ダイレクト自動車保険はインターネット等によって
保険へ加入する会社のことです。

今までの代理店型と違って中間コストをカットすることで
保険料が割安になっています。
事実、私も4社ほどで見積りしてみましたが、
代理店型の自動車保険会社よりどこの会社も保険料が安かった。

意外にも会社によって保険料が違うんです。
ダイレクト自動車保険ならどこも同じだと思ったら違ったのです。

ただし、私の場合初のダイレクト自動車保険なので
保険料だけで決めるのはやめました。
なんとなくですがイメージ良さそうなソニー損保にしたのです。

保険料的には他の会社のほうが安かったけど、
サービスが良さそうでした。
もしも故障したときも無料レッカーサービスがあるんだけど、
無料で運んでくれる距離がソニー損保の場合、長かったのです。

他の会社すべてと比べてませんが、
あるところより距離が長く設定されていました。


ダイレクト自動車保険だと何かと不便あるのかと思ってましたが、
実際ところは問題なさそうです。
事故受付も24時間365日体制となっていて、
いつでもフリーダイヤルへ電話可能です。

あと気になったことを調べてみたので紹介しておきます。
通常の自動車保険と違ってダイレクト自動車保険だと
もしものときに担当が現場に来てくれないのでは?と思いました。

なんとなくダイレクト自動車保険=人が少ないとい印象あったからです。

調べてみると確かに事故現場へは基本こないそうです。
しかし、他のところも同じように現場へくることはないそうです。

そもそも事故現場へきたところで
何もできることはないそうです。
それよりも事故受付してからのいろんな手配が重要だと気づきました。

そういった体制はダイレクト自動車保険会社でもきちんと準備されています。
そう考えると安心感という意味では同じだと感じました。

だったら安いほうがいいでしょ!!
そう思ったからダイレクト自動車保険にしたのです。

ダイレクト自動車保険


AD