cyber angelo

フィギュアスケート・高橋大輔。
趣味や仕事のイラスト、好きなもの。
イラスト禁無断転載。


テーマ:
 「ポムレー路地」(Passage Pommeraye)とは?

 私の好きな作家、アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ
の短編小説です。名前長い。

 気まぐれなものでマンディアルグを読破してる訳では無いの
ですが、この短編は非常に好きで、これは短編集「黒い美術館」
に収録されています。
 マンディアルグに行き着いたのは澁澤からかなあ?
 何か色々ルートがあるんですけども、後から知ったら大体ど
こかで繋がってて「うわあ、業が深いw」と思わざるを得ません。

ポムレー路地


 先日、金子国義さんの特集号を買った時に湯山光俊さんの文章
の中に、ある時、記者が「マンディアルグについてどう思われま
すか?」と金子さんに聞いた時、金子さんはこの「ポムレー路地」
の情景を見ているかの様に語り始めた、と言うのがあって、ちょ
っとばかり「ヤッタ!!」(何がヤッタ!!のかわからないけど)
なんて気分になりました。やっぱりそうよね、あれ、良いよね、
みたいな。
訳者の生田耕作さんが「マンディアルグの文章は“読む”よりも、む
しろ“見る”性格のもの、文字で書かれた「絵画」もしくは「戯曲」
として受け取るのが正しい様に思われる」と言ってらして、確かに
心理描写的なものはほとんどなくて、ただひたすら畳み掛ける様に
視覚的描写を積み上げて現実とも幻想ともつかない世界を創り上げ
て行く様は、正しく「魔術的写実主義」と呼ばれるに相応しいもの
です。

ポムレー路地


 で、何をグダグダ書いてるかと言うと、実はこの「ポムレー路地」
と言うのが実在するのをつい最近になって初めて知った、ってのが
言いたかったんですね、知らなかったと言うか、むしろそんな事は考
えた事も無かった。

 あっ、ホントにあるんだ、マジで?へえええええ!!!

 と、検索して見たら、写真が沢山ありました、本当にあるんですね、

ポムレー路地


ポムレー路地


写真で見てみますと「あ、これがあそこの文章に出て来たアレね!」
なものがちょこちょこ見受けられます。
 しかし、何だかやはり「ポムレー路地」はマンディアルグの文章に
閉じ込められた架空の路地で、普通に現代の人が歩いてたりしてもピ
ンとは来ません。
 私の「ポムレー路地」とは、この物語の冒頭に掲げられているブル
トンの「悪名高い路地のうちには、ご承知の如く得体の知れぬ獣が悠
然と眠り込んでいる場合が多い」と言う言葉通りの、迷い込んだら
出られそうにない怪奇と幻想の異次元の路地である様です。

ポムレー路地



いつも来て下さるかた、ポチして下さる方、コメント下さる方
ありがとうございます。

■幸せの架橋 in 岡山 ~犬のレスキュー活動~では、保護犬の里親募集中です!
詳しくは上記リンク先ブログへ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
同じテーマ 「書籍」 の記事

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇