2013-11-26 18:58:55

体制保守というカルト邪教

テーマ:真実

すべては完璧、欠けたるものなし、大成就

などと書いている奴がいる。

どこの馬鹿の教えなのか、教祖様気取りなのか、知らないが。

一方で、「世界人類が平和でありますように」と口先だけで繰り返し書いていながら。

世界がまだ平和でないから祈る、というのが当然の順というものなのだが。

欠けたものがあり、完璧ではなく、成就していないから、祈るのである。

こんな事も分からない滑稽な輩が「保守」というものだ。


己の間違いを改める人は、「保守」にはならない。

社会の間違いをありのままに見て、間違いを改めようとするので、「革新」になる。必ずそうだ。

愚鈍な魂、盲目的に服従する人間、あるいは狂信的な悪魔主義者だけが「保守」になる。


「保守」は、悪魔の顔色ばかりうかがっている。

決して、現実をありのままに見ようとはしない。

頑なに、改善を拒否し続ける。

改悪だけは喜んでやろうとする。それが「保守」であり、右翼である。


「世界人類が平和でありますように」という祈りを提唱なされた五井昌久先生は、「大変な世界、大変な世界!もう、もう、大変な世界だよ~!!」とおっしゃっておられる。どこにも、

「すべては現時点で完璧なのだから絶対に改善してはいけないに決まってる!間違いを指摘して改めてはいけないに決まってる!」などというカルト思想は出てこない。


五井先生の珍しいお叱り1

https://www.youtube.com/watch?v=iMEwjVX3EEs

五井先生の珍しいお叱り2

https://www.youtube.com/watch?v=e5kLw9Cx66E


先生の御教えと全く無関係のカルト思想をひろめている奴は、何様のつもりなのか?


ひふみ神示 第七巻「日の出の巻」

第二十帖 (二三三)

「何処の教会も元はよいのであるが、取次役員がワヤにしてゐるのぞ、今の様(さま)は何事ぞ。(・・・中略・・・)慢心と取違ひが一等気ざはりざぞ。改心ちぐはぐざから物事後先になりたぞ、(・・・中略・・・)今の役員、神の道広めると申して我(われ)を弘めてゐるでないか、そんな事では役員とは言はさんぞ。」

つい数日前に書いたばかりですね。

悪魔だけを気にかけている馬鹿には、全く耳に入らない、聞いても聞こえないというわけだ。


「保守」の頭の中は、悪魔の軍事独裁体制のプロパガンダが強固に根付いている。先にカルトがあって、宗教をとりいれる際も、必ず、悪魔的にねじまげて解釈し、己の中の間違いを一切改める事なく、矛盾しているとも思わずにとりこむ。


キリスト教を弾圧していたローマ帝国がカトリックを国教とする際も、そうしただけだ。先に、カルトは正しいという先入観があって、後から申し訳程度に宗教を取り入れる・・・それが馬鹿右翼というものだ。


五十黙示録 第五巻「極めの巻」

第三帖 (八一)

「一生懸命、自分の信じるように、神を小さくして自分で割り切れるように、引きづり降ろして居るなれど、困ったもんぢゃ、長くゆったりとした気持ちで神を求めて下されよ。」


おまえらは先入観なしに、赤子心で神示を読むという事がない。現状を肯定し、改めようとしない人間というのは、そういう奴らだ。軍事独裁主義者どもの恐怖政治を改めようとしない宗教は、死んだ宗教である。革新の中にしか、生きた宗教の姿はない。


「保守」とは、気ちがいである。何も改めようとする事なく、現実を直視する事なく、今のままで完璧なのだと妄想していさえすれば世界がよくなるなどと考える、知性のない奴ら。何も実行しようとしない奴ら。言い訳ばかり繰り返し、頑として、何も改めようとしないカルト野郎。そのくせエリート意識だけは持っている高慢ちき。社民党支持層と基本的な姿勢が同じである。知性や社会を変えようとする姿勢では社民党にすら劣る役立たず。それが「保守」である。

ひふみ神示 第十四巻 「カゼの巻」
第十二帖 (三六三)
「改心出来ねば気の毒にするより方法ないなれど、
待てるだけ待ってゐるぞ、
(・・・中略・・・)
実地を世界一度に見せて、世界の人民一度に改心さすぞ。
五十になっても六十になっても、
いろは、一二三(ひふみ)から手習ひさすぞ。
出来ねばお出直しぞ。
慢心、早合点 大怪我のもと、
今の人民、血が走り過ぎてゐるぞ、気付けおくぞ。」

* * * * * * * * * * * * * * * * 

未承認のコメント・・・

http://ameblo.jp/tablaboy/entry-11711246319.html
タイトル「当たり前の事のはずですが」

知っている人だけが幸せでいればよくて、
知らない人を見下して高見の見物をしていればよい、という思念を発し、多くの人々が苦しんでいる変えようとしていない人間が口だけで「世界人類が平和でありますように」などと言っても、効果は知れています。

日本という国は、着々と、悪魔の支配下に入っている。祈ってる自分だけは逃れられるという問題ではありません。目を覚ましましょう。
http://ameblo.jp/cyrus2/entry-11709954369.html

本心から世界の平和、万人の幸福を願っていなければ意味がない。思念言動全般に、それが現れていなければ駄目でしょ。

* * * * * * * * * * * * * * * * 

タイトル「どうせ都合の悪い事実は抹殺なさるのでしょうが」
http://ameblo.jp/tablaboy/entry-11711733913.html
過去が今を作るなら、
今が未来を作る。

あなたが今に無関心であるという事は
輝かしい未来を願っていない
という事です。

ただ言い訳するためだけに宗教知識をもてあそぶような奴ばかり。言い訳するな。逃げるな。
何の回答もできないくせに抹殺だけはする奴。

* * * * * * * * * * * * * * * * 

事実を指摘されても、ただ逆ギレするだけの輩ばかり。決して、改心しようとはしない。全く反論もできないくせに、常に、自分が絶対に正しいなどと狂信している奴ばかり。半端に理解した知識を自己中心主義のために弄し、ひたすら言い訳だけを繰り返すクズ。この高慢さが、改善・改心を嫌う人間の特徴である。自己中心的でない右翼、高慢でない右翼というのは存在しない。


そうやって社会からかけ離れた所に引き篭もって妄想していれば自民党の犯罪を無くす事ができるなどと思っているような馬鹿ばかりだから犯罪者が当選し、あらゆる犯罪を社会に氾濫させているのである。

このような論理的・客観的な見方ができない人間に

宗教を語る資格などない。


'80年代愚民至上主義に染まっている邪悪な人間は、しばしば

「人を殺してはいけないと思っている心清らかな異常で理解できない極端な人間が人を殺す。戦争してはいけないと思っている心清らかな異常で理解できない極端な人間が戦争を起こす。だから心清らかな異常で理解でいない極端な人間は社会全体で虐待し抹殺しなければならない。」

と主張している。実際には、人を殺してもいい、戦争は正義だと思っている背徳主義者、悪魔主義者こそが人を殺し、戦争を起こしているに過ぎない。


悪魔を狂信せず、当選させない人ばかりになれば

世界平和など一瞬で実現できるのだ。

それを頑なに拒否している「保守」の愚劣な連中は

世界を破壊している悪魔の手先でしかない。


「自分は絶対に悪くないに決まってる!」という甘ったれた想念を、まず捨てなければならない。


世に出ているやり方はアベコベ

http://ameblo.jp/cyrus2/entry-11257291871.html


「保守」は、しばしば、「仕方がない」と言い訳する。「ヤクザは義侠心があって社会の役に立ってるし、後藤組は富士宮で富士山利権に絡んでるし、原子力殺人所で山谷の人を殺してもいろいろ複雑に絡み合ってて、悪とは言い切れないよね」などと主張したがる。それが平和を願ってる人の言う事か?一つ一つの問題を、単刀直入に、解決しようという意図がはじめからない奴が多い。常に、「現状は絶対に正しいのだ」という前提で、「なぜ正しいと言えるか」を「捏造しようとする」!常に、悪魔の顔色をうかがい、悪魔は正しいという前提で、悪魔におもねる「正論」をでっちあげる!!それが「保守」の態度である。


口先だけで「世界人類が平和でありますように」などと言っても

効果は半減する事間違いなし、である。

五井先生も 口だけじゃ駄目だとおっしゃっているではないか。

馬鹿右翼の耳に念仏というものか。

馬にも鹿にも劣るのを馬鹿と呼ぶのも語弊があり、馬や鹿に失礼だ。


ひふみ神示 第二十一巻「空の巻」

第十三帖 (四六八)

「我が勝手に解訳してお話して神の名汚さん様にしてくれよ、曇りた心で伝へると、曇りて来る位 判って居ろがな、神示通りに説けと申してあろが、忘れてならんぞ。(・・・中略・・・)元に返すには元の元のキのマヂリキのない身魂と入れ替へせねばならんのぢゃ、 ・ (タマ)が違って居るから世界中輪になっても成就せん道理分るであろがな、一度申した事はいつまでも守る身魂でないと、途中でグレングレンと変る様では御用つとまらんぞ、人力屋、酒屋、料理屋、芸妓(げいこ)屋、娼妓(しょうぎ)、無く致すぞ、世つぶす基(もと)ざぞ、菓子、饅頭も要らんぞ、煙草もくせぞ、よき世になったら別の酒、煙草、菓子、饅頭出来るぞ、勝手に造ってよいのざぞ、それ商売にはさせんぞ。」


奴らにとっては、大神様の大御心よりも、

経団連や電通などの教え込むカルト思想の方がずっと大切なわけだ。

己の誤りを認めようとしないものは、ひたすら醜い。

悔い改めよ。


カルト資本主義

http://web.archive.org/web/20130706004316/http://www5.ocn.ne.jp/~iranka/pati.html



ひふみ神示 第二十一巻「空の巻」

第十一帖 (四六六)

「行い正しく口静かにしたら神の仕組分るぞ、因縁ある身魂が、人民では知らん結構を致すぞ。神示読んで、どんな人が来てもその人々に当る所読みて聞かすが一等ざぞ。一分と九分との戦ひぢゃ、皆九分が強いと思ふてゐるが、今度の仕組、アフンの仕組ぞ。早呑込 大怪我の基と申すのは我が心通りに写るからぞ。」


ニューエイジ運動の正体

~アセンション:スピリチュアルな「ともだち」~

http://satehate.exblog.jp/16716168/


バシャールなどという邪霊の詭弁を神のごとく崇める愚か者は、本人たちも言い訳野郎ばかりで、現実を直視せず、改善せず、事実に「フォーカス」しない事を誇っている。


ひふみ神示 第三巻「二二(フジ)の巻」
第三帖(八三)
「一寸先も見えぬほど曇りて居りて、それで神の臣民と思うてゐるのか、畜生にも劣りてゐるぞ。まだまだわるくなって来るから、まだまだ落ち沈まねば本当の改心出来ん臣民 沢山あるぞ。」


ひふみ神示 第二十七巻「春の巻」

第二十六帖 (六八三)

「神にまかせきると申しても、それは自分で最善をつくして後のことぢゃ。努力なしにまかせるのは悪まかせぢゃ。悪おまかせ多いのう。魂の財産は金を得るより数倍六ヶ敷いぞ。ぬれ手で粟のやり方、カスつかむぞ。むやみに腹が立ったり、悲しくなったり、くやしくなったりするのは、まだめぐりあるからぢゃ。めぐりの霊界との因縁が切れて居らぬからぢゃ。」


ひふみ神示 第十三巻「アメの巻」

第十一帖 (三四五)

「人民と云ふ者は人に云はれては腹の立つ事あるものぢゃ、腹立つと邪気起るから めんめめんめに改めよと、くどう申すのぢゃぞ」


ひふみ神示 第二十二巻「ア火八(アホバ)の巻」

第十帖 (四七九)

「よき神にはよき御用、悪き神には悪き御用、自分で自分がつとめあげるのぢゃ、人になんと云はれても腹の立つ様では御用六ヶ敷いぞ、腹立つのは慢心ぢゃと申してあろがな。仕組途中でグレンと変り、カラリと変る仕組してあるのぢゃ、其処に一厘の仕組、火水の仕組、富士と鳴門の仕組、結構々々大切致してあるのぢゃ。仕組変り変りて人民には判らんなり、よき世と致すのぢゃ、いくら智あっても人間心では出来ん仕組ぞ、智捨てて神にすがりて来ねば分らん仕組ぢゃ、と云ふて人間世界は人間の智いるのぢゃ、智でない智を神が与へるぞ、神人共にと申してあろがな、つとめ上げたら他にない結構な御用。」


議論も戦いで平和を乱す元などと詭弁を弄する右翼・左翼が多いが、ホ・オポノポノとかチャランケというのは議論であり、問題を解決するものであり、やればやるほど進むいくさである。幽界の裏打ちがある人殺しの外道のいくさとは逆。おまえらが改心を拒否しているだけに過ぎない。それが戦争の元なのだという事実を直視せよ。

ひふみ神示 第二十七巻「春の巻」

第四十二帖 (六九九)

「新しき御代が到来しても いくさはなくならん。いくさも歩みぞ。弥栄ぞ。ぢゃと申して今のような外道のいくさでないぞ。人殺し、生命殺すようないくさは外道。やればやる程はげしくなるぞ。正道のいくさは人を生かすいくさ、やればやるほど進むのぢゃ。今の人民いくさと申せば、人の殺し合ひと早合点するが、それは外道のいくさ。天国へのいくさもあるぞ。幽界へのいくさもあるぞ。人民の云ふ今のいくさ、今の武器は、人殺す外道の道、それではならんのう。外道なくして下されよ。外道はないのであるから、外道 抱き参らせて、正道に引き入れて下されよ。」


三宅洋平のような朝鮮人が口先だけで言うチャランケ(桜井よしこの論戦と同じく低俗な口喧嘩)とは違うぞ。「勝つ」事を目標にせず、真実を明らかにし、間違いを改める人にならなければならない。「強い・弱い・勝った・負けた」しか理解できないのは幽界魂である。日本人ではない。事実を指摘されて逆ギレするような輩では話にならない。

船井幸雄だか何だかが金儲けやってるような、口先だけで「ごめんなさい、ありがとう」などとほざけばよいという詐欺とも違う。

http://www.alohapono.jp/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%83%8F%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88/%E3%83%95%E3%83%8A%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

口先だけの裃をよしとするのは朝鮮人。言霊の国に嘘や方便はない。ひふみ神示を熟読すべし。

高慢ちきの馬鹿右翼である限りは、救いようがない。

己を批判する人を避けず、うとまず、親切顔でおだてる者をこそ疑え。
「自尊的」な輩は幽界へ堕ちる他ないぞ!
<カルト野郎のマインド・コントロール手口を脱会者が語るビデオ>
「みなさんは正しい日本人で、外国に悪い奴がいる」式の事ばかり言って愚民至上主義者を礼賛すれば、特に右翼は「腑に落ちる」「わかりやすい」などと口々に言って持ち上げてくれる。逆に、「あなたのこういう所が
間違いなのですよ」と指摘すると「わかりにくい」「波長が合わない」などと言って聴かないのが、馬鹿右翼という愚民化の極みのような連中です。感情的・暴力的な朝鮮左翼は、そういう右翼の類で、思念言動パターンが同じ。唯物主義者でも「波長」などとほざいてご都合主義で言い訳する。まずそこから脱却しなければならない。一切の自己中心主義を放棄し、エリート意識・高慢さを放棄しなければ駄目。それができなければ、災禍を避ける事は難しいでしょう。

五井先生の話 己の無知を知り常に改める心

http://www.youtube.com/watch?v=WLu8QJJeh3M

「これでいいんだ」と思うほど駄目な事はない。ご­まかす者は神々の手厳しい御導きを受ける事になる。己が立派だと思うのは間違い。

真の宗教は、このように常に「革新」であり、決して高慢ちきの馬鹿右翼ではありえない。いわゆる「自虐的」であって、決して、いわゆる「自尊的」にはならない。

ひふみ神示 第十三巻「雨の巻」
第六帖 (三四〇)
「毒にも薬にもならん人民、今度は役に立たんのざぞ、
悪気ない許りでは一二(ひつき)の御民とは申されんぞ。」
虚構の共同体である民族・国家に自己を帰属させ、それで良し、として自己正当化するには、他の民族に対する差別と排除、抹殺と言う「テコの原理」が必要となる。
「ドイツでアドルフ・ヒトラーが行った全てのことは合法的だったということを私たちは忘れるべきでない。」
「悪意ある人びとの憎悪に満ちた言動だけでなく、善意の人びとの驚くべき沈黙に対しても、この時代に悔い改めなければならない」のであり、「人類の進歩は必然的にやってくるわけではない。」

マーチン・ルーサー・キング牧師「バーミンガム刑務所からの手紙」

http://satehate.exblog.jp/20927087/

【秘密保護法、強行採決!】
デッチ上げばかりやっていた神奈川県警特高の拷問の実態

http://ameblo.jp/64152966/entry-11712672155.html

特定秘密保護法案に元警察幹部が懸念表明!

警視庁や公安も秘密指定が可能に!

「警察の権限を際限なく拡大させる」

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1292.html

極悪!!A級戦犯ファシスト一族

http://ameblo.jp/cyrus2/entry-11450477643.html

真のジャーナリズムがここにある!-戦争・タミの沈黙・秘密保護法

「秘密保護法を制定する目的は戦争以外考えられない。米国の国際戦略で日本、自衛隊が利用されるということ」この解釈は日中戦争前夜から太平洋の敗戦、そして今日までの肌身の実感に根ざす。現在の社会の空気を「かつての戦争突入時に似ている」と感じている。
「法律ができるだけで、国民を脅かせる。

これが今回の秘密保護法とそっくりなんだね」

「サザエさん」の作者の長谷川町子さんは海辺でスケッチをしていただけで特高警察に逮捕された

https://twitter.com/kikko_no_blog/status/406594994804232192

NGO・韓国情報公開センターの代表は「今回、日本の法案を見て驚いた。韓国でのそれをコピーしたようにそっくり」と。ジャーナリストは弾圧され自由な言論がままならなくなったとの証言。
https://twitter.com/uchidashoko/status/406717663956975616

朴大統領の父親と安晋三の祖父からしてCIAの手先でしたからね。KCIAを作ったのもそう。

政府が一番隠したい特定秘密?

国家安全保障会議局長は不正選挙の富士ソフトの特別顧問

(東電と鹿島の顧問でもある谷内正太郎、谷がつく姓は朝鮮人が好む通名の一つ。

オリンピック来る前の除染470億だってどさくさで東電と鹿島の利権に)
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=284620

ムサシという会社が選挙システムを専ら受注していて、そのシステムを使って不正選挙を行っているのではないかという疑惑があるのですが、この会社からソフトを受注しているのが「富士ソフト」という会社です。

谷内のいる富士ソフトを使って不正選挙を行い、それで自公が選挙でバカ勝ちし、その見返りとして初代NSC局長に就任というシナリオが考えられるからです。これがバレたら大変なことになりますから、菅が難色を示すのも当然です。

スッパ抜きを行うなら今の内で、関係者の奮起に期待したいと思います。

チャップリンの「独裁者」演説

http://www.youtube.com/watch?v=RzTmkoR6mMQ

ババジ 富士の高嶺から天地に祝詞

http://ameblo.jp/cyrus2/entry-11293810886.html

五井先生は、中国の老子がインドでババジという名で現れたのだと仰っておられました

http://hitoiki.txt-nifty.com/blog/2007/07/post_cb48.html

五井昌久先生「老子は神変不可思議」

https://www.youtube.com/watch?v=07_BN4afd5Y

第77回 日中完全和合「龍神の長城」オペレーション

http://ameblo.jp/atom-green-0201/entry-11713370692.html
とにかく畳みかけるようなヤラセヤラセの連続でもって、日中戦争をおっぱじめようとしています。これはイルミナティ部隊がシリアでの第三次世界大戦勃発に失敗したため、単に東シナ海に戦争の舞台を移したにすぎません。
幸いなことに、先日私たちは日向灘沖と、石垣島沖に巨大海底ピラミッドを発見しております。今夜の
オペレーションにぴしゃり間に合ったという感があるのですが、まだこのダブルピラミッドを起動させ
ていませんので、今夜のオペは、まずそれぞれのピラミッド起動の「龍動」波動砲からスタートします。
真のジャーナリズムがここにある!-四川省黄龍
世界人類が平和でありますように


写真は四川省の「黄龍」にて。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

クールCyrusIIさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。