和歌山県有田市の有田川河川敷で2日、色鮮やかなこいのぼり約150匹が揚げられ空中を泳ぎ始めた。5月10日まで飾られる。

 この日は河川敷約600メートルにわたり、高さ約9メートルのポール50本が約10メートル間隔で設置された。春風のなか悠然と泳ぐ「まごい」や「ひごい」に訪れた親子連れらが歓声を上げていた。

 市などが平成10年から行う恒例行事。春休み中の子供たちに楽しんでもらおうと、「こどもの日」(5月5日)の1カ月以上前からスタートしている。

【関連記事】
男性乗務員だけの「こいのぼりフライト」かしわもち配る
大迷惑!メリットどこ? 「休日分散化案」世紀の愚策か
GWなど5地区で休日分散化 政府が提示 
道頓堀川遊歩道に広告 戎橋との相乗効果で集客狙う
マナー違反続出 公園バーベキューに関係者悲鳴

UDトラックス、プロジェクトマネージメントを新設組織改正(レスポンス)
国交省職員、中学生に「触ったが…」一部否認(読売新聞)
邦人死刑通告 中国首相に懸念表明 菅副総理「厳しい判断」(産経新聞)
「英語に自信なく…」客室乗務員インターホン取らず スカイマークに業務改善勧告へ(産経新聞)
連合静岡の辞任要求を陳謝=小沢氏の抗議受け-古賀会長(時事通信)
AD