サイクルトレーラー・ライフ

リヤカーデザイナー兼ネットショップ店長兼フリーライター(怪しい?)をしている40代男子が、おもにタメにならないことを書いたり書かなかったりします。お酒・本・釣りの話題が中心でしょうか?
ロードバイク+サイクルトレーラーの生活も(販促がてら)紹介します。


テーマ:


「彼の横顔」




疲れやすくなった、と思う。


最近、あきらかにスタミナが衰えてる。


・・・いつまで、彼の手伝いができるのかな。


そう考えることが多くなった。





わたしはスマートフォン。彼のもとにやってきてから、もうすぐ4年になる。


移り変わりの速いこの世界を思えば、長くがんばっているほうだと思う。


けれど、さすがにバッテリーが弱ってきてる。


ものを大切にする彼は、買った時に受けたアドバイスを律儀に守り、充電サイクルにも気を使ってくれる。


ちゃんと使い切ってから充電するようにしてくれてる。


でも、リチウムイオン電池の寿命と言われる700~900充放電はとっくに超え、スタミナは以前の3割くらい。


彼に情報を差し出している途中に意識を失うことも増えてきた。


くわえて、最近のアプリは大型化・複雑化してきて、処理能力が要求される。メモリもたくさん必要。


とくにフェイスブックがつらい。


アプリの大きさを支えきれずに、落としてしまうことも多くなった。


さよならの日はそう遠いことじゃない、と覚悟をしようとするのだけど・・・。


まだ彼と離れたくない。



・・・いいえ。


わたしはスマートフォン。彼の通信を担い、彼に情報を差し出し、ときに癒やしの時間を提供するのが使命。


わたしはそのためにデザインされ、この世に生を受けた。


当時最新のプロセッサ、そしてデバイスを組み合わせ、期待を受けてデビューし、その期待に応えてきた。


それはわたしの工業製品としてのアイデンティティであり、誇りの源でもあった。


役割を十分に果たすことができなくなってきた今、心の準備はする。






また仕事中に意識を失い、充電から目覚めたわたしに、彼がひとつの情報を要求した。


その日が来たのだとわかった。


彼が検索したのは、近くにある携帯ショップだった。





彼とふたり、バスに揺られる。


彼がわたしを見る。LINEをチェックしている。


ヘッドフォンにつながっているのはわたしじゃない。別の音楽プレーヤー。


バッテリーが弱ってから、彼はわたしで音楽を聴かなくなった。


最後の日くらい、使って欲しかったな。


シャッフルプレイで、絶妙の選曲をしてあげたのにな、別れが悲しくなっちゃうようなやつ(笑)。




彼の横顔が好きだった。


わたしを見ながら左手の親指で電話番号を検索し、耳元に持ってゆく時に一瞬見える横顔。


最近は通話の機会が少ないから、なかなか見られないけど、だからこそ貴重な瞬間。


わたしにとっての、最高の風景。


だれか電話してくればいいのに。


バスの中じゃ取らないか、彼は。




携帯ショップに来た。


これからわたしはどうなるのだろう。


廃棄される?リサイクルされる?転売される?海外に行くなんてのもあるのかな?


そんな思いなど知る由もなく、彼はまっすぐにカウンターに向かった。


「これ」


わたしを差し出す。


「バッテリーが弱ってきてしまったんで、交換したいんです」


店員は嬉々としてカタログを広げた。


「いま人気なのはこちらの機種で・・・」


「あ、いえ」


店員を遮って、彼は意外なことを言った。


「替えたいのは、バッテリーだけなんです」


店員も意外そうだった。


「いまでしたら、実質負担ゼロで機種変更できますよ?」


「いいんです」


そして彼は、わたしを泣かせた。


「愛着があるんです」





彼はものを大切にする人だった。


好みに合うものを吟味して選び、長く愛用する人だった。


わたしにも、そういう視線が注がれていたのだ。


愛されていたのだ。


もうしばらく、彼の横顔を見ていられる。





バッテリーが新しくなったわたしに、彼はヘッドフォンをつないだ。


そして、いつものようにシャッフルプレイ。


わたしが選曲した1曲めは・・・


ボーイズ・タウン・ギャングの「君の瞳に恋してる」に決まってるじゃない!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

サライさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。