d-iZeオフィシャルブログ「MAME-BLO」Powered by Ameba

d-iZeオフィシャルブログ「MAME-BLO」Powered by Ameba

 
■■■NEW RELEASE■■■

d-iZe NEW album『IN A BEDROOM』
2016.2.24 RELEASE

IN A BEDROOM/Instant Pop Music

¥3,000
Amazon.co.jp
※全国CDショップ、ネットストアで購入可能

■■■NEXT LIVE■■■

【d-iZe LIVE @ Jakarta】

April 23rd, 2016
@FREEWARE SPACES, Jakarta

http://freewarespaces.com/
information here↓
http://konsaato.com/

■■■■■■■■■■■■

d-iZe 2nd mini album『i2D』
i2D/INSTANT POP MUSIC

¥1,599
Amazon.co.jp
d-iZe 1st full album『i-D』


¥2,500
Amazon.co.jp


Amazonにて発売中


→ d-iZe youtube CHANNEL はこちら!


→ twitter / dize1104 フォローplease!!





テーマ:
Twitterで色々書きました。

活動再開から一年半。

その間にも何度も何度も、Goosehouseのことを書く事が

ファンの皆さんにとっては、不快にさせてしまうかもしれない、という気持ちもあります。

もしそうなら、本当にごめんなさい。



けれど、語弊を恐れずに言います。言いたいんです。



僕は、今、d-iZeを応援してくれているファンが何よりも大事です。

もちろんGoose houseをきっかけにして知ってくれた人もいると思う。

そうじゃなくてd-iZeソロが好きな人もいるかもしれない。

けど今、こうして僕が歌っている事を応援してくれている人は、全て大事です。




だからこそ、申し訳ないけど、全部の人には全力では応えられません。

『今の』d-iZeファンには僕が応えるしかないから。

感謝はある。ここまで育ててくれたあの頃のGooseファンの皆さんにも。

色んなきっかけや思いをもって僕を知ってくれている人たちにも。




けど、そのGooseを僕は離れました。

色んな人を傷つけたり戸惑わせたりもしたとおもう。

自分を正当化しません。

僕が振り回して、迷惑いっぱいかけたことは本当に申し訳ないと思います。





だからこそ、言わなきゃいけないと思いました。

嫌いにもなれずに、ずっとGooseの頃の僕をおいつづけている人たちに。

忘れも出来ずに、すっきりしないままGooseと一緒に歌う日を待つ人たちに。




こういう風に思ってくれる人がいる事。

切り刻まれるほど痛くて申し訳なくて、

同時に身に余るほど嬉しいことです。




だから、あえて言います。

みなさんに償う事とか納得してもらうことのために、今の自分の時間を使うことはないです。

それが一番大事なら、僕はGooseをどんなことがあってもやめなかったと思います。




僕には、今もあの時も、僕の譲れないものがあります。

『全力でいること』です。

僕は、自分が全力でいられる環境を求めていました。

音楽を作る事でも、楽しむ事でも。



けれど、あの時のGooseにとって、

僕の全力は方向性がずれていたんだとおもいます。

僕が必死になればなるほど、みんなは楽しくなくなる。

みんなの楽しさに合わせたものを作るには、僕は持て余してしまっていた。



能力がどうこうではなく、ものをつくる、っていうことに対して

僕は”自分の全力”をとにかく出したかったんです。

若かったし、プレッシャーもあった。

けれど、チームでやっていくには、”みんなの全力”が必要です。

時にはそのために誰かがスピードを合わせたり、待ったりすることも必要だった。

でも、頭で分かっていても、

それが出来なくてイライラしたり、不安定になったりしました。



2013年のHOYの次の日から一ヶ月間、僕は原因不明の身体の症状で強制入院することになりました。

ストレス、とかそんな風には言いたくないし、結果よくわからない症状で

今もあれが何だったのかよくわかっていません。

(それまでもそのあとも、本当に健康体です。ご飯がおいしい毎日です。御心配なく。)



けど、入院なんかした事なかったぼくが、

そのときはじめて思えた事。

「もう無理だ」ってことでした。

それまでどんなに悩んでも出せなかった答えを、ようやく出せました。



楽しく歌いたいし、楽しく歌ってほしい。

それがGooseだから。

なのに、自分が全力を出せば出すほど、楽しさを奪っていく。

だからって、僕は僕をおさえられない。

それは、きっともう、そういうタイミングだったんだなと、今は思います。



不器用すぎて、なのに自分のこと器用だって過剰評価しすぎてて、

ものすごく振り回さないとこんなことも決められなかったのが、僕なんです。

兄さん、なんて言われていたけど、

本当の僕はメンバーの誰よりもわがままで目立ちたがりだから。



何より大事なもの。僕なりのプライド。

ファンの皆さんが悲しむ、ってもちろん思ったけど

それでも、最後は僕は、僕である事を選んだんです。



Gooseメンバーも色んな事で腹が立ったと思うし、

最後は誰も何もいってはくれませんでした。

自業自得だと思うし、同時に僕は僕で腹も立ちました。

でも、それまで僕がやってきたことが真剣で全力だった事は伝わっていたと思うから、

だから結局は、みんなもすこしは認めてくれていたのかなと、今はそう信じています。

僕も、彼らがGooseを大事だと思う気持ちの強さに、だからこそ僕とぶつかっていた事に

今は気付けたから

全然前とは違う気持ちで、Gooseっていうものに向き合えています。




これがあの頃あったこと。

正直、あの前後半年くらいは記憶とか順序がうろ覚えだし

見る側が違えばきっとまた"真実"は変わるものだとおもうので、

僕が書けるのはこのくらいです。

(今は、ずっと前の楽しかった事だけ思い出してしまうくらい都合のいい脳みそですが。)




すべてを説明することが、責任なのか。

それとも、好きだったファンの皆さんを失望させないことが、責任なのか。




迷う中で、僕もメンバーも逃げるような事ばかり言っていたと思う。

ごめんなさい。彼らにも、やめたあとも酷な事を強いたと思います。

申し訳ないです。



けど、そんなんだからきっと

ファンのみんなが終わりをちゃんと迎えられてない事態を生むのかなって。

もう二年も経って、

僕がいなくなってからのGooseのファンの方が多くなっている時期にもかかわらず

過去のリーダーが蒸し返すようだ、とお怒りになる方もいるかもしれない。



だけど少なからず、あの頃から、思いのやりどころを失ってしまっている人たちがいて、

それなのに、僕の事もGooseのことも好きでいてくれる。



そういう人に、僕は真剣に向き合わないといけないと、あらためて思った次第です。



僕は、今目の前にいる人すべてに全力で向かいたい。おこがましくも。

けど、それは目の前にいる人すべてにとっての良い方向ではないかもしれません。



今、前にあるものを、再び投げ出す事なく全力でカタチにしたいです。

そのためには、今の僕は、過去を振り返ったり、償ったり

昔の失敗を整理したり、決着をつけたりすることには、

チカラをいれることはできないくらいいっぱいいっぱいです。



どうでもいい、なんて思っていない。

でも、誰からも良く思われたい、なんてことも思ってません。

そういう意味では、強く、ずるく、したたかになりました。

開き直りと思われても仕方ないでしょう。




僕は、元Gooseのリーダーとしての最低限の責任は今もあると勝手に思っています。

今のGooseに迷惑をかけたくないし、彼らが築いてきたものを傷つけたくない。

だからそれに恥じない歌を、作品を出して活動していくこと。



でも、逆に言えば、今の僕に出来る事はそれしかないのです。

いつか一緒に歌う姿を見たい、と思ってくれる事は嬉しいけれど。





待っていて、なんて言えません。本当は、約束なんかできないから。



今の僕にとって、

またGooseと一緒に歌う事っていうのは、

個人的にはすごく思い入れのあることではあるけど、

d-iZeというプロジェクトから言えば、

はっきり言って、今のチームメンバーを動かしてまで

達成すべきものの中には入っていません。

それはきっと、僕以上に、今のGooseにとってはいっそうのことでしょう。

彼らが本当に僕と一緒にやるべきタイミングなら、そういってくると思うけれど、

でも、彼らは彼らで、こんなところでとどまっているタイミングではないはずです。

正直、最近のGooseは、もっといけるはずなのに、って僕でも思うくらいだし

多分、メンバーは相当必死になっているとおもう。いや、そうであってほしい。



だから、今は僕らおたがいにとって、

あまり意味のある事ではない、ということです。

将来あるかもしれないし、ないかもしれない、ということです。



けれど、それはファンのみんなにとっては違う。

色んな時の、色んな思いのファンがいて、

その人たちがどう思うか、何を好きかは自由なんです。

僕が彼らと一緒に歌う事の意味を、多分僕以上に感じていて

すっきりしないって思っている人もいるし、

楽しみにしてくれている気持ちも、イタイくらい伝わってくる。

逆に、今更僕にこられてもって言う人も当然いるはずだし、

d-iZeがいないGooseがいいって思う人がいるのもわかります。

どう思ってもよくて、ファンは自由だし、そうあってほしいです。




だから、戻ってほしいって言わないでください、と僕は言わないし、

またいつかみんなと歌う姿がみたい、っていうファンを否定したりもしません。




それが出来ない今。僕に出来る事。




ただ、真剣に向き合います。

納得しないなら、納得しないと言ってください。

期待しててねーと、簡単にも返しません。



今の僕も、Goose houseも

どっちもあまりにもまだまだ目指す場所から遠すぎるとおもう。



僕は、今のチームのみんなと、ファンのみなさんと約束してます。

もっとでかい場所にみんなを連れていかないと行けない。

最低ZEPPツアーと、チームのみんなに言ったら

目標が小さいと怒られました。恐れ多くも、嬉しかった。




Gooseのファンのみなさんも、きっと

まだまだこんなもんじゃないだろ、Goose!って思っているんじゃないかな?

それとももう満足ですか?いや、そんなはずはない!




どちらにしても、言葉ではないものを皆さんは求めていると思います。

僕も、Twitterやブログじゃなく、

音楽で伝えないと意味がないと思ってしまうから、

ついいつも言葉にする事を怠ってしまいますが。






やめるまでの過程も、今日までの道のりも『後悔』はたくさんありますが

けど、正直、『反省』はしていません。

僕は、あの時Gooseを抜けた事も、今こうして好き勝手やってることも、

結局、全部そうあるべきだったと思っているし、

納得してもらえなかったとしても、突き通すべき道だと信じています。




今の僕の音楽。

僕は、他の誰でもない自分のためにやっています。

そしてきっとGoose houseの時も、心の底ではそうだったのかもしれません。

僕は、自分の中にある”なにか”を、音楽として外に出すことに、すべてを賭していたいんです。

もちろん、ステージにたつときは、伝わるように、って思って歌います。

でも、作るとき、部屋でずっと一人でこもりながら、スタジオで色んな人とバトりながら、

僕は自分の中にあるものを研ぎすましていくその行為自体を、とても尊く思っています。

そこには、誰かにうけたいとか喜ばれたいっていう意識はなくて。




僕のその、研ぎすましてカタチにした何かは、他の誰かにとっても価値があるのかどうか。

純粋に、その部分で勝負してみたいと思っています。

31歳。全うな成功を望むのであれば、

Gooseにいた方が利口だったのかもしれません。

けれど、僕にとってもGooseにとってもそのカタチはあり得なかった。

結果的に僕は、それが今の僕の道を切り開くきっかけになったと思っているし、

だから今はここで、僕は自分の中に輝く何かが本当にあるのか、

勝負したいとおもっています。

単純に売れる、とかそういうことだけじゃないとおもうけど、

それも大事な指標のひとつなんだとすれば、そこにも真っ当に向き合いたい。

(そういう意味では遠過ぎる道のりかもしれないけど。)

ここで、今のチームで、今とこれからのファンのみんなと、

目に見える結果も、目に見えない感動も、全部手に入れたい。

欲張る僕は、なりふり構っていられません。

見ていてほしい、とは言えないかもしれない。

けど、それしかできないんです。




最後に、今更だけど。

二年前の卒業の前後、2014年のHOY、

すべて僕のわがままと至らなさで

たくさんの人にご迷惑やご心配をおかけし、失望させてしまったこと

深くお詫びします。申し訳ありません。

そしてなにより、

今、Gooseとの再演を望む人たちの期待に、応えられそうもない事、

申し訳なく思います。ごめんなさい。



無理して納得しなくていいです。

なんでもぶつけてください。

それも含めて、それもエネルギーにかえて、

それでも僕はなりふり構わず進みます。


朝になっちゃったけど、久々にブログを書けてよかったです。

最近、作業におわれて、皆さんに向き合うのを怠けていたのかな。

ごめんね。

もっともっと皆さんに向き合わないと!と心を引き締めて。

今日は月曜日。また一週間始まります。

自分を突き通すことの苦しさと充実感とを同時に抱えて、

今週も、これからも、とまることなく進む事を宣言して、

ブログを締めたいと思います。


So What? Be POP!!

だからなんだ?POPであれ。




d-iZe
いいね!した人  |  コメント(39)  |  リブログ(3)
d-iZeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
ずっとずっと計画していた夏のイベント情報、
第一弾をついに解禁致します!!

※第二弾、もう一個のイベントについても詳細が固まり次第みんなにお知らせします!!

############################################################

d-iZe出身地でもある、青森県弘前市での嬉しい企画が実現します。

『d-iZe × Hirosaki Nakasan 』

地元弘前老舗の百貨店、弘前中三120周年を記念し、
アーティストd-iZeと弘前中三がコラボレーション!

書きおろし楽曲を限定リリース&イベントも開催します!
さらにはd-iZeグッズPOP UP STOREも開設!

■書き下ろし楽曲制作&1000枚限定CD販売!

中三120周年を記念し、この度新たに楽曲を制作。
2016年7月31日(日)に書きおろし楽曲入りCDを
枚数限定でリリース!!

■弘前中三でのリリース記念イベント開催!

7月31日(日)にリリース&レコ発イベントを開催。
初披露となる書き下ろし楽曲披露はもちろん
弘前の夏をd-iZeが熱く盛り上げます!

■INSTANT POP FACTORYグッズのPOP UP STOREが開設!

書き下ろし楽曲に先駆けて、
7月3日(日)からはd-iZeデザインのグッズが並ぶ
POP UP STORが弘前中三にOPEN!
店舗デザインはもちろんd-iZe自身が担当します。
今までライブでしか手に入らなかったグッズが店頭に。
さらには弘前中三限定アイテムも登場予定!

※問い合わせ先
弘前中三 0172-34-3131 


#############################################################

なんていう素晴らしいコラボ企画!

めっちゃ楽しみすぎてやばいです!


そして!!

もう一個の青森でのイベントは、
7月30日(土)
になるでしょう!という予定!


つまり、


7月30日&31日は

夏の青森d-iZe祭り、決定です!!!



みんな、弘前にカモンですよ。絶対楽しめますから!



カリフォルニアで、楽しいこと一杯考えておこう!
帰国したら忙しい日々になるぞ!!




へばのー
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(1)
d-iZeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
ただいま、シアトルに向かう空の上でこの文章を書いています。




全国ツアーが終わってから、
(ツアー中も飛び回っていたんだけど)

地元青森→箱根→ジャカルタ→伊豆→アメリカ西海岸

と、とても旅づいています!!
ここからまる3週間、日本を離れての一人旅になるのですが、
たくさん書く事が出来るであろうその前に、
とても思い出深いこれまでの旅たちについて少しまとめたいと思います。


今日はその第一弾!!
また数日中に続き書きます!!


■地元青森(4/8-13)


この夏、7月末に行われる(であろう笑)イベントたちの打ち合せと、
ラジオ出演を兼ねて、久しぶりに一週間ほど地元にもどりました。










実家にも久しぶりに泊まったのですが
帰っていない間に築40年の我が家は建て直されていて
とても快適になっていました。

昨年秋のIN A BEDROOMライブや、アルバムジャケットで使用した
ベッドや棚、撮影小道具等を早速僕にあてがわれた部屋に設置したので
さながらIN A BEDROOMの実家verが完成(笑)

甥っ子にもあえて、おいしいものも食べて、しっかり癒されました。

仕事の話も、色んなありがたいつながりが出来て来て
地元に、少しずつでも役立てたらなぁとずっと思っていたものが
実現できる下準備が着々と進んでいます!わくわくする!

※今月中にもろもろの青森関連のイベント、お知らせできると思うのでしばしお待ちを。。。

わくわくしすぎて、おそろしくハイテンションなツイキャスも放送しちゃいましたが笑

そこは地元愛が成せる技ということで、ご愛嬌!!笑



■箱根一泊旅行(4/18-19)



大親友との正月ぶりの再会は、
やっぱりこいつだな、って思う感じの
無言でいても苦痛のない最高なリラックス感。

なのに、ふと、真剣におたがいの将来の事とか話して、
おそろしく考え方とか向き合い方が違うので、
だからこその、はっとさせられる部分も合ったり。

良い意味で、こいつには負けたくない、って気持ち、
僕にはあるし、向こうにもある気がする。

本当の友達、とか定義づけるのも意味はないし、
いろんなカタチがそれぞれにあるだろうけど、
僕にとっては、今、こういう仕事で大事なときに
こういう友達に恵まれている事は、ものすごくでかいパワーになる。

年に何回も会えないけど(遠いからね、住んでるところ)
会うときはだいたい泊まりがけの旅行、という
不思議な感じで笑
これからもいっぱい一緒に旅に出たいと思わせてくれる奴でした。


宿も、いつもよりちょっとだけ奮発して、
食事も、風呂も、すっごくいい感じの、オトナ旅でした。
写真とるの忘れてたから、記憶の中だけでもう一回反芻して
ご飯3杯くらい食べられるくらい、飯がうまかったです。


と、第一弾はここまで!!

長くなっちゃった。
続きは、明日か明後日か、、、くらいに笑

日本ではもう7日になっているようですが、
まだまだこちらシアトルは6日の午前中。

未来に生きる皆さんに、届きますように。
僕は、皆さんがしっかりと生きた昨日を、
この地でしっかり生きます!!!



へばのー&See you


d-iZe
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
d-iZeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
はい。報告。

ツイキャスやTwitterではお伝えしましたが

来月はほぼまるまる
アメリカにいってきます。
西海岸方面です。
思い付きです。


5・7にシアトルでライブがあります。
そのあとは、いつも通り一人旅です。


っていっても、おそらく曲作りしたりお仕事的なことはしなくて(笑)
かといって見たいところとかがあるわけでもないんだけど。


普通に生活してきたいと思っています。


散歩したり、
図書館いったり、
部屋からでなかったり、
自炊したり、
海辺で寝たり、そういうことを
「全力で」
してみたいです。


別に海外じゃなくてもいいでしょ、って。
そうですよね。そう思います。




行く場所を決めたのにはそんなに理由とかはなくて。
単にシアトルにライブで行くから、っていうきっかけがあったから
あ、じゃあ日程くっつければいいじゃん、ってだけなんだけど。



いつも旅に出るときのモチベーションなんてそんなもんです。
そして、ずっとそうであり続けたい自分がいます。



それは、やっぱり、旅じゃなきゃいけない必然性があると思うから。


僕にとってそれは、適度な「不便さ」なんじゃないかと思っていて。



言葉の不便さ、地理のわからない不便さ、
買い物でいちいち日本円に換算する不便さ、
支払いシステムとかチップの不便さ、
知り合いのいない不便さ。


あげたらきりがない、「微妙な」不便さ。



普段なら、


寝起きのまま、無意識でも渋谷のセンター街まで歩いて
TSUTAYAでCD借りて帰ってきて、
自炊してもしなくても
最悪家でピザとって食ってる、
なにも考えなくていいくらいの毎日。



染み付いてる習慣。飽きるような日常。



それは、
上京してから15年をかけて
ようやく勝ち取った自分なりの大いなる贅沢としての
「マンネリ」な日々。



ぼくは基本的にたまらなくこんな日々が好きで仕方がないんだけど


たまに、
それを贅沢だと感じ続けるために
今の好きなものを好きで居続けるために


違う場所で
いつもと同じように過ごそうとすればするほど感じる
不便さや違和感に惑わされたくなるんです。



安心すぎる生活で
ふにゃふにゃになってる
自分の生きていく「芯」みたいなものが


形状記憶の金属のように
お湯かけてすこしずつまっすぐピシッと
もとに戻るように


あらかじめ調べないとバスものれないような
いちいち街の看板にときめくような
そんな刺激が
旅にはいつも転がってるから。


だったら、
アメリカより、もっと「不便」なとこもあるだろって。


それもわかってます。


もっと違和感感じる場所が
世界にはいっぱいあるかもしれない。んだけど。


あまりに自分の日常から離れすぎるような生活だと
今度はそこでの「日常」を知ったり、感じたりするまでに
まずめちゃくちゃ時間がかかっちゃう。


それはそれで刺激的だとわかっていても。


今の僕はもう少し小さな「気づき」を探してるんだと思います。


何軒かとなりの家で生活するくらいの
ちょっとの違和感のフィルターで、
自分の音楽や生きるってこととか
そういうことを見てみたいんだとおもう。



そもそもが、そんなに大袈裟なテーマをもって
まだ人生をいきられていないんだろうな。



スローペースだし、わがままだし、
子供っぽいかもしれない行動だけれど、



今の自分が少しだけとどかないくらいの壁を
いつも目の前にして
飛ぼうとしていたいんだろうな。



まだ、なにも決めていなくて
飛行機のチケットを確保しただけの今が
いつも一番ワクワクする。


きっとついてしまえば
持ち前の無駄な几帳面さとそつのなさで
それなりに安全で楽しい旅をしてしまうと思うけれど(笑)


帰りの飛行場では
いつももう日本食が食べたくて仕方なくて
はやく自分ちにかえりたくてしょうがなくなるけれど(笑)


帰ってくる場所があるから
いってこれるんですね。



僕の日常はきちんと東京にあるから
ちょっとだけ。一ヶ月だけ。


待っててください。
帰ってきたらすげーの作るんで。


絶対仕事の面で迷惑被るはずの
チームのみんなも
「行ってこい」って言ってくれました。


できる限り
TwitterやInstagramや
ツイキャスで
皆さんとも繋がりたいと思っています。


すごく頻繁かどうかは、
そのときになってみないとわからないけどね(笑)


というわけで。


もうすぐ始まる旅に向け
最速で今抱えているお仕事たちを
かたそうと思います(笑)


頑張るぞー


へばの。
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
d-iZeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

テーマ:
じゃ、るーたー。


に来ております。

今日は朝からスタジオリハして、

プロモーター(呼んでくれた人)に軽く市街をガイドしてもらい、

ただいまあしたの準備中の現場につれてきてもらっております。



すっごいよ。

僕のために一からセットを組んでくれております。

そんなにしてくれるなんて聞いてなかったから、

会場つくなり、

え、え、えええええええ!

ってなってます。


呼んでくれたプロモーターのかたをはじめ

ジャカルタのファン達からのメッセージもそうだし

暑い国で、熱いハートは育ってますね。










ただいま休憩中の美術スタッフの皆さん。




いっぱい写真とるので

是非楽しみにしていてね!


明日はライブ前から現地メディアの取材が入っているそうなので

英語のカンニングペーパーを夜なべして作らないとw

聞かれそうな質問を予想して、

その答えをある程度英語で組み立てておきます。



コミュニケーションの会話よりも、

自分のアイデアやマインド、作品を説明するための言葉となると、

やはり簡単なワードへの置き換えが難しいし

微妙なニュアンスを英語で表すには

格好悪くてもカンペ必須かと。

言いやすいフレーズに逃げちゃって本意が伝わらなかったら嫌だしね。




活動の基盤はもちろん今後も日本だけど、

こういうチャンスは常に歓迎。

オープンな自分でいられるように。

ジャカルタで、ライブ前なのに

すでに感無量です。




明日ははじめましてのジャカルタのファンたちにも

絶対一緒に口ずさんでもらえるように

心込めて、伝えつつ、楽しんで来ようと思います。

って、もう日本では明日になってるんだね。




少しだけ、皆さんの後ろから、時間を追いかけて。

明日と今日の間から。



BIG LOVE!!!!!!!!






JKT48総選挙、みんながんばれ




へばの。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
d-iZeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み