小玉真義(司法書士講師)のブログ

司法書士試験の合格を目指す人のためのブログです。

過去問分析を中心に、試験に役に立つ情報を書いていきたいと思ってます。


テーマ:
にほんブログ村 資格ブログ 司法書士試験へ
にほんブログ村

こんばんは。小玉です。


本試験のための準備期間が、今日を含めて残り10日となりました。


ほとんどの受験生の方が、「やるべきこと」を決めて、頑張っている頃だと思います。


現時点で、「やるべきこと」に迷っている人は、迷わず「択一過去問を回す」ことに専念してほしいです。
特に、「民法」、「不動産登記法」、「供託法」、「民事保全法」、「民事訴訟法」、「司法書士法」については、必ずもう一周、過去問を回してから本試験に臨んで下さい。

なぜかというと、(過去問分析上)これら6科目については、過去に出題された問題の「再出題率」が非常に高いからです。


当たり前のことですが、過去に出題された問題が、再度出題された場合、ほとんどの受験生がその問題を落としません。択一過去問については、(ごく一部の例外を除き)受験者全員が完璧に準備してくるからです。


そして、過去問については、ひと肢も取りこぼしをしないよう、過去問内容を完璧に押さえて下さい。


毎年、(択一式についての)本試験分析をして気づく事があります。

それは、「“択一高得点”の人はほぼ全員得点しているけど、“(結果的に)択一低得点”の人はほぼ全員が得点できていない問題」が存在するということです。

いわゆる「(結果として)合否を分けている問題」です。


「(結果として)合否を分けている問題」というのは、何なんだろう?


平成27年度本試験の問題を例に挙げると、以下の問題がそれに当たります。


<平成27年午後の部第14問記述イ>
通行を目的とする地役権の設定の登記を申請する際には,地役権者の氏名又は名称を申請情報の内容としなければならない。⇒正しい。


これは、完全に平成5年度過去問の焼き直しです。


<平成5年午後の部第27問記述ウ>
地役権設定の登記においては,登記権利者たる地役権者は記録されないので,その設定登記の申請情報には,登記権利者の表示をその内容とすることは要しない。⇒誤り。申請人の氏名又は名称及び住所は,登記の申請をする場合の申請情報の内容となる。


この肢は、過去問の焼き直し肢であるにもかかわらず、「高得点者は徹底的に出来ているけれど、低得点者は徹底的に出来ていない問題」に属します。


「どうしてそんなに差が出るんだろう?」


答えは簡単です。過去問を「雑」にやっているかどうかです。


この肢は、特に「理屈が難しい」問題ではないと思いますが、「記述式の勉強でもあまりやらない箇所だから何となく記憶に残りづらい」というイメージの方が多いと思います(もちろん、個人差はありますが。)。


「じゃあ、どうやって対策をすればいいの?」


これも簡単です。

本試験直前期に、もう一度見直しをして「忘れない」状態にすればいいだけです。


この1年間、一生懸命勉強してきた人であっても、本試験の現場で知識が出てこなければ、「雑」な勉強をしてきたと認定されてしまいます。逆に、直前期に見直しをして本試験の現場で知識が出てくれば、「しっかり勉強してきた」と認定されます。


ですから、直前期は、過去問をぶん回して下さい。本当に、それだけでかなりの得点アップにつながります。

現在、「自分は今年は受からないかもな」という諦めムードの人は、大逆転を狙うために過去問をぶん回して下さい。

最終的に、「過去問で取りこぼしをしない」ことが一番得点に結びつきます。


次に、直前期の勉強のメンタル面の話をします。


直前1週間の勉強は、とにかく「辛い」に尽きると思います。


おそらく、何度も何度も「まずい!時間がなくて勉強が間に合わない!・・・仕方がない、今年は諦めて、来年ぶっちぎり合格を目指そう!」という誘惑に襲われる人が多いと思います。


なぜか不思議と、直前期の辛い時期になると「来年1年間一生懸命勉強すれば、自分はぶっちぎり合格できるだろう。」という甘い幻想に襲われるんですよね(私自身も、受験時代は、この幻想と何度も戦いました。)。
とにかく、何か理由を付けて辛い現状から逃げたくなる。


が・・・ここが直前期の勉強において、一番の勝負どころです。

負けないで下さい!


「来年はぶっちぎり合格する」という誘惑に負けて勉強に手を抜く人は、来年のこの時期も「来年はぶっちぎり合格する」という誘惑に負けることになります。


「何があっても今年合格する!」


という気持ちは、最後まで失わないで下さい。
超直前期に「まずい!時間が足りなくて勉強が間に合わない!」と思うのは、全受験生に共通です。
ここで踏ん張ってタイムリミット限界までやり切るかに合否がかかっています。


最後まで気持ちを強く持って戦って下さい。


以上となります。


※以下、お知らせです。
6月25日(土)18:30~20:00 東京本校
「本試験出陣式」(参加無料)
松本講師、朝倉講師と私の3人で、皆さんの最後の気合入れをやります。
私のお話しする内容は、例年通り「直前期、睡眠削って食事時間削って、過去問をやって下さい!」というだけです(目新しいお話はしません。)。
最後に、「モチベーションを上げたい!」と思った方は、ぜひご参加ください。
お待ちしております。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。