カプチーノ日記

自分で淹れたラテアートの記録。牛乳の泡立て方法。動画。全て家庭用器具を使用。
You can ask me questions in comment form. I will reply to your comments in English. HOOAH!!
Multilingual support by Google Translate.


テーマ:
去年末に格安で購入のボンマックBME-100。
今日はこのマシンのラテ初め。

細かい筋のレイヤーハートできた。

購入後からエスプレッソがうまく淹れられなかったのだが、
少しコツがわかった。
ポーレックス コーヒーミル
B0002JZCF2

豆のメッシュ(挽き目・細かさ)は手動ミル・ポーレックスの調整ツマミで3クリ(3回クリック音をさせた位置)。
2杯用のフィルターで豆14g。
金属タンパーで体重をかけて強めにタンピング(押し固める)。
30cc以上抽出できても30ccで終了。
抽出ボタンをOFFにしたらそれ以上滴をカップに落とさない。
「もったいない」と思ってはいけない。

これで牛乳の流れの邪魔になるような粒の大きい泡はできない。
ブツブツなエスプレッソよサヨウナラ( ゚д゚)ノシ


今回使った豆は楽天で年末に購入した。
格安でビックリ!
2キロで2000円。
自分で焙煎する生豆より安いってどういうことだ?!
味は普通。
豆は小さめ。
ラテの練習・研究にはピッタリだ!

★楽天・沢井珈琲の格安豆リンクはココ★

エスプレッソ用の電動ミルを持っていないので未だにポーレックスで挽いている。
このポーレックスで挽くのは力が必要でしんどいわけだが、便利な使い方を編み出した!
豆をフィルターに詰める時に

このように直接差しこんで入れれば豆がこぼれないではないか!
豆を少しでも無駄にしなくてもすむ。
これはすごいことに気付いたぞ!
★楽天ポーレックス・ミル検索一覧はココをクリック★

にほんブログ村 グルメブログ デザインカプチーノ・ラテアートへ
にほんブログ村
↑ランキングはクリックすると表示されます。クリックされますと、このブログに清き1票が入ります。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
今日は書き初め・ラテ初め。

秋から年末にかけて忙しさのあまりブログ更新もままならず。
正月は時間とれると思ったがそうでもないらしい。
アエロラッテ aerolatte ミルクフォーマー スタンド付セット サテン(艶消しシルバー)
B0074YDBEC

★楽天アエロラッテ検索一覧はココをクリック★

アエロラテで回り込みのあるラテアートをするには空気をなるべく入れないように、
ちょっと時間長めに攪拌すればよい。
注ぎは短時間で一気にフィニッシュまでもっていく。

にほんブログ村 グルメブログ デザインカプチーノ・ラテアートへ
にほんブログ村
↑ランキングはクリックすると表示されます。クリックされますと、このブログに清き1票が入ります。

↓ミルクフローサーを使ってラテアートする方法の詳細は、
EVERYBODY'S LATTE ART
http://cappuccio.nobody.jp/



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ボンマックの手動エスプレッソマシン「BME-100」に使うためのタンパーについて
有用な情報が投稿されましたので記事として残しておきます。

MOTTAの52mmタンパーはこのマシンでは使えないらしいです。
以下、ぼくさんの投稿の引用


>カップッチョさん
どきどきレポートです、が、残念なお知らせです。結論から言わせていただくと、やはりボンマックのフィルターに対しては大きすぎたようで、フィルターの穴の入り口部分の角が丸めてある部分にちょうど乗っかるような感じです。ぼくは百均定規での計測だったので、精度に問題があるだろうなと思い、少し小さく見積もったうえでのフィルター径52mmだったのですが、より小さかったようです。
と、ここまで残念な感じですが、一応奥の手を考えていたので、解決することができました(笑)。
実は工学系の学生なのですが、「大きかったら削ろう!!」と、実にシンプルかつ安直に考えてまして、この余裕(?)があったので、失敗してもリスクの低い値段なども後押しで、即買いでした。
というわけで、今朝、大学の加工工場で、旋盤という機械で切削を行い、無事すっぽりおさめることができました。
あまりこの方法は多くの方は無理かもしれませんが(ぼくの学校では学外の方は使用不可ですが、できるところもあるかもしれないです)、その時精度のよい器具で測定した(してもらった)ので、参考に載せておきます。マイクロメーターと呼ばれる器具を使用しています。

MOTTAの52mmタンパー(51.9mm):51.87mm
ボンマックのフィルター径:上部の入り口付近で、大きいところで51.65mm、小さいところで51.62mm

0.2mmくらいなので強引に押し込めばいけそうな気がしますが、無理でした。
ちなみにハンドル部分のねじ部はおそらくメートルねじと呼ばれる一般的な形のねじです、イタリア製なので、みょーちくりんなねじを使われていたら、加工するときにアウトでした。
やはりボンマックが悪いです(笑)、MOTTAさんは悪くないです、ちなみに、19日の午前中入金で、20日の午前中に届きました、バンコニスタさん、仕事早いです、おまけに粗品として、予備のハンドルまでついてきました、バンコニスタさんも悪くないです。KOUさんも安いサイト教えていただきありがとうございました。

にほんブログ村 グルメブログ デザインカプチーノ・ラテアートへ
にほんブログ村
↑ランキングはクリックすると表示されます。クリックされますと、このブログに清き1票が入ります。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇