出来上がったデータを刺しゅうしてみました!

どうかなーいい感じだと思うけど(*´ω`*)

刺しゅうProお持ちの方は参考にしてくださいねー(^^)/

ご清聴ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介させていただいた方法は、

あまり手をかけず早く作る方法です。

実際のところ、私はこのやり方をあまり使わないです(´・ω・`)

なんでかっつーと刺しゅうの縫い目の向きだったり、

細かな面と線だったり

(↑絵面はどうあれw作った中ではお気に入りデータw)

(GUTSのワッペンデータは、何度も作り直して試作したりした思い入れのデータだけど、

今見たら直したくなるので、もうさわらないw)

文字とか特にそう。書き順とかあるでしょう?

どの線が上にくるとか下にきて重なるとか。

その違いが全く判らないし伝わらないのに、変なところにこだわったりとかw

あと、「いかにして一筆書きで渡り糸の移動を少なくできるか」を気にしてます。

出来上がってから糸をいっぱい切るの面倒じゃん!←

私も刺しゅうProの箱に中に入ってるマニュアル読んだけど解らない事だらけでした。

刺しゅうの先生が(しかも同じ市内だった!)見つかってよかったです。

興味を持たれた方は一度受講してみてはいかがでしょう?
ブログ見てるとジャニオタの生徒さんはかなり多いので安心です←www

 

E-刺繍工房さん
来年以降の受講予約が可能だそうです(*´ω`*)

 

 

 

夢はデータ作って、先生のところにある刺しゅうの機械で刺しゅうすること!

まだ刺しゅうしたいデータも作れてないから頑張ってみたいです(*´ω`*)

 

 

 

AD

その1からの続きです

このままでもいいのですが、ちょーっと気になるところがあるので直します。

中心部分を触って左クリックをしてメニューを表示させてグループ解除をします。

分かりやすくするために色を変えましたが、

赤い部分はサテン縫い、他はタタミ縫いになっています。

全部統一するためにタタミ縫いにします

「属性」をタタミ縫いに変更。​

ほら!表示変わったでしょ?

もう一つ気になったのが、↑の赤い部分は下打ちがないので、

チェックを入れます。

ちなみにこちらは隣の模様のところ。下打ちにチェック入ってたでしょ?

あとは、何か(って何かわからないけど)を認識してしまったモノが

残ってたので、さくっと消しました。

左クリックでメニューを開き、「データを選択」でDeleteキーを押せば消えます。

出来上がり!次で早速刺しゅうしてみるよ!その3へ続く

 

AD

嵐のコンサートツアーも始まって、いろんなものを作っております。

速報(?)はTwitterをご覧ください
まとめたのは全部終わってからにします(*´ω`*)

 

今日はブラザー「刺しゅうミシン」と刺しゅうデータを作るソフト「刺しゅうPro」で
嵐マークのお姫様verの作り方を書きたいと思います。

ちなみにですが、私のミシンはイノヴィスN80α
かれこれ8年前に発売されたミシンでランク的には下のHooooooです。
買った当初はポケモンの刺しゅうカードの刺しゅうばっかりしてましたw

最近は自動糸通しのハズが糸通ししないので、メガネをはずして糸通してます(>´ω`<)
嵐にハマり出してから「刺しゅうPRO NEXT」を購入。
刺しゅうの先生を見つけたので、そこで教えていただきました。

今回のは刺しゅうProNEXTの機能を使ってでの作成です

多分関係ないけどOSはWindows10です。

刺しゅうの表示がころころ変わります

(「表示モード」が「ステッチ」だったり「リアル」だったり)が、
刺しゅうProの操作をなんとなーくわかってると思ってます←ので、

あまり深くは突っ込まないでw

 

さて本題いくよ!
まず画像を用意します。


私はナツさんの画像を利用させていただいてます(*´ω`*)
なるべく大きくて鮮明なものをご用意ください。

頂いたのは拡張子がpngなので、

Windowsに付属しているペイントソフト等でjpgにしておきます。

 

画像を刺しゅうProで取り込みます。

画像→オートパンチを選択

画像を選びます。

選ぶとこんな感じ↑になります。

余白はいらないので、

いるところだけをギリギリで囲みます。で次へ。

枠からはみ出てしまっては刺しゅうできないので、

「ページのサイズに合わせる」で枠内に収めます。で次へ。

ノイズや解像度の矢印を動かし再変換で表示させます。
変換させてて一番変化がわかるのは口。

私はこんな感じかなー?
丸で囲ったところが「使わない面の選択(斜線)」になってないので、

クリックして斜線に変更します。出来たら完了ボタンを押します。

出来た!

 

でももう少しいじってみるよ!その2へ続く

AD