趣味でやる投資 (株式/不動産/etc.)

株式、不動産を中心とした投資、パソコンやスマートフォン、車、クレジットカード、資格、その他自分の興味のある話題を自身の頭の中の整理も兼ねて投稿していきたいと思います。直近の株収支結果はブログトップのメッセージボードに記載し、日々更新しています。

 株式収支(2017/02/20~2017/02/24)

2017/02/20 +31,996  日経GDから円安と共にプラ転、銘柄入替
2017/02/21 +140,026  円安が進み日経はザラ場で上げ、銘柄入替
2017/02/22 +29,065  前日の逆で日経はザラ場中下落、個別銘柄売却
2017/02/23 +86,827  前日と同様の動きで日経ヨコ、ノートレード


テーマ:

年始から殆ど取引ができていませんでしたが、昨日~今日で多少の銘柄入れ替え・ロット調整を行いました。買おう/売ろうと思っていたけれど指値が通らなかったので一旦諦めた銘柄もそれぞれ少しずつあります(この辺は縁もありますね)。

 

 

それでは、入れ替え銘柄のリストです。これからどう動くか楽しみにしながら経過を見守りたいと思います。

 

 

[売り]
エストラスト
THEグローバル社
ヴィアHD
GMOインターネット
東海運
あかつき本社

 


[買い]
Oakキャピタル
ニホンフラッシュ
フージャースHD
飯田グループHD
太陽工機
スカラ
楽天

 

 

多銘柄への少額分散投資が基本スタイルなので、銘柄選定はほぼスクリーニングのみで判断しています。株主総会に参加したり決算書を深く読み込んでいるわけではなく、業績推移、株価推移、PBR、PER、配当(性向)・優待、自己資本比率など表面的なデータを総合した独自基準での売買です。

 

 

投資家がどう頑張って分析しても企業経営実体の大部分がブラックボックスな事実は変わらないので、いっそのこと自分なりの統計データに従って投資するのも一つの方法と割り切っている部分もあります。

 

 

もちろんブラックボックス(死角)を少しでも解消して成功率を上げることも重要なので、判断材料として必要な時は情報を買うようにしています(とは言っても極秘情報ではなく巷の情報・評論レベルですが)。あとはフレッシュな情報の見落としを避ける為に適宜掲示板を見たり・・(ただし真実を見抜く能力が必要です)。

 

 

----------

 

今後の投資方針として一番悩ましいのが、ポートフォリオ内のウェイトが増しつつある不動産関連銘柄をどう扱っていくかです。最近のニュースではマンションの価格高騰と販売減、賃貸物件の空室率上昇、さらに4月からは融資が引き締められる噂もあって今後の市場背景が厳しくなってきている状況です。

 

 

昨今の不動産市場の活況で増収増益になっている銘柄が多く、おしなべて低PER/PBR、高配当率なので配分を増やしがちですが、業績や資産の割に株価が低いということは前述の不安要素を織り込んでいることの裏返しとも言えます。

 

 

リーマンショックの時は多くの不動産関連会社が倒産し、そうでなくとも株価が1桁減るレベルの惨事でしたし、バブル崩壊の時は恐らくもっとひどかったと思います。ひとたび市況が冷え込んで不動産価格・取引が大きく落ちると相当なリスクを負うことになり、目先の業績だけでなく財務健全性や収益安定性を重視したリスク管理をしていきたいと思っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今週の総括

 

今週は日経の方は多少の変動はありましたが目立った動きやイベントはなかったように思えます。先週の動きでは円安への転換も期待されましたが、すぐに戻されてしまいました。米国株の方はとにかく強く、ダウは20,500ポイントを一気に超えて勢いが落ちません。



来月からオランダ選挙を皮切りに選挙シーズンとなり、ギリシャの債務償還問題(EUやIMFの支援の絡みで)が再発してユーロ安になってきています。トランプ相場の中くすぶってきつつある問題なので、もし不安心理が強くなれば相場に影響が出てくるかもしれません。


先週はEPSが1,230円台まで上がって続伸が期待されましたが、2月15日以降1,200円台へ戻されてしまいました。次期決算に期待したいところですが、このままドル110円台前半程度だと円安効果を期待できるかは疑問が残るところです。


売買動向では売り越しが続いていた海外投資家は買い越しに転じ、日本株売り傾向は小休止です。金曜夜は米国株は高値更新しましたがドル円が押し返されたので日経先物は横ばいで、明日は若干のGDで始まりそうです。

 


----------

 

主要指標

 

投資主体売買動向: 海外投資家は買い越し、法人・個人は売り越し

 

裁定買い残金額: 1.6兆円台で→

 

空売り比率: 36~39%で→

 

VIX指数: 11台へ↑

 

原油価格: 53ドル台後半で→

 

金価格: 1,230ドル台で→

 

日経EPS: 1,200円台へ↓↓

 

国債10年物利回り: 0.09%前後で↑

 

米国債10年物利回り: 2.4%前後で→

 

日銀ETF買い(臨時): 1,408億円 (2回)

 

 

----------

 

週間/月間収支

 

今週は下落した日経とは逆行してプラス収支になりましたが、先週下落していた分が戻っただけのような気がします。今週も小幅なレンジ内での変動に留まり、取引は特にありませんでした。

 

 

個別は強弱まちまちで動きに注目したい時期です。優待目的で持っていた銘柄でアークコア(3384)、AGS(3648)などここ数か月で大きく上げた銘柄があり、利確タイミングとも思えますが動きが強いのでまだホールドしています。エストラスト(3280)はTOB期限と優待権利日が間近に迫り、さすがに方針を決めます。同時に新規の割安株をもう少し開拓していこうと思います。

 

 

 

 

株式週間収支(前週末比) +172,015 (+0.7%)
株式月間収支(前月末比) +210,355 (+0.9%)

 

 

----------

 

個人的日経投資マインド

 

決算シーズンを過ぎ、ボラティリティを少しずつ縮めながらのレンジ相場が続いています。どちらかというと下値を切り上げている形ですが高値圏の中で上値が重いです。最大要因の為替がさらに円高へ向かうのかドル112~113円程度で止まるか見極めの段階です。先週末よりは株価水準が下がり、米国株比では割安になってますがEPS低下があり、スタンスは中立のままとします。

 


相場全体の上昇要因は日銀ETF買い、米国株の強さ、下落要因は円高進行、欧州選挙、単発的なトランプ動向といったところでしょうか。目先の米利上げ確率は低くしばらくは膠着状態と思われますが、米国新政策が一旦出尽くし、欧州イベントと重なる頃に波乱が来てもおかしくはなく、引き続き中立を継続です。

 


短期: 中立 / 中長期: 中立

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は4号物件の近況について書きます。引渡しから半月余り経ちましたが、まだまだステータスは入居募集中のままです。
 
 
2月に入ると賃貸募集繁忙期に入りますが、同時に怒涛のように新築~築浅アパートの賃貸募集案件も出てきました。4号物件のあるこの地域だとアパートでもワンルームより駐車場付きのファミリータイプが主流なので、ある程度戸建とも競合してしまいます。
 
 
同じような状況は他のブログでもよく見かけますが、昨今賃貸物件がかなり供給過剰になってきている影響でしょうね~。これから賃料やフリーレント、キックバックなど募集条件を周辺状況を伺いながら少しずつ調整していこうと思っています。
 
 
----------
 
ここからは余談です。一般的に賃料は景気・金融事情が変わって不動産価格が下落しても下方硬直性があると言われ、生活保護の住宅扶助などが下支えしている要素もありますが、需給バランスが大きく崩れてしまうとその限りではないかもしれません。
 
 
下の画像は最小限の情報以外マスクしていますが、需給バランスが大きく崩れた地域の賃貸募集画面のスクリーンショットの一例です。
 
 
 
 
単身用物件とはいえ築年もさほど古くなく、桁を割ってもはや電気代に近い水準です。条件設定は色々ありますが、近隣エリアではこの物件だけでなくでは同じような賃料の物件も出ています。極端なケースかもしれませんが、今後進み行く二極化の一端を暗示しているようにも思えます。
 
 
賃料が下落する要因として金融緩和や相続増税に伴う賃貸物件の急増、長期的な国内人口減少&人口分布の偏在化などがありますが、ひとたび借り手と貸し手の均衡が崩れていけば家賃の常識が大きく変わっていくことを視野に入れる必要があるかもしれません。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。