D猫のRCダイアリー

猫目線で主にラジドリの小ネタや出来事を書いていきます。オリジナルパーツの販売も!


テーマ:



先日UPした
リトラ開閉動画にも映っていますが




今回の180ボディで新型のリトラ開閉バをテストしてました。


左が旧型でロッドの付いた右のが新型。

新型と言っても実はパンドラトレノ用リトラ開閉バーと同形状で長さがチョット違うだけ。



こちらが装着状態。
旧型は両端にボールエンドを付けていましたが
新型は両端の穴にリトラ側のピロボールを差し込むシンプルなタイプ。

開閉時のガタつきがチョット心配だったのですが
クラッシュ等でも特に狂うことも無く問題ないようなので


販売開始します!


ヨコモ180SX用
リトラヘッドライト(新型)開閉バー ¥200-(送料¥200)


送料込みの商品と同時注文なら送料無料です


ご希望の方はホームページからメールください。
D-CRAFTホームページ



旧型の開閉バーはヨコモ180ボディの標準ボディマウント穴位置
(ドリパケのボディマウントの広い方、マウント間が100mm)で使う前提で
他社製シャーシに多いマウント間が70mm幅の場合、
開閉バーとボディマウントが当たってリトラ開閉ができませんでした。

新型開閉バーは両端のボールエンドを排して
70mm幅のボディマウント位置でも開閉できるようになりました!
ボールエンドが無くなった分、若干軽量化も!?

これでドリパケ以外のシャーシでもリトラ開閉が可能に!

ただ70mm幅のマウント位置だとボンネットのバルジに
穴が係るのであまりおススメしませんが…





取り付け法ですが

○新型開閉バーの装着法はトレノリトラの取り付けと同じです。
トレノリトラ取り付け

○180リトラヘッドライトの取り付けはこちら。
180リトラ取り付け



ちょいと補足ですが

ボディにリトラベースを取り付けた後、開閉バーを組み立てます。


今回はロッドにホームセンターで購入した3×80mmの長ネジの頭をカットして使用しました。
サーボやロッドがシャーシ側と干渉しなければ短い物でもOKです。
ネジロッドがダンパーステーに干渉する場合は、画像のようにロッドを曲げて当たらないようにします。



新型開閉バーをリトラのピロボールに入れつつリトラを組み立てます。
組んでみてリトラを閉じた状態で開閉バーの左右のガタが大きいようなら
画像のようにピロボールの座面にスペーサーを入れてください。
リトラが開いた状態ではガタが大きくなりますが外れなければOKです。



サーボの位置決め、ストローク調整などして取り付け完了。
サーボはシューグーでガッチリ固定します。
シャーシに乗せて干渉しないかも確認してください。



それと開閉バーのロッドを曲げた場合、ロッドの角度(ねじ込み方向の)を変えると
リトラの左右の開き具合を調節できます。

逆にクラッシュ等でも狂いやすくなるのでご注意を。




ちなみに70mm幅マウントのシャーシでも


タミヤTA05 B部品のバンパーアッパープレートを


画像のように使用してマウント幅を100mmに変更すれば
旧型バーも使用可能です。
(ウレタンバンパー厚み分のポストも必要)
こちらならボディの純正マウント穴で使えるのでおススメです。



もっと早く出せば良かったのですが、私自身ずっと05部品でマウント位置広げて使っていてスッカリ忘れていました。
開閉バー買ったのに使えなかったという方もおられると思いますが

ホントにスイマセン!


新型バーなら大丈夫なので

今後もよろしくお願い致します~!





次回は磁石ボディマウントの予定。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

D猫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。