趣味でやる投資 (株式/不動産/etc.)

株式、不動産を中心とした投資、パソコンやスマートフォン、車、クレジットカード、資格、その他自分の興味のある話題を自身の頭の中の整理も兼ねて投稿していきたいと思います。直近の株収支結果はブログトップのメッセージボードに記載し、日々更新しています。

 株式収支(2017/04/24~2017/04/28)

2017/04/24 +191,369  仏選挙後まさかの日経暴騰、日経ETFを40口売り
2017/04/25 +160,153  リスクオン続き日経続騰、日経ETFを50口売り
2017/04/26 +114,459  米国株高・円安で日経反発持続、日経ETFを20口売り
2017/04/27 +66,123  日経伸び悩み資金が小型株へ、ノートレード
2017/04/28 -58,891  日経反落し小型も下落傾向、ノートレード


テーマ:

5号物件(築古戸建)の近況ですが、最近になりようやくフルリフォームが完了しこれから賃貸募集にかけようとしているところです。既に繁忙期を超えてしまっているため、ここが正念場だと思っています。

 

 

内装部分では水回りを中心にリフォームしましたので、どんな感じで変貌をとげたかBefore & After形式で写真をお見せしたいと思います。

 

 

キッチン

 

 

 

バス

 

 →  → 

 

 

トイレ

 

 →  → 

 

 

洗面

 

 → 

 

 

こんな風な感じになりました、リフォーム前が凄惨たる状況でしたので、大分変貌したんではないかと思います。他の部分はそこまで変わっていないかもしれませんが、機会があればまた載せようと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今週の総括

 

今週は先週のSQ日をボトムとして、反発を試す週となりました。特に日経・大型株より先に小型株が反発に動いたのは今までとは違ったパターンでした。3月の権利落ちで大きく下落した分がようやく回復したきたとも考えられます。

 

 

北朝鮮関係は口先の威嚇はあったものの先週以降目立った動きはありませんでしたが、核実験の準備を進めているという情報もあります。仏大統領選の第1回の投票が始まり、開票後に2候補に絞られるためその内容によって大きな市場の波乱の可能性もあります。

 


売買動向では下落傾向の中、海外投資家が買い越し継続していました。原油がガソリン在庫増加を受けて大幅下落し、VIX・貴金属は依然としてやや高水準です。株価が回復基調だったためか日銀のETF買いは1回のみでした。

 

 

週末の米国市場終了後の日経先物の水準からは、週明けは若干のGDスタートが予想されます。

 


----------

 

主要指標

 

投資主体売買動向: 個人は売り越し、海外投資家・法人は買い越し

 

裁定買い残金額: 1.5兆円台へ↓

 

空売り比率: 40~42%で→

 

VIX指数: 14台へ↓

 

原油価格(WTI): 49ドル台で↓↓

 

金価格: 1,280ドル台で→

 

日経EPS: 1,180円台へ↓

 

国債10年物利回り: 0.01%程度で→

 

米国債10年物利回り: 2.2%台で→

 

日銀ETF買い(臨時): 725億円 (1回)

 

 

----------

 

週間/月間収支

 

前述のとおり今週は小型株が大きく反発し、3月下旬以降沈んでいた評価額は大きく戻し、全取引日がプラス収支になりました。年間収支・月間収支ともようやくプラスに戻り、ピークからは半値戻しといったところでしょうか。

 

 

取引としては、日経ETF、個別株を多少利確した程度です。引き続き値動きに合わせてポジションコントロールし、下がり過ぎた銘柄や出遅れ株も狙っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

株式週間収支(前週末比) +781,529 (+3.3%)
株式月間収支(前月末比) +40,247 (+0.2%)

 

 

----------

 

個人的日経投資マインド

 

地政学的リスクや仏選挙に加え、5月中旬にかけて米国、続いて国内の企業決算が控えます。しばらくの間は市場に様子見ムードが強まりそうですが、大きなパニックが来れば逆に買い場になるかもしれません。外国株水準が若干下がっているのが気になるところです。「下がれば買い」、「上がれば売り」の要素はありますが、後者の方がやや強い印象なので消極的売りとします。

 


トレンド転換後の反発ですが、まずは日経で18,800円、ドル円で111円あたりのラインを超えられるかだと思います。特に下落トレンドのきつい為替の動きが鍵でしょう。利上げの影響や後に控えるリスク要因なども考慮し、様子見に近いですが消極的売りを継続します。

 


短期: 消極的売り / 中長期: 消極的売り

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年に入ってから、証券口座の開設にマイナンバーが必須となっています。この根拠は所得税法で証券会社が支払調書・取引報告書にマイナンバーを記載して税務署に申告するすることが義務付けられているからです。

 

 

実は個人に証券会社に対するマイナンバーの告知義務があるわけではありませんが、申告義務のある証券会社側が業界ルールとして口座開設の必須条件としているということです。

 

 

----------

 

既に開設している口座の場合は3年間の登録猶予がありますが、NISAを活用している場合は一足先にタイムリミットが来ます。NISAの第一期間は2014年から2017年一杯で終わるため、第二期間となる2018年以降もNISAを使用する場合はこの時点でマイナンバーを要求されることになります。

 

 

NISA口座を使用している場合、各証券会社ともに2017年9月末までにマイナンバーを登録しないと2018年以降NISA口座の再開設をしないといけなくなるようです(もちろん再開設にはマイナンバー登録が必須です)。

 

 

----------

 

私の場合NISA口座は楽天証券に開設していますが、登録はスマホ経由と郵送のいずれかを選択でき、前者の方法で行いました。手順は以下です。

 

 

(1) スマホとマイナンバー通知カードを用意する

 

(2) スマホに楽天証券のアプリをインストール(アプリの入手先はネット等にあるQRコードから飛べます)

 

(3) アプリを起動し、マイナンバー登録画面に入る

 

(4) 撮影モードに入るので、マイナンバー通知カードを撮影する

 

(5) 撮影が成功すると番号が表示され、それを登録する

 

 

以上で終わりで作業自体は難しくはありませんでした。完了すると登録メールアドレスに自動メールが送られてきます。

 

 

----------

 

なお今年9月までにマイナンバーを申告しなかったとしても、既にNISAで持っている証券に対する5年間の非課税の扱いは変わりませんし、2017年中のNISA取引は可能です。ただNISAを来年以降も継続使用したい人は、マイナンバー登録をしておいたほうがスムーズでしょう。

 

 

また証券口座自体に関しては、3年間の猶予が終わる2018年末までにマイナンバーの登録が義務付けられています。もしそれまでに登録しなかった場合の対応については未定のようですが、今後の各証券会社の動きに注目したいと思います。現物株売り以外の新規取引停止くらいはしてくるかもしれません。

 

 

今後は不動産登記情報とマイナンバーの連携や、2021年までに金融機関へのマイナンバー登録義務化を目指している動きもあります。そうなると名寄せ機能で簡単に個人資産が把握でき、資産課税制度へ準備は着々と進んでいるように思えるので法人の活用がますます重要になってくるでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。