアーティストたちによる「THE CRITICAL SLIDE SOCIETY(ザ クリティカル スライド ソサエティ)」は、ボードショーツを中心に展開し、さまざまなアートワークも表現するブランド。アイテムはマリンとタウンの両方で楽しめるデザインが特徴で、とくに抜群のパロディセンスを誇るアーティストのドローイングを用いたTシャツが好評を博している。

ユニークなカットソーやセットアップが良き良きでした。

 

次は

-Afends-

70年代オーストラリアのヒッピーカルチャーの聖地として有名なバイロンベイにて、その第二世代として生まれ育ったDeclan Wise(デクラン・ワイズ)、Jono Salfield(ジョノ・サーフィールド)を中心に2006年に設立されたオルタネートファッション&ライフスタイルブランド。 Punk-Rock をルーツとしたバイロンベイのモダンデイカルチャーとフリーリビングアティテュードをテーマに、自宅のバックヤードにてハンドスクリーンプリンティングを施したオリジナルアートTシャツの販売からスタートした後、またたくまにオーストラリアで成功をおさめ、現在世界15カ国に広がるブランドへと成長。 "Question Everything" (全てのことに疑問を持つこと)を信条とし、そのあくなき探究心と創造性により、アート、ミュージック、サーフ、ストリートと共にある彼らの日常のライフスタイルをテキスタイルに落とし込み、"Afends way of life" としてバイロンベイより提案している。

 

特筆すべきはデニムのクオリティー。

スキニーは形もキレイで何よりお買い得!

バギー、ストレート、チノなど幅広く展開予定。。

 

 

 

 

 

さいごは

-biography-

当店でも天井知らずの人気、リピーターの多い

バイオグラフィー。

着心地はディーリバーサーフィン部で

サーフィン歴最長のHIDEさんもお墨付き。

 

 

 

 

 

隙あらばうつりこむダンディーな方は

バイオグラフィーデザイナーの上田さん。

 

 

 

 

 

 

よくよく見ると長年ファッションを見つめてきたかなりの目ヂカラ。。

 

載せきれなかった写真は店頭で公開してますので

ぜひお立ち寄りの際はご覧ください。。

 

 

では続編でお会いしましょう。。!

 

 

さいごまでご閲覧ありがとうございます!

 

 

 

 

 

わたくしHayato、Instagramにて
一日一報、新着情報や山奥のリアルタイムな情報を発信しております!
 

 



なかなかお店に来れないなあ・・・ということであれば
ぜひ!ぜひ!!ぜひ!!!見ていただいて、いいね、そしてあわよくばフォローの方
よろしくお願いしますm(_ _)m
 

 


d_river_utti




山奥までご来店ありがとうございます!

みなさまと楽しい時間をShareしましょう。

2016年5月より木曜定休日となっておりますので

お間違えのないように。。

毎日20時までお待ちしてます。

■□■□■□■□■□■□■□■□
“D„River 
〒916-1237 
福井県鯖江市北中町24-20 (blog TOP Google MAPをご覧下さい)
TEL/FAX:0778-42-7378
ディーリバー営業時間 11時~20時
木曜日定休日
カフェ営業時間 11時~20時
木曜日定休日
MAIL:info@d-river.co.jp 
WEB:http://www.d-river.co.jp 
■□■□■□■□■□■□■□■

AD