Boîte de la poupée

ドール中心のマイペースな色々日記


テーマ:
 
 
 
こんにちは。
 
 
 
本日は、ちょいと遅れてのdivine spiritメンバ~達のバレンタインっす。
 
昨年のばれんたいんも同じような事言ってた気がするが、まぁいいか・・・ww
 
彼らはどんなバレンタインを過ごしたんでしょうね(´☣౪☣)フフ・・
 
今回は、前編・後編と分けさせて頂きましゅฅ(≚ᄌ≚)
 
 
 
ごゆっくりどうぞ♪
 
 
 
 
 
 
■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■
 
 
 
 
Valentine of blood?џ(ºДºџ)?
 
 
 
*thumbnail*
 
 
 
 
 
■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■゚Д゚■
 
 
 
 
 
Valentine in divine spirit
 
 
 
 
 
 
 
レイフ  「くぅううぅうぅぅぅ・・・今年のバレンタインは、なんだかパーティなノリだったな!オレ、胸焼けさえも楽しかったよww」
 
 
タクマ 「・・・・楽しいって言うのかアレwwお前いつからかそういうの好きだな、俺は胸糞だぜw」
 
 
(´☣౪☣)フッ・・・ナニガアッタw
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイフ 「うん!まだたまぁに鼻血三昧だけどww血のバレンタインだねww」
レイフ 「色素が薄い人ってなんか鼻血も出しやすいよね、なんでだろ?w」
 
タクマ 「血管細くて粘膜が弱いんじゃね?ww」
 
レイフ  「そうなのかなぁ~」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイフ 「タクマは、これからがあるから結局食べれなかったけど、お返しはちゃんとあげてね!?w」
 
タクマ 「あぁ、貰ってなくても返すのは得意だぜ・・・相手にもよるけどもww」
 
ダレにでもソレやってたら、ただのえぇカッコしぃ(死語)だもんな・・・ww(ꀄꀾꀄ)
 
タクマはお仕事で、どっか行くんでしょうかね(ꃪꄳꃪ)?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイフ 「オレ、これからもっと血管とか鍛えようっと♪」
 
タクマ 「・・・血管なんて鍛えようがねぇしww」
 
 
 
どうやらこれは、後日談らしいのでバレンタインに日を巻き戻してみませう(ꀂǒꀂ)ノ■シュルルルル・・・
 
 
 
 
 

(≧∪≦)ノ++++++++++++
 
 
 
 
~2/14 divine spirit~
 
 
 
 
 
ロベリア 「うえぇえぇ、また撮影時間に遅れちゃう~あせる
 
遅刻魔きゃ?(ฅ`ω´ฅ)ムムッ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ 「”よく学びそれ以上に遊べ”と言うでしょ」
 
言わねえぇぃよww(´☣౪☣)
 
ロベ 「今日はチョコを作ってたのよグッド!
 
なるほろ。
 
 
 
 
 
 
 
 
レイフ 「!」
 
 
 
レイフ 「ロベちゃんだ!タクマ!ロベちゃんがいる!ww」
 
タクマ 「お前、いちいちうっせぇわ・・・ww」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイフ 「あれ?でもこの時間って、ロベちゃんはもうスタジオ入りしてる筈じゃなかったかな、オレが撮影終わって、次はロベちゃんが入るとか御影さんが言ってたし!」
 
タクマ 「遅刻だろ・・・ww」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タクマ 「ロベ」
ロベ 「あ、タクさんにレイフさん」
 
タクマ 「お前さん、そんなのんびり歩いてる場合なのか、また遅刻か?w」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ 「そうよ遅刻よ、これから撮影なのに」
ロベ 「でもって最近遅れても何も言われないんだよね・・・・御影さんもミッツ(亀羅:改名)さんも全然怒らないから余計コワイ!!もしかしたら栗鼠虎フラグかも!?ガーン
 
タクマ 「あいつらの方が諦めて、お前が遅れて入る事を計算に入れるようになっただけだろ・・・・wwでも、あんまそんな事してちゃ駄目だぜ?特に御影は本来は時間にシビアだからな」
 
ロベ 「わかってるよお~ぉ・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイフ 「ロベちゃん♪」
レイフ 「ロベちゃん!今日はValentine's Dayだね!誰かにあげるのかな!」←猛アピールw
 
タクマ 「・・・・・・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ 「ああぁぁぁ」
 
ロベ 「ちょうどよかったワ♪」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ 「これ、タクさんとレイフさんにあげるやつだったんだわ」
ロベ 「それじゃ~ぁ、いっくよおおぉぉぉ?」
 
 
 
タクマ 「・・・・・・?」
 
レイフ 「・・・・・・・・!?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ  「ほいっっ音譜音譜
 
 
・・・・・(´☣౪☣)!?ww・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイフ 「!?w」
 
タクマ 「お前・・・あっぶね~だろww」
 
タクマ、しっかり避けますたw
ずっと前にみくに椅子を投げられた時の反射神経は健在っすw(´☣౪☣)クク・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイフ 「イテェぇ~~、カオが~カオがあぁ~~(┳Д┳)」
ロベ 「!?!?!?!?!?
 
タクマ 「・・・・・・・汗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ 「・・・・・・えええぇえっえぇぇえぇ!?」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ 「うああああぁぁぁん、あたしが作ったチョコがあぁぁっガーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タクマ 「・・・お前・・・w先にレイフの心配してやれよ・・・ww」
レイフ 「あ・・・・鼻血が・・・・w」
 
ロベ 「うぅぅ・・・・レイフさんごめんあせる
 
レイフ 「痛いけど大丈夫だよ・・・w」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タクマ 「箱が随分頑丈だなwこりゃ当たったらイテェ筈だわww(ヘラヘラ)」
レイフ 「くっ・・・・・wwソコ笑うとこじゃないしっw」
 
ロベ 「・・な・・中はどうなってる・・・?アワワワ(-Ⅱ-;)あせる
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タクマ 「見事なまでにBroken Heartになってるぜww」
 
ロベ 「・・・・くっっ・・・失恋してもいないのに、ブロ~クン・・・ダウン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ 「んもぉ~、頑張って作ったのに~、タクさんなんで受け止めてくれないのよ~~~バカバカバカビックリマーク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
タクマ 「んな、近距離から全力投球されたら思わず避けたくもなるぜw」
 
タクマ 「それに、その頑張って作ったもんをブン投げたお前自身は『バカバカバカ』じゃねぇのかw」
 
ロベ 「むぅ・・・w」
 
タクマ 「まぁそうカッカすんなよ、お前のチョコが無事でも真っ二つでも俺は別段気にも留めねぇぜw」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ 「それはそれで傷つくわ-`д´-」
 
タクマ 「勝手に悪い意味に取るなよww」
 
ロベ 「例えギリでも手作りだし、気持ちはこもってるんですからねぇ~~」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ロベ 「あたしはホントにもう行かないとっ」
 
タクマ 「そんな怒るなよww」
 
ロベ 「こんな世の中なんてっっ!パンチ!
レイフ 「ままま、待ってロベちゃん!ブロークンでもボロークンでも、義理チョコだろうが〇痢チョコだろうがちゃんと食べるし、タクマにも寝てる間にでも無理やり食べさせるから!あせる
 
タクマ 「・・・お前は俺を窒息させる気か・・・」
 
ロベ 「・・・・・・・・・」
 
レイフ 「ホワイトデ~は5倍返しするから!オレとタクマで合せて10倍!」
 
ロベ 「・・・・ホント?ラブラブ
 
タクマ 「・・・・・・・・・・」
 
 
 
なんて奴らだ・・・・w(。-∀-)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レイフ 「ん~~、効いたな~~w」
 
タクマ 「コレはお前が喰えw俺は仕事控えてるから無理だし」
 
レイフ 「やった!ロベちゃんのチョコ独り占め!ww」
 
タクマ 「そこかよ・・・w」
 
 
 
後編へ続くです(ꃪꄳꃪ)ノ
 
 
 
 
 
 
(*´Д`)__☆__★__☆__★__☆(´Д`*)
 
 
 
 
divine spiritメンバ~
 
 
おつかれさんでした~。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブロークンハートになる前は、このようなチョコが幾つか入っていたようっす(✧≖‿ゝ≖)
 
画像に普段は使わない効果線や感嘆符を使用しますた。
アクションシーンなんかには、漫画のように使うとやっぱ伝えやすいですにโ๏∀๏ใ
 
 
 
 
 
(★´3`)ノ★*♪。☆*★*♪。☆
 
 
 
 
ご覧いただき、ありがとうございました♪
 
いつも、いいね!等々ありがとうございます⊂◉‿◉つ
 
それでは、また~♪(ΦωΦ)ノシ
 
 
 

にほんブログ村
 
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Ichigoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。