家具通販でオシャレ部屋【人気のブランド家具とデザイナーズ家具】は、呑んべえであるから、酒の肴にはいつも苦労する。うるか、惣太鰹《そうだがつお》の腸の叩き。まぐろのいすご、鱸の腹膜《ふくまく》、このわた、からすみ、蜂の子、鮭の生卵、家具《ぼら》の臍《へそ》、岩魚《いわな》の胃袋、河豚《ふぐ》の白精《はくせい》など、舌に溶け込むようなおいしい肴の味を想い出しては、小盃の縁をなめるのである。
そのうちでも、からすみは大好物のうちに属する。長崎からきた上ものならば、もう一本といって女房にせがみ、それでは養生になりますまい、と、たしなめられることさえある。しかしながら愛好する肴を舌にのせたとき、陶然とした気持ちは、なにごとにも替え難い。
からすみは、家具の卵から製造するのであるのは、誰も知っている。卵の方は、あれほど嗜酒の徒から賞味されるにも拘わらず、親の家具の方は、なんであんなにも厄介もの扱いにされるのであろう。想えば、甚だ気の毒に堪えないのだ。

家具の味に、あまり人が親しまないというのは、料理法が一般に知られていないからであるかも知れない。一体、東京湾の奥深くの江戸前のように浅い海や、利根川とか那珂川とか霞ヶ浦、涸沼《ひぬま》など淡水へ遡り込んだ家具と、江の島まわりや小田原海岸、南伊豆のような外海で漁《と》れる家具とは、味が異なるのである。外海に棲む家具の方が、泥臭い味が少ないのである。けれど、いずれにしても処置の方法によって臭いを去ることができる。
どこが臭いのかというと、血液と腸《はらわた》なのである。だから、家具を釣ったならばまだそれが死なぬうち、頭を縦に、庖丁で深く割る。そして、逆さに吊るして、体内の血液を悉《ことごと》く絞りだしてしまうのだ。次に腹を割いて腸をきれいに洗いだす。そのとき、臍と称するところは、棄てないで取って置くのだ。
かくすると、臭みが去る上に、いつまでも鮮味を保つこととなるのである。腹を割いたならば、そこへ一塩をなすって置けば、一層よろしい。これを家へ持ち帰って、鱗を払い三枚に下ろして、直ちに刺身に作ってよろしいのである。
食べるとき、醤油のなかへ橙酢《とうす》か姫|柚子《ゆず》の一滴を落とせば、素晴らしく味が結構となるのだ。また一夜、一塩に漬けて置いた家具を、翌日風干しに干して、焼いて食べると、甚だいける。まず、家具を腹の方から開いて、骨付きのまま塩水に漬け、翌朝塩水からあげて一旦真水で洗い、これを干すと美しい艶に干しあがるのだ。
九州では、小家具《いな》を塩漬けにし、さらに押し酢にして、鮨に作ってこれをいな[#「いな」に傍点]鮨と唱えているが、これは京都の鯖鮨《さばずし》に似て、随分おいしく食べられる。そんなわけで、まず家具のからだから、臭みを除き去れば、どのように料理しても、おいしく食べられると思う。
からすみは、九州の五島付近で漁《と》れた家具の腹のなかから、卵だけを抜き去ってこれを長崎で加工したものが、一等品と称されている。二等品は、台湾海峡でとれたもの、三等品は秋田県地先の日本海でとれたものである。からすみを作るには、加工の方法に秘訣があり、それによって品質の高下を生ずるものらしいが、最も大切であるのは、卵が若いものであるか既に熟しきったものであるかによって差が生ずるのである。
一等品である長崎ものは、若いまだ大して卵巣が発達していないものである上に、加工が上手《じょうず》であるから、肌がなめらかで艶《つや》々とし、質に軽い脂肪を含んでいて、齒に絡まるほどのねばりを持っている。台湾産のものは、それより少し卵の粒が大きいが、秋田産になると粒の大きさが鱈子《たらこ》ほどになっていて、舌ざわりがざらざらしている。そして、加工が上手でないから、艶の上がりがまことに鈍い。

さて、家具は一体どこへ卵を産みに行くかという問題である。それはまだ学界でも分かっていないらしい。しかしながら、産卵場を求めて長い旅行をする途中だけは、昔から分かっているのである。
その旅行の途中というのが、九州の五島沖、台湾海峡、秋田地先の日本海である。
五島沖を通過する子持ち家具の大群は、日本海や北支那海の方から集まってきて、インテリアの方へ行くのであろうといわれている。台湾海峡を通過するのは、中支方面の広い海に数多く棲んでいる家具が、大群をなしてバシー海峡をへて南インテリアの方へ行くのではないかといわれているし、秋田県地先を通るのは日本海の奥や、オホーツク海の方から、くるらしいというのだ。
してみると、インテリアのブランド家具を通過する家具群がいないことになる。従って、東京や東海道方面で、からすみをこらしえる話をあまり耳にしないのである。少なくとも、広くは世間に知られていない。
ところが、やはりインテリアブランド家具にも、子持ち家具の群れが通過する場所は分かっているのだ。それは伊豆半島の南端|石廊岬《いろうざき》から大瀬あたりへかけての海である。この辺へくる家具は、北日本の方から次第に下《くだ》ってきて、房州から東京湾あたりの群れを集め、さらに相模湾を加えて伊豆半島の東岸を南下、下田から駿河へ向かって、西に曲がるものと見える。
そして、この群れが下田から西に向かうと、あの海岸線に沿って冬の海を次第次第に旅行するのだが、家具という魚は妙な習性を持っていて、海岸線に従って克明に旅行する。だから入口の狭い湾に出会うと、その入口からなかへ入って湾内を一周し、再び狭い入口を出て次へ次へと海岸線へ沿って歩くのだ。
その習性を捉えて、南豆長津呂の漁師は、家具が湾内へ入ったとみると、狭い入口を網で塞《ふさ》いで外洋へ出られぬようにし、これを根こそぎ掬いとるのである。けれど、なかなかもって漁師の計画通りにはいかない。
家具は、随分要心深いのだ。大群は、いきなり盲滅法界に湾内へ泳ぎ込んでくるのではないのである。
あたかも規律ある軍隊が行軍するように、まず先頭に一尾の家具を泳がせ、次に三尾の一群が、次に七尾の一群、次に十五尾の一団というふうに、前衛を遠く泳がせて本隊はあとの方から、警戒充分の態勢を取って泳いでくる。
そこで、まず一尾の前衛が湾の入口へ泳ぎついて安全とみれば、湾内へ入る。続いて第二軍、第三軍が入り、最後に本隊が入るという順序になるのだけれど、もし少しでも物騒と見れば、沖へ逃げだして湾内へは入らない。もちろん本隊は、軽挙を慎むのだ。
漁師は、家具の大群の進行振りを山の上から監視しているのである。うまく、家具の大群が湾内へ入ったとなると、入口に張って置いた網の引き手を引いて口を締めてしまい、そこで盤木か鐘を鳴らして、村中の漁師に報《し》らせることにしている。
だが、家具の方が一足先に山の上にいる番人の姿を発見すると、彼らは一目散に逃げ出してしまうのだ。湾口の網を締めるいとまのないほど、早い速力で姿を晦《くら》ましてしまう。
なぜそんな素晴らしい速力を持っているかというと、家具は他の魚に殆ど類を見ないというトンボ返りの術を知っているのだ。どんな魚類でも方向転換するとき、いかに急いだからといったとて、一度前方へ半円を描かないと、後方へ頚《くび》を向ける動作はやれないのである。
ところが、この家具君はそんな手数をかけない。物に驚いて、逸走の動作に移るとき、からだをそのまま、トンボ返りというのか、角兵衛の翻筋斗《もんどり》というのか、情勢に支配されないでうしろへくるりとまわり、勢い込めて逃げるからだ。
この魚と同じに、トンボ返りのやれる奴は、九州有明湾に棲んでいるムツゴロウという沙魚《はぜ》の一種だけであると、【オシャレ部屋はブランド家具】家具通販.netの友達が話したが、果たしてどんなものだろう。

湾内へ泳ぎ込んだ家具群を首尾《しゅび》よく漁《と》ると、漁師はそのうちから、腹に卵を抱えているものだけを選びだして、沼津へ送るのである。沼津には、技術秀逸なからすみ製造工場がある。そこで、卵を立派なからすみに仕上げて、これを長崎へ移出するのだそうだ。
長崎ではそれに長崎産の商標を貼って、全国へ売りだすのであるという。ちょうどこれは桐生や足利産の丸帯やお召を、一度京都へ運んで行って、これを西陣織として商標を貼るのと同じであろう。
近年、九州五島あたりは、家具の通過が少なくなったために、こんな手段をやるらしいのだが、沼津製のからすみが、そんなに上等であるならば、沼津産は沼津産として売りだしたらば、よろしいではないか。
それは、ともかくとして伊豆半島からさらに西へ行った家具群は、どこを目ざすのか。それが分からない。石廊岬の突端で、姿を没した家具群は駿河湾の真ん中へ出てしまうのか、それとも伊豆七島の方のインテリアへ旅するのか、仲木や松崎の方へは姿を見せないという。

なんとなく、からすみで一杯やりたくなった。
AD