きょうの散歩 

「名古屋ふあんない」改め「きょうの散歩」。名古屋を離れて、京の都へやってきました。30年ぶりの京都は新しい発見がいっぱい。これから少しずつ紹介していきます。しばらくお待ちくださいね。


テーマ:
去年の暮れ、忘年会をやろうと集まった仲間たち。老若男女といいたいが、私が最年少うまい!ですから老々男女だね。たまたま12月27日だったので、「二七会」と名づけた。二七のカブです。
その場で決めたのは、泊りがけで温泉へ行こうということ。ちなみに男3人、女3人、全員が家庭もちです。これって、ちょっとすばらしいと思う。

実は私、当日待ち合わせの1時間前に着いて、石切さんにお参りしようと。したら、メンバーのカトーさんがお百度参りをしてた。居酒屋はまだ開いてない時間だったので、お百度を終えたカトーさんと二人で参道のお好み焼き屋でビールを飲む。そうするうちに、アネゴ2人が到着し、4人でプチ酒盛りビール
こういうノリのよさが二七会です。


名古屋ふあんない  名古屋ふあんない

名古屋ふあんない

着いたのはこちら、ホテルセイリュウ。名前はよく聞くけど、行ったのは初めて。念のためにいいますが、ラブホテルではありません。れっきとした温泉旅館。生駒山の中腹にあり、大阪平野が一望できます。ほら、これが夕景ね。
温泉に入って、ごちそう食べて、8千円のプランですから期待してなかったけど、コストパフォーマンスは150%! 食後は部屋で、持ち込みのとっくり(おちょこ付き)を飲みながらしゃべり明かす。


朝には、こんな風景が。北側と南側です。南側に見える建築中の建物は、阿倍野のハルカスでしょうか? 目の下には近鉄電車が。お風呂から見えるんです。お湯もまずまず。

名古屋ふあんない

名古屋ふあんない
名古屋ふあんない

翌日は全員で石切さんへお参り。ちなみに「石切さん」は通称で、石切劔箭神社(いしきりつるぎやじんじゃ)というのが本名。飛鳥時代以前からの歴史があるそうな。お好み焼屋のお父さんが教えてくれました。

近鉄の駅から続く坂の参道は、さながら「おばあちゃんの原宿」。それにしても、占い師の多いこと。3軒に1軒は占い師、5軒に1軒はマッサージとか鍼灸院です。冷や汗
不思議な建物、石切大仏を見て進むと、お祭りに使われた牛の像があった。今は使われていないらしい。

名古屋ふあんない      名古屋ふあんない  
名古屋ふあんない  名古屋ふあんない

名古屋ふあんない  名古屋ふあんない  名古屋ふあんない

せっかく石切さんへお参りしたのだ。信心深い善男善女の私たち、お百度参りをしないとね。


名古屋ふあんない
「6人だから、ひとり16周ずつね」 走る人わーい(嬉しい顔)

カトーさんが20周してくれました。 みんな合わせて、
お百度達成!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
久々に阿倍野へ出かけた。知らない人のために付け加えると、阿倍野は大阪ミナミ、近鉄のターミナルで、JR・地下鉄では天王寺と言います。同じ場所ですが、道路を挟んでJRの駅は天王寺区にあり、近鉄の駅は阿倍野区にある。地下鉄の駅はその中間ですが、何故か天王寺。で、地上へ出てみると…

名古屋ふあんない

噂の阿倍野ハルカス、いま150メートルを超えたところです。2014年に完成すると、高さ300メートルの日本一ノッポのビルになる。
おや! 目
天王寺ステーションデパートが天王寺MIOプラザ館」と名前を変えてる。建物は同じだけどね。


名古屋ふあんない

反対側の動物園方面を見ると、相変わらずのキッチュな風景。お城があったり、イルカがいたり。どれもラブホです。左は通天閣ね。


名古屋ふあんない
そして、こちらが阿倍野キューズモール。元々はそごうが出店する予定が、ずっと開発が遅れてた。左半分はイトーヨーカドーが入ってます。何より驚いたのは、道路が以前の倍の幅になってること。まだ開通してませんが、阪堺電鉄の路面電車が走ってる道が、倍の幅になります。これはすごい。車の流れが変わるね。


名古屋ふあんない  名古屋ふあんない
道の幅が変わったら当然、歩道橋も架け替えなければ。いま建設中でした。キューズモールの手前、かつて中華の朝陽館があった場所にはトラスティホテルが。下の部分は阿倍野NINIというショッピングモールになっています。 歩道橋の右側、ホテルエコーというシティホテルがあったけど、影も形もない。
キューズモールから眺めると、NINIとハルカスの間から、天王寺MIOが小さく見えます

名古屋ふあんない

キューズモールの核は、109です。渋谷の店舗が関西初上陸。これが人気を呼んでいます。天井が高く、吹き抜けが多く、通路も余裕いっぱいです。なかでも目を引いたのがこのお店。


名古屋ふあんない

手裏剣道場もある忍者専門店。よく取材されてる店ですが、一見の価値あり。


名古屋ふあんない  名古屋ふあんない

名古屋ふあんない  名古屋ふあんない

向かいの近鉄百貨店側も、HOOPといった新しいビルが建ち並び、雰囲気が一変。とはいえ、すぐ隣にはTANTANLOCOPORTIといったラブホが健在。このあたりが阿倍野だなあ。


名古屋ふあんない

西側、つまりキューズモールの裏の、かつて曲がりくねった路地があったところは大阪市大病院までマンションが続き、道路も整備され、まるで六本木ヒルズの住居地区のようです。まっすぐ行けば飛田地区で、また風景は一変するはずだけど、いやはや見違えました。
居酒屋の明治屋や、レストラン羊の家、グリルマルヨシといった、地区の有名老舗は、ビルの中にテナントとして入っています。
開発進む阿倍野地区、今後も目が離せません



名古屋ふあんない


探索を終え、新装なった明治屋へ行ってみたが閉まってたので、通りの目立つ居酒屋で総括しました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事関係から歌舞伎のチケットをいただいた。観劇だけに感激!なんちゃって。正規だと15000円だそうで、平日だけど、こりゃ休んでも行かなくちゃ。
名古屋ふあんない

というわけで仕事は午後休にして京都へ。始まるまでの時間、しばし散策。


名古屋ふあんない  名古屋ふあんない

オトメ用品って、なんだろうね? 平日の昼間、誰もいない店に入る勇気がなかった…


名古屋ふあんない  名古屋ふあんない

東山の六道珍皇寺(ろくどうちんのんじ)は、元祖・陰陽師である小野篁(たかむら)の屋敷跡で、篁は夜な夜な自宅の井戸をつたってあの世とこの世を行き来していたという。写真の右に写っているのが、その井戸です。

名古屋ふあんない  名古屋ふあんない



さて、鴨川へ戻ると、南座の脇に石碑が建っている。むかし、鴨川の河原で出雲から来た阿国という女性が踊りや芝居をしたのが、歌舞伎の始まりです。今は男ばかりになったけど、最初は女だった。

で、きょうの演し物は、秀山祭三月大歌舞伎、「俊寛」と「舟弁慶」。その間に、中村又五郎と歌昇の襲名披露があります。 南座前で妹たちと合流。チケットは4枚もいただいちゃった…

名古屋ふあんない


名古屋ふあんない 中央部分のアップ。出し物のイラストです。

名古屋ふあんない

「秀山」というのは先代の播磨屋・中村吉右衛門の俳号だそうで、この一門の公演はこの冠を付けているらしい。吉右衛門といえば我々には『鬼平犯科帳』ですね。ずいぶん前に終わったのに、飾られた胡蝶蘭には「鬼平スタッフ」からも届いてました。それにしても、胡蝶蘭の数(写ってないけど、もっとたくさんありました)



名古屋ふあんない

名古屋ふあんない 幕はこの箱に入ってたらしい。




事前に予習した他人様のブログによれば、従来南座の幕の提供は「大丸」と決まっていたんだそう。ところが今回のスポンサーは…
JR京都伊勢丹!
京都の百貨店の勢力争いの一端がこんなところにも表れているんだ。



名古屋ふあんない  名古屋ふあんない

幕は他に2種類ありました。幕の間に食べるのは、もちろん幕の内。高島屋で「観劇弁当」とシルクエビスを買って出かけたのです。


名古屋ふあんない


名古屋ふあんない  古い小屋なので、座席が少し狭いです。


あら! 肝心の芝居のことを書くスペースがあせあせ(飛び散る汗)

予想通りではありますが、吉右衛門と愛之助が光っていましたね。やっぱり千両役者は違うと感じた。歌舞伎って、芝居を見に行くというより、役者を見に行くものですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。