自民党は26日、谷垣禎一総裁、大島理森幹事長、谷川秀善参院幹事長らと党所属参院議員による懇談会を国会内で開いた。谷垣氏は今夏の参院選に向けて「私自身、前面に立っていく。変わらなければならない覚悟は新たにしている」と決意を表明。大島氏は中堅・若手議員を積極登用した選挙態勢を組む方針を示した。党運営に批判的な舛添要一前厚生労働相や山本一太元副外相らは欠席し、執行部刷新要求はなかったという。

【関連ニュース】
谷垣総裁:議員懇開催へ 執行部交代要求は拒否
谷垣総裁:参院選に進退かける 党会合で「私の正念場だ」
自民党:谷垣総裁 事態収拾に指導力を発揮できるか焦点に
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感
谷垣総裁:「民主は濁った水」

JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決(産経新聞)
<センバツ>開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
看護管理学会が都内で緊急フォーラム(下)(医療介護CBニュース)
亀井・菅両氏、「言った」「言わない」水掛け論(読売新聞)
<京都刑務所>低体重状態で受刑者死亡 立件視野に捜査(毎日新聞)
AD