Boîte de la poupée

ドール中心のマイペースな色々日記


テーマ:

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

本日はジェニーフレンド、星澤奈々子さんのバースデーなりす(ΦωΦ)

 

と、言っても今回やっつケーキはナッシングw ( ਊдਊ) 

 

おにんぎゅおげきしませう。噛みすぎww

 

奈々子バースデー人形劇~。

 

 

 

 

ごゆっくりどうぞ♪

 

 

 

 

 

+。゚(*≧з≦)φ…HaPPy BirthDay

 

 

右差し57 Even if you read from the reverse左矢印

 

 

*thumbnail*

 

 

 

 

ヽ(oゝェ・o)ノ/゚・:*ネ兄*:・゚\(oゝェ・o)ノ

 

 

 

~divine spirit~

 

 

 

はっぴばーすでぃ~ななこ~。

 

 

 

 

じゃーじゃーじゃーじゃー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイフ 「タクマ!おつかれ~」

 

タクマ 「よぉ」

 

レイフ 「?? ( ゚д゚ ) 」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイフ 「ジョウロ持ってどうしたの!?水遊び?w」

 

タクマ 「・・・・ちげぇわボケw」

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「見ての通り葉っぱに水やってんだぜ・・・・俺、仕事の準備もあんのに御影の奴、ヒトをコキ使いやがって・・・」

 

レイフ 「手伝いたいけど、オレそろそろ行かないとなんだよね~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「これで終わりだぜ、ホースで水ぶちまけちまえばいいだろって言ったらアイツ怒ってたわw」

 

じゃーじゃーじゃーじゃー

 

レイフ 「プププ・・・そりゃそうだよwwそれにしても、タクマがジョウロ持って水ジョロジョロってなんか可愛いな!w」

 

タクマ 「・・・・うっせぇわw」

 

ジョウロだけにジョロジョr・・・(´☣౪☣)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽいっちょ。

 

タクマ 「ふっ、やっと終わったぜ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイフ 「そんなとこ捨てちゃって大丈夫なの?ww」

タクマ 「戻す場所までは知らねぇ~ぜ、後で自分で片すだろ・・wキレながら・・ww」

 

レイフ 「そういうもんなのか!w」

 

 

 

 

 

 

 

 

レイフ 「あ、ねねねねね♪」

 

タクマ 「・・・・なんだようぜぇ~なw」

レイフ 「今日奈々子ちゃんの誕生日だよね!?」

 

タクマ 「だな」

 

レイフ 「タクマは奈々子ちゃんに何かあげたの!?」

 

タクマ 「まぁな」

 

 

 

 

 

 

 

レイフ 「オレも用意したんだ!ちょっと持ってくる!」

タクマ 「・・・・?あぁ」

 

 

 

 

 

(3分後)

 

 

 

レイフ 「よいしょっよいしょっ」

 

タクマ 「・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「なんだよそのバカでけぇのは・・・w」

 

レイフ 「ぷれぜんつww」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レイフ 「オレ、自分でこれを奈々子ちゃんに渡したいとこなんだけど、もう行かないとならないんだよね~」

 

 

 

 

 

 

 

 

レイフ 「だからお願い!タクマ!コレ奈々子ちゃんに渡しておいてっお願い

タクマ 「こんなでけぇの運ぶのかよwwお前ってやつは御影に負けず劣らず人使いが荒ぇなDASH!

 

 

 

 

 

 

 

 

レイフ 「ごめん!!お願い!w」

 

タクマ 「仕方ね~なぁ・・・わかったよ、渡しておくぜ」

 

 

レイフ 「109!」

 

 

テンキュ~?(´☣౪☣)通訳wシブヤぢゃないヨ・・・・

 

 

 


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

 

 

~控え室7~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「・・・・・ふぅ・・・・」

奈々子 「(やばいなぁ。。。このまま行くと夏休みもベンキョウベンキョウだわ汗バイトのシフト、もう出来ちゃってるし、まずいね汗汗)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「(いっそのコト、学校を中退しちゃって、コンビニとモデルのみに・・・・)」

 

奈々子 「(イヤイヤそれはダメ、そんな事したら今まで払った学費が勿体ないもんね。。。。)」

 

奈々子 「(何時までも続く物でもないし、このままズルズル行っちゃってもイイかなぁ?)」

 

 

 

 

 

 

 

 

ズルズルズルズルズルズr・・・・・・

 

 

 

 

 

奈々子 「・・・?何の音?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「よぉ~、おつかれちゃん」

 

奈々子 「なんだ、アンタなの、おつかれさま」

 

タクマ 「なんだとはご挨拶だなw」

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「その大きな荷物はなんなの?仕事に使う物?」

 

タクマ 「お前さんこそ、そのクソ短けぇスカートはナンなんだよwwあっちからだとパンツ見えてんぜ?ww」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「な・・・・・見てんじゃないわよあせる

タクマ 「見たんぢゃなくて見えちゃったのよwwそれに見られて困るんなら、見えねぇようにしとけww」

 

奈々子 「・・・・・・・・汗ダウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「これなんだけどな、レイフからお前へのバースデープレゼントという奴だぜ」

 

奈々子 「へ?アタシに??」

 

タクマ 「あぁそうだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「こんな大きいの?中は何なのかな」

タクマ 「さぁ?時期的なものと見た目で巨大ロケット花火とかか?それとも、レイフらしく昨年から集めたセミの抜け殻数千個とか・・・・ww」

 

奈々子 「そんなの怖いしメラメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「ま、ソレは冗談だ、確かに渡したぜ、じゃあn・・・・・」

奈々子 「ちょっと・・・待って!・・・それ、あたしの代わりに開けてくれない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「え~、プレゼントなんだから自分で開けろよww俺が開けるとか、んなことしたらレイフが成仏できねぇぜ?w」

 

生きとるわっ(¯﹃¯*)

 

奈々子 「だって、あんたがさっき言った通りだったらやだもん、セミの殻とか・・・・」

 

タクマ 「・・・・・俺だってやなんだけどな・・・w」

 

奈々子 「・・・・お願い・・・汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「・・・・しょうがねぇな~・・・、わかったよダウン

 

タクマ 「リボンからだな」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「ほらよっ♪」

 

 

ペタっッ

奈々子 「!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「ななな・・・何すんのヨっっむかっ

タクマ 「リボンだから頭に着けてみただけだぜww」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「あたしにリボンが似合うわけないでしょっDASH!

タクマ 「まぁ確かに、お前には特攻服と鉢巻の方が似合いそうだなww」

 

奈々子 「・・・なんでよ・・・・むかっむかっ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「開けたぜ、ほらよ」

 

奈々子 「お人形~~??」

 

タクマ 「だな」

 

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「あたし、人形とかよくわかんないんだけど」

タクマ 「俺もよくわからんwでも、なんかお前さんにちょっと似てる気がしないでもない」

 

あんたら自分達がナニモノか分かってる?(´☣౪☣)フッ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「多分あいつも、コレ見てお前に似てると思って思わず買っちゃったんだと思うぜ?ww」

奈々子 「え~?似てないわよ、制服だからそう思うだけじゃない?あたしの髪はそんなに揃ってないわよパー

 

タクマ 「じゃ、人形の方をお前に合せてザンバラヘアにすりゃいいんじゃね?w」

 

奈々子 「・・・・ザンバラとか言わないでくれる、シャギーとかレイヤーと言ってよダウン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「あたし、子供の頃から人形にはあんまり興味なくて持った事ないのよ・・・・貰ってもどうしていいか分からないしあせる

 

タクマ 「ん~~、そりゃ人形と言えばだな・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「はぁ~~いラブラブあたしぃ~奈々子ちゃあぁんドキドキ見た目もコワいけど性格はもっとコワいのぉ~音譜音譜苦手な科目は「日本史」だっしいぃぃ~グッド!・・・・・・・ど~~だ、似てるだろ?www」

奈々子 「に・・・・似てないわよっっむかっむかっむかっ

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「そうかよww自信あったんだけどな~・・・・と、こんな風に腹話術みたいに近所のガキんちょが遊んでるのは見た事あるぜ?・・・・・お前もやってみろよww」

奈々子 「やらないわよっむかっ

 

タクマ 「ふっ、こんなことも出来ねぇようじゃこの先苦労すんぜww」

 

奈々子 「アタシは別に腹話術師になりたいワケじゃないから出来なくてもいいのよむかっむかっ

 

 

 

 

○+●+○+●+○+●+○+●

 

 

 

 

 

御影 「奈々子、そろそろメイク室へ行ってね」

 

 

奈々子 「あ、は~い」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御影 「・・・・・・タクマ、あんた人形なんか持って何してんのよ?水遣りサボってお人形ごっこしてんじゃないわよ」

タクマ 「うるせぇ~~よ、水遣りなんかとっくの昔に終わらせて今は将来の嫁をエスコートしてるとこだぜ、邪魔すんなよ(真顔)」

 

 

 

 

 

 

 

 

御影 「ぷ~~~wwあんた暑さで頭やられちゃったんじゃない?ww出発前に是非病院に行きなさいよ、ぷぷぷ」

タクマ 「お前こそ、コイツが人形に見えるなら眼科に行って来いよw」

 

御影 「ガチだわwところであんた、アタシのジョウロをどこへやったのよ?あれアンティークのブリキのいい奴なんだから失くさないで欲しいもんだわね」

 

タクマ 「仕事を終えたら、歩いてどっか行っちゃったぜ」

 

 

御影 「・・・なにそれ・・・ちゃんと探しておきなさいよねむかっ

 

 

 

 

 

○´艸`○´艸`○´艸`○´艸`○´艸`○

 

 

 

 

 

 

タクマ 「クソww散々バカにされたぜw俺が人形持ってたらそんなにおかしいかよw」

 

奈々子 「おかしくはないけどモンダイは発言でしょw、でも似合いもしないけどw」

 

タクマ 「・・・まぁ、似合うと言われるのもビミョウだけどもな・・w」

奈々子 「それじゃ、これから仕事だから取りあえずココに置いておくわ」

 

タクマ 「あぁ」

 

 

 

 

 

 

 

 

タクマ 「改めて誕生日おめでとさん♪俺からはケ~キなんかを自宅に送ったから後で喰えよw」

奈々子 「あ・・・、ありがとうあせる

 

 

 

 

 

。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★。+゚☆゚+。★

 

 

 

~奈々子部屋~

 

 

 

 

奈々子 「・・・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

奈々子 「・・・・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈々子 「あいつ・・・・このロウソクはなんなのよっダウン

 

多分・・・いや絶対「ななこ(75)」にかけてるダケなんすあ(´☣౪☣)フッ、ポムポムポムポムプリ~~~~ン♪

 

おにんぎょうさん、おパンツ見えてます。

 

タクマが見えちゃったのはコレと同じかに・・・・ww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バースデーケーキHppy Birthday Nanakoショートケーキ

 

 

 

 


★〓★〓★〓★〓★〓★〓★

 

 

 

 

奈々子、レイフ、タクマ、御影さん

 

 

おつかれさんでした~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乙女のトキメキIt is becoming more beautifulゆめみる宝石

 

 

 


happy*happy*happy*happy*happy*

 

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました♪

 

いつも、いいね!等々ありがとうございます^ↀᴥↀ^ 

 

それでは、また~((๑✧ꈊ✧๑))ノシ

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ichigoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。