趣味でやる投資 (株式/不動産/etc.)

株式、不動産を中心とした投資、パソコンやスマートフォン、車、クレジットカード、資格、その他自分の興味のある話題を自身の頭の中の整理も兼ねて投稿していきたいと思います。直近の株収支結果はブログトップのメッセージボードに記載し、日々更新しています。


テーマ:

 

今週の総括

 

今週はSQ週で、北朝鮮のグアム攻撃示唆と米国の応酬で地政学的リスクも取りだたされ、長らく2万円の攻防だった日経は大きく下落しました。ただ閑散相場なのもあり、株価変動の割に売買金額は少なめです。

 

 

ダウは21,800ポイント、NASDAQは6,200ポイントとそこまで大きくないですがドルは109円、日経先物19,400円と大きく下げています。ドル110円割れはインパクトがあり、ラインを割ったあたりから日経の下げが加速したように思います。

 

 

投資部門別売買動向では海外投資家・個人ともに売りでした。日経EPSは1,410円台まで上げ、直近の株価下落でPERは14を割っています。リスクオフの展開から空売り比率・VIX指数・金価格は上げています。

 

 

日銀のETF臨時買いは今週3回となっており、強い買い支えが入っています。日経先物は木曜夜~祝日の間にさらに暴落し、19,400円前後と大きく下落して引けており、週明けは大幅なGDスタートになりそうです。

 


----------

 

主要指標

 

投資部門別売買動向: 海外投資家・個人は売り越し、法人は買い越し

 

現物裁定買い残金額: 1.5兆円台で→

 

空売り比率: 39~42%で↑

 

VIX指数: 15台へ↑↑

 

原油価格(WTI): 48ドル台へ↓

 

金価格: 1,280ドル台へ↑↑

 

日経EPS: 1,410円台へ↑

 

国債10年物利回り: 0.06%程度で→

 

米国債10年物利回り: 2.1%台後半へ↓

 

日銀ETF買い(臨時): 2,199億円 (3回)

 

 

----------

 

週間/月間収支

 

今週は一部保有銘柄の決算が好調で日経の下げに逆行して5週連続の週間プラス収支になり、メイン口座評価額は高値更新しました。今週は幸いにもあまりマイナスを食らいませんでしたが、さすがに来週以降は厳しくなりそうです。

 


今週は日本株はノートレードでしたが米国株を取引しました。ドル110円割れの円高傾向ですし、最近株価が低迷しているXOMをNISA枠で買い増しました。ここから相場全体が落ちるようならVYMなどETF系も買っていきたいと思います。

 

 

 

 

株式週間収支(前週末比) +165,125 (+0.6%)
株式月間収支(前月末比) +461,153 (+1.7%)

 

 

----------

 

個人的日経投資マインド

 

今週は4月以降久々の短期投資チャンスが来たと思うので、それについて書きたいと思います。相場の歪みを狙った短期取引ですし、売買対象も個別よりETFに絞っていきます。

 

 

今回の下落の理由として挙げられるのは北朝鮮リスクとSQ思惑とその余波くらいでしょうか。前者ついては核戦争になって大都市にミサイルが落ちるようなことになれば大惨事ですが、「不安」の段階で大きく下落するようであれば買い向かうつもりです。後者は短期的な株価変動の要因にしかなりません。

 

 

どのタイミングで買うかですが、


・「ファーストストライク」から1週間以上経過

・恐怖指数が一旦ピークアウトしそう

・前取引日もしくは当日始値から大きく下落した瞬間

 

 

上の2つは心理的な問題ですが、過去の中規模以上の波乱を見ていると大体1番底をつけるのに1~2週間を要しています。恐怖指数が高値/上昇傾向の時は上値が重く下値を掘るリスクも高いです。3つ目は急に歪みが大きくなった瞬間という意味でチャンスになります。

 

 

上記の時点で最初の買いを入れ、上下に応じてポジションコントロールを行っていくつもりです。

 

 

PERは日経19,400円だと13.7程度になり、この時点でも収益性からは結構な割安水準です。PBRの面から見ても1.2~1.3程度であり、過去の推移から見てどちらかと言えば割安サイドです。

 

 

一方株価と5日線が75日線をデッドクロスしたりとチャートが崩れつつあり、信用買い評価損益率も-6%程度で、まだまだ下げの初動段階とも取れます。

 

 

結局は総合的な判断になるので大きく落ちて行けば週明けすぐに打診買いを入れるかもしれませんし、すぐに戻してしまうようなら買わないかもしれませんし何とも言えません。

 

 

下値目途としてはPER 13倍水準が大体18,300円、今年4月の安値もこの付近だったので余程のことが起こらなければかなり突っ込んでもこの辺りまでだろうと思っています。2013年のバーナンキショックや2015年のチャイナショックの時と比べるとそこまで買いが溜まっている状況でもないですし・・。

 


短期: 買い / 中長期: 中立

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

購入後、簡易リフォームしかしていなかった4号戸建物件ですが、案の定表題のトラブルが発生してしまいました。


今年4月から入っている入居者から、先月突然水道料金が跳ね上がった(普段4千円のところ2万円になっている)ので問い合わせがありました。状況を聞いてみると蛇口が全て閉まった状態でも水道メーターが動いているそうなので、給水管からの水漏れが疑われました。


早速この件についてリフォーム時と同じ業者に相談し、現地調査を行ってもらいました。その結果今回の水漏れ箇所はキッチン下でしたが、それ以外の箇所も配管にヒビが入っているレベルで危険なので、部分補修より一通り交換してしまう方が後々安全と考えられました。
 

 

----------

 

状況写真です。

 

 

 

 

水漏れの量はかなり多かったようで、水漏れしたパイプ周辺の庭下にはかなりの水が貯留してしまっています。

 

 

 

 

最も手軽でコストがかからない方法として既存の給水管はそのまま残し、家の外に塩ビ管のバイパスを引いてそちらに給水の流れを繋ぎ変える方法を選択しました。見て呉れは写真のような感じになっています。


玄関先より上流、道路までの区間はコンクリートの斫りが必要だったので保留にしていましたが、これでひとまず水が止まったのでよしとしました。次に水漏れが起こったら今度こそここをやらないといけないわけですが・・・。


----------

作業時間は半日、修繕費用は9万円でした。起こってしまうとかなり重いトラブルの一つですが、被害は何とか少なめに食い止められたと思います。終了後、業者を経由して入居者にお詫びのお菓子を渡しておきました。


水漏れ時の水道料金減免について地元の水道局に問い合わせてみたところ、2ヵ月間程度を限度として水道局側が見積もった「平常時の料金」との差額を返金してもらえることになりました。多くの自治体水道局でこういう場合の対応は決まっているのでまず聞いてみるのが重要ですね。


今回は購入後約半年なのでかなり運が悪いケースですが、パイプトラブルは築30年以上の未修繕築古物件となると必然的に抱える爆弾の一つですので、ある程度長い期間保有するつもりなら5号物件のように購入価格にしっかり織り込んで修繕してしまうのも後々楽でだと思いました。


なお火災保険は本当に最低限のオプションしか入っていなかったため残念ながら今回適用はならず、単純に修繕費として経費化処理することになります。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今週の総括

 

今週も日経は週半ばに上げたものの行って来いの状態でトレンド感が乏しい結果でしたが、マザーズ銘柄をはじめ小型株はちょっとした波乱がありました。特に値動き的に今まで元気のあった銘柄に調整が入ったような印象です。

 

 

米雇用統計がコンセンサス超えの結果でドル・米国株ともに好調で日経も盛り返しそうな予感です。米国ダウ指数はついに22,000ポイントの大台を超え、天井知らずになっています(とはいえ短・中期的にいつかは天井を迎えるはずですが)。

 

 

ドル安が進行し一時109円台もつけましたが、さすがに110円から先はかなり底固くなっています。米雇用統計発表後は111円付近まで反発しました。日米金利差のレンジ自体は殆ど変わっていません。

 

 

投資部門別売買動向では海外投資家売りの個人買いで今までと変化が見られました。決算を一部通過しましたが日経EPSをはじめ、裁定買い残高、空売り比率、コモディティ価格など目だった変化はありません。

 

 

日銀のETF臨時買いは今週も2回で、1回あたりの額が増えて以前の水準に戻っています。日経は週終値ベースで20,000円を割れましたが雇用統計後の円安ドル高で再度大台を超えており、週明けはGUスタートが予想されます。

 


----------

 

主要指標

 

投資部門別売買動向: 海外投資家は売り越し、個人・法人は買い越し

 

現物裁定買い残金額: 1.5兆円台で→

 

空売り比率: 39~40%で→

 

VIX指数: 10台で→

 

原油価格(WTI): 49ドル台で→

 

金価格: 1,250ドル台へ↓

 

日経EPS: 1,390円台で→

 

国債10年物利回り: 0.07%程度で→

 

米国債10年物利回り: 2.2%台後半で→

 

日銀ETF買い(臨時): 1,466億円 (2回)

 

 

----------

 

週間/月間収支

 

日経は横ばいですが持ち株は一部小型株や商社株を中心に元気に推移しており、メイン口座評価額は少しですが最高値を更新して4週連続の週間プラスになりました。

 


今週の取引は特にありませんでした。合併後に発生したコカコーラBJの端株をここから大きく上げるならそろそろ利確しようかとも思います。あとは他に決算で大きく動いた銘柄を引き続き注目します。

 

 

ドル安のため米国株の低位銘柄を指値したりしましたが、何も収穫なしでした。4月以降、そろそろNISA枠の消化時期だと思うので引き続きトライしたいと思います。

 

 

 

 

株式週間収支(前週末比) +262,133 (+1.0%)
株式月間収支(前月末比) +296,028 (+1.1%)

 

 

----------

 

個人的日経投資マインド

 

日経平均の超狭レンジ相場は変わりなく、為替レンジも変化ありません。決算シーズン真っ只中の現時点でのEPSは大きい変化はないもののわずかに上げており、今後に期待は持てます。もうしばらくは様子見で上値・下値ともに限定的になりそうで、中立を継続します。

 

 

米利上げ後未だに調整もなく、来月24日にドイツ選挙があったり、地政学リスクだったり不安要素がないわけではありませんが、世界的な株価上昇は続きます。米国株、中国株は高値を更新しつつあり、欧州株も反発しているので日本株としては割安性は増してきています。長期は引き続き中立で考えます。

 


短期: 中立 / 中長期: 中立

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。