いわき市民のブログ I am An Iwaki Citizen.

「真実を知らない者は愚か者でしかない。
だが、真実を知っているにもかかわらず、それを嘘という奴、
そういう奴は犯罪者だ」

ベルトルト・ビレヒト: ガリレイの生涯、第13幕


テーマ:
福島共同診療所報告会
http://togetter.com/li/481810?page=1

まとめ

2013年3月10日、福島共同診療所の報告会に参加した。この時の見聞をすこしず忘備録をかねて呟いてゆくが、甲状腺の状態について実際に診療した医師からの発言を重要と思われるのでここでおおまかに書いておく。元国立がんサンター放射線診療医科長の松江寛人氏、杉井吉彦氏の発言。―
1876to1945 2013-03-13 15:44:22

-福島診療所は、2011年8月の広島平和式典で、福島の市民と向陽第一診療所の医師が出会ったからことから始まっている。医師はこう言ったそうだ。「これから福島も広島と同じように国との長い戦いになるでしょう。国は病態を隠そうとするはずです。病態をちゃんと残してゆかないといけません」-
1876to1945 2013-03-22 11:54:17

-福島の市民は医師に、市民カンパによる正当な医療からの被曝診療を目的とした診療所の建設への協力を打診した。医師は快く応じた。中核派と共産党は主導権争いをほぼ修復不可能なレベルまでこじらせ、現在に至っている。-
1876to1945 2013-03-22 12:13:10

-被曝から逃れる、ただこの目的が一つ同じようにしてあるのだが、その関係性がふとしたおりに露出する。隣の伊豆の一行がそうした外部からすると不可解な対立にぶつかる前に協調が図られればいいのだが。自分は言葉にしなかったが彼等の前途を案じた。と、会場に建設委員の方が入ってきた-
1876to1945 2013-03-22 12:17:41

福島行-司会に促されて皆の前に一人の女性が出てきた。福島市で有機、自然農法を長年やってきた女性だった。彼女の農法は農薬も使わず、土を耕すこともしないという独特のもので、震災以前には多くの研修の者が彼女の元を訪れていた。文科省の役人との折衝で汚染された土を差し出した女性だった-
1876to1945 2013-03-23 10:43:06

-彼女の環境への意識は3.11以前からのもので、震災の前の段階で彼女は東京に居る知人にもし原発で事故があった場合、彼女のこども預かったもらう手筈を整えていた。その手筈の通り、彼女はごく早い段階でこどもを東京に逃していたことを聞いていた。その彼女が話し始めた。―
1876to1945 2013-03-23 10:45:24

-建設計画から一年で福島共同診療所が立ち上がったことからはじめて、彼女は建設までの経緯を語り始めた。「まず子供を逃さなきゃいけない、そう私も思って疎開活動に関わってきました。で、戦中の疎開のことを調べたんです。縁故のあるこどもは縁故を頼って、ない子は先生が引率して疎開した-」-
1876to1945 2013-03-23 10:49:31

-「でも、あまりにも小さくて親から離せないこどもが一割いたんです。その一割は結局、空襲で命を落としたということがあったんですね。私としてはその一割ももらさない、どう救うか、病気にさせないことが必要だと思ったんです。今、現実として福島から逃げた子供は一割いるかいないかです-
1876to1945 2013-03-23 10:55:55

-診療所建設のことを疎開に携わられているお医者さんに話したら、「こどもを逃がすのが第一でしょ、なんでこどもを逃がさないんだよ」熱い気持ちをもった言われたのが最初でした。でも、現実として避難しているのは一割程度なんです、残っているこどもが病気を作ってから治療するわけではない-
1876to1945 2013-03-23 11:01:04

-病気にさせないための診療所が必要だと思ったんです。私はもともと医者嫌いです。お産の時でさえ行ってないんです。この診療所建設の話があった時にだから言ったんです。「普通の病院はいりません、」言いました。建設委員であることにバッシングを受けました。仲間からされるのは一番つらい。―
1876to1945 2013-03-23 11:05:01

-健康調査はまだまだ実施をまっている段階です。いわきにはヨウ素がいったはずで知り合いの医者では癌が最終的に50人いくのではという声もあります。」女性はこの会合の前に行った講演で500人の参加者から22万のカンパを頂いた事、週刊金曜日がフラットな視点で取り上げていることを言った-
1876to1945 2013-03-23 11:10:53

福島行-続いて、福島共同診療所事務局長の男性が皆の前に出てきた。会場の60人掛けの椅子は満席で、みな前へ出るように言われた。会場の後ろに立ち見の人間があふれていたのだった。男性は語り始めた。「3.11で、放射能が大量にばらまかれた状況で子供たちは情報をもらえなかったんですね」-
1876to1945 2013-03-24 11:37:47

-皆さんご存じの山下さんはじめ安全を説いたんですが、飯舘村浪江町のこどもたちは高線量のなかで暮らし、水を汲みに表に並んでいました。ヨウ素を大量に吸い込んだはずなんです。そんな中でこどもを何とかして守りたいと動き始めたんです。-
1876to1945 2013-03-24 11:42:57

一昨年の10月、全ての原発いますぐなくそう全国評議会の結成集会に広島の向陽病院の吉田さんをお招きして提言をいただいたんです。その提言で吉田さんは「福島の人は戦わないと行政は動かない、被曝手帳のようなものを書きとめてゆくこと、診療所をつくること」を言われたんです-
1876to1945 2013-03-24 11:47:42

-大変な提言を頂いたな、と思ったんですが、その集会のメンバーがそっくり建設委員会に入り、呼びかけにおうじて全国の医師が応じてくださいました。今起きていることは、甲状腺問題です。3人の癌が出て、7人が疑いである。しかし2月の時点でも白河、会津地方はまだ調査されていないんですね-
1876to1945 2013-03-24 11:51:06

-それなのにもかかわらず福島県立医大は放射能の影響はない、因果関係は認められない、と言うんです。甲状腺のエコー調査はもうしなくってもいいと言うんです。でたらめな情報を出した揚句に新たな癌が見つかるのを恐れてもうやらないってことを言っているわけで、これはもうちょっと耐えられない。―
1876to1945 2013-03-24 11:55:14

-そんな意味でも診療所を作ってよかったと思います。一昨年の呼びかけから丸々一年でさっき教えてもらったんですが、全国から約4988万円の支援をいただきました。今、診療所の甲状腺エコー検査は五月先まで予約がいっぱいで、これはどれだけ医大が信用ならないか、不安かということだと思います-
1876to1945 2013-03-24 12:02:28

--で、山下さんもいたたまれなくなって、この春で長崎に帰るんですね。この2年間でやってきたことがまったくの嘘でたらめだったことが分かったしまったんです。そんなところでも少しは貢献できたかなと思います。昨年、IAEAが郡山に来て国際会議を開きました。-
1876to1945 2013-03-24 12:11:11

-世界153カ国から人が来て、国際的な推進機関が三春と南相馬に常駐して福島のこどもの健康状態のデータを直接とることになりました。そんな中で福島の人間が生きてゆくためには自分たちがお互いにこっそり自分の体を守ってゆくことが必要なんだと思います。全国の医療団体と連携をとりながら。」―
1876to1945 2013-03-24 12:16:43

-「こっそりと」。何気なく差し挟まれた言葉に、福島のおかれた状況の困難さを重く感じた。朴訥として郷の言葉で話すこの男性の娘さんが県民健康調査でa2判定であったことを自分は昨年の閉じられた場所での会食で聞いていた。-
1876to1945 2013-03-24 12:23:19

福島行-男性は当初この診療所を600坪の近隣の土地に建てようとしていたことを明かした。大通りに面し、福島市の市街化調整地域に当たるため医療施設建設の許可が下りずらいこと、状況の悪化をみて現在の40坪の土地ではじめたことを語った。-
1876to1945 2013-03-25 12:52:53

-男性は、加えて東洋医学をふくめた予防医学の勉強の場として、そして福島で生きることで生じるストレスを吐き出す場所としてもホールの建設を念頭に置いていることを語った。それは診療所の第二期、として考えていることを語った。そうして男性の話が終わると、院長の松江寛人医師が呼ばれた―
1876to1945 2013-03-25 12:54:36

福島行-福島共同診療所建設委員事務局長の男性の話が終わると、ひとりの小柄な初老の男性が前に出てきた。マスクをしていた。診療所長の松江寛人医師だった。元国立癌センター放射線診断部医長のこの医師は昭和11年生まれで、癌センターに38年勤務し、定年後銀座に癌相談センターを開設していた-
1876to1945 2013-03-30 10:41:48

-福島診療所のよびかけに応じ、甲状腺検査を担っている。彼の診察に予約が殺到し、五月末まで待ちがでている。松江氏はまず宇都宮の大気の黄砂の話をし、花粉にどれだけ放射能があるかと話し始めた。福島駅に着いたときから鼻血が出たといい、マスクを外してからティッシュを丸めて右孔につめた。―
1876to1945 2013-03-30 10:49:39

-その様子に失笑があちこちから漏れる中「開設してまだ三カ月ではそれほどの報告はできませんが」と前置きして語り始めた。「まずびっくりしたのは医療に対する不信感がものすごいことです。福島県内では一般の疾患はまあふつうにみてくれるんですが、放射能に対する不安、検査はみてくれない。」-
1876to1945 2013-03-30 10:53:22

-子供が風邪をひきやすくなった、下痢しやすくなった、鼻血がでるようになった、そういうことに対して放射線の影響はない、心配しなくていいよ、と繰り返されるんですね。これでは不安は解決しない。私はこれは絶対に山下が悪い、と思うんです。」山下俊一氏の名を出して言うのだった。―
1876to1945 2013-03-30 10:55:52

-「彼は放射線による障害が無い、ということを放射線科の専門医を長崎でやってましたから、それを言うために駆り出されたんです。しかし、あれだけ堂々と絶対に放射線障害はないと断定するのはほかの医者なら言えない。彼以外には言えない。放射能はこわいよ、でも全員に障害がでるわけじゃない」-
1876to1945 2013-03-30 11:00:14

-それくらいのことしか言えないはずなんです。それで彼はこの春に長崎に戻るんですが、私が思うに彼は、身の危険を感じたんだと思います。彼は抑え込むために来たわけだけど、彼の言っていることがとんでもないよという力、うねりが、彼がいることでとんでもないことになった。-
1876to1945 2013-03-30 11:04:03

-ここらで引き揚げないと大変なことになる、そう感じたと思うんです。」それから診療所の報告に移っていった。「三か月の段階で80%がこどもの甲状腺の検査です。まず子供なんですが、福島のこどもは外で遊べないんですね。それで診療所にはまあちょっとした広さがありますから運動会のようになる-
1876to1945 2013-03-30 11:08:03

-傍目には小児科の診療所かと思われるかもしれませんが当面は仕方ない。最小は週に一度来てたんですが、今は週二。検査しました。トータルで3カ月で150人。ちょっと数字があげられないので恐縮ですが、9割以上が県の検査を受けてるんです。県の検査と言うのは結果をa.b.c.で分けます。-
1876to1945 2013-03-30 11:11:49

-さらにaをa1,a2で分けます。a1は異常なし、a2が”5ミリ以下の結節”かたまりですね、または”2センチ以下ののう胞だが、精密検査は必要としない”と言うんです。診療所の患者さんの半数はa2なんですが、ケッセツ、ノウホウと言われても分からないひとには何がなんだかわからない。―
1876to1945 2013-03-30 11:16:05

-そこでもっと詳しく知ろうとするんですが、県も逐一電話では応答できない。それで書類を出せ、と言うんです。検査内容の詳細を知りたい旨書類を出し、親子関係証明の戸籍謄本(ここでおどろきの声が若干があがった)、申請書だして認められたら、やっと送られてくる。でもそれも簡単な内容です。-
1876to1945 2013-03-30 11:21:52

-具体的な内容はないんです。超音波の写真コピーをもらうのがまた難しい、写真請求にも手続きがあって、それでも送られて来なかったとか、つまりどういう検査をしているのか分からない。a1は二年後に診るんですが、a2も異常があっても二年後。なぜこの二つを分けているのかが分からない。―
1876to1945 2013-03-30 11:25:51

-異常があっても精密検査の必要がない、と言われて県がしてくれない。それで親が心配して、この検査結果が通知され始めたおととしの三月以降、個人的に県内の医者にゆくと断れたというんですね。明らかに福島医大以外では検査しないでくれ、そうした内容をおそらく医師会を通じて回している。
1876to1945 2013-03-30 11:28:51

-検査ができない。それでますます心配になるんです。」松江医師の話は続いて行った。一連のことは知っていたものだが、あらためて聞いてみると、原発事故後の行政の対応ははっきりとした「悪」であることを思い起こした。思い起こす程度に、自分の中で3.11が距離をとりはじめていたことを感じた―
1876to1945 2013-03-30 11:37:03

福島行-会場の会議室は満ちた人間の体温と左手から差し込んでくる日の光、暖房の温風で蒸すような状態になっていた。自分は着こんでいた服を脱いで、トレーナー一枚になった。松江医師の話は佳境に入っていった。「今度は、福島医大の甲状腺検査そのものが信頼できるのかなんですが」-
1876to1945 2013-03-31 12:34:37

-「一つは非常に検査時間が短い。診療所に来る親でも、あんまり子供が小さくて県の検査の時に付き添って検査手順を実際に見た方が多くいるんですが、ある親御さんは”五秒で終わった”言うんですね。僕からしてもそれはちょっとないと思うんですが、だけど、そんな印象を残した、ということなんです―
1876to1945 2013-03-31 12:41:24

-多くの親御さんの発言からすると、だいたい1、2分。手順として(かたわらにあった紙を丸めて喉にあてる)こうして機械を当てて、1、2分で終わる。私なんかにはそんなことはありえない。1、2分じゃ写真を撮る時間なんてないですよ。写真なしでばーっと観て異常なしとしているのかもしれない。-
1876to1945 2013-03-31 12:46:56

-写真を撮る時間がまずない。写真がなければ請求してもそれは出てこないんです。検査内容が安心できない、それでいいですかね、となるんです。私たちがどうやってるかというと、15分くらい。私は何十年も超音波やってますが、どの臓器でも15分が基準なんです。私の、これは個人的なやり方ですよ-
1876to1945 2013-03-31 12:50:36

-「私の検査としては、とくに観ていって問題がなさそうなら15分よりすこし前に終わる。なにか詳しく見てゆく必要があれば15分をオーバーする。そんな感じなんです。それで観た結果なんですが、とんでもないことを発見しました。診療所に来る患者さんに5ミリ、1ミリ、1ミリ以下ののう胞がある-
1876to1945 2013-03-31 12:55:21

-「これはほんとに驚いたんですが、まず嚢胞が30%くらい出てくる。県の検査でも35%。お話した県の短い検査では1、2ミリのものはおそらく見逃してると思うんですが、我々と医大とののう胞の数は検査では違いがありませんでした。ところが違うところが出てきた。―
1876to1945 2013-03-31 13:00:00

-その30%の約半分に、細かな嚢胞がぼこぼこぼこぼこ、無数に散っているんです。私なんかは”ハチの巣”みたいだと言うんですが、こんなものは今まで聞いたことがなかった。しかしそれが最近ですよ、えーとあそこの、神戸。神戸のある診療所さんがやはり福島から避難してきた子供を検査しました。―
1876to1945 2013-03-31 13:03:25

-「その神戸のお医者さんもハチの巣の報告をしていて、”これは一体なんだ”と。甲状腺の中の半分がですよ。ヨウ素は半減期が八日ですが、甲状腺全体に散って、全体になんらかの変化が起きてもおかしくない。甲状腺の半分がハチの巣状になっている、これは放射線に関係あると考えるのが常識なんです-
1876to1945 2013-03-31 13:11:00

―松江氏は言った。それがなにを意味しているのか、松江氏、そして杉井氏もこの問題について同じ発言をされた。杉井医師の言葉を借りれば「ハチの巣状」になった甲状腺の問題。それは蓄積したヨウ素が甲状腺の構造を変えてしまっている可能性がある、というのだった。―
1876to1945 2013-03-13 15:56:31

-この報告は福島医大の検査では全く述べられていません。気づいていない。それはそもそも放射線は安全であるとさかんに言ってきて、関係ないよと、そういう前提で観てたら小さいのを見落とすのはごく当たり前のことで、1、2分それ以下の時間じゃ1ミリ以下のものなんかきちんと捉えられる訳がない-
1876to1945 2013-03-31 13:17:29

-”これは相当の子どもの中に変化があるな”と気付いた次第です。まだ三カ月の段階で観た数もまだまだ発表できるほどの数ではないんですが、半年たったらおそらく何百と出てくる、そうしたら世に問いたいと思っています。-
1876to1945 2013-03-31 13:21:31

-「母親には絶対そうであるとは言えませんが、何らかのことで関係してるはずだからと伝え、これから短期的に、丁寧に観てゆくということを考えています。」ここまであげた医師の言葉をほぼ、編集なく書いている。松江医師の話はもう少し続いた。―
1876to1945 2013-03-31 13:27:43

福島行-松江医師の話はつづいた。「よくチェルブイリのことを比較として語られるんですが、あれはたしか、1900、えと86年、でしたね。チェルノ’では癌が増えたのは四年後からだった、と言うんです。でも1986年。相当前ですよ。この時期日本には質の悪い超音波はあったんですが、」
1876to1945 2013-04-01 12:43:11

-「当時のチェルノ’に超音波なんてあるはずがない。今のような精密検査をしてたとは思えない。90年代から今のような機器がでてきたんで、彼らは触診で、触ってみて、あ、なにかあるなと気付いて検査したから、それで四年たっていてもおかしくない。もっと早い段階で変化はあり得るということです-
1876to1945 2013-04-01 12:48:27

-われわれとしては、放射線が何らかの健康障害を引き起こす、という観点でこれからきちっと、観てゆくつもりです。今は甲状腺がメインになっていますが、白血病、悪性癌に関係ないものにも対応してゆく。-
1876to1945 2013-04-01 12:52:09

-心臓病、心臓発作に関して、これは直接患者さんは来ていないんですが、うちの近所で高校生がつい最近心筋梗塞で死にました、という話を二回ほど聞きました。高校生が心筋梗塞で死ぬ、こんなことは普通は考えられない。放射能の影響と考えるのが医者として常識なんです。-
返信 RT お気に入り 1876to1945 2013-04-01 12:54:06

-さいわい、私以外にも、お医者さんがいます。そうした方々に対応してもらって、もろもろ相談をお受けしてゆく、そんなつもりです。長くなりました。ありがとうございました。」松江医師の話はここで終わった。「それでは五分休憩をいれます」司会の女性が言った。自分は席をたった。―
1876to1945 2013-04-01 12:56:27


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

いわき市民さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。