内閣府は2日の政策会議で、2009年の自殺者数が12年連続で3万人を超えたことを受けてまとめた「いのちを守る自殺対策緊急プラン」の原案を与党に提示した。関係閣僚でつくる自殺総合対策会議(会長・平野博文官房長官)を5日に開き、正式に決める。
 原案では、例年最も自殺者数が多い3月を自殺対策強化月間(仮称)に指定。不眠で悩んでいる中高年男性に対し、医療機関を受診するよう呼び掛けるなど、自殺防止の啓発キャンペーンを実施する。失業者を対象にハローワークなどでの健康相談も行うとしている。 

【関連ニュース】
1月売上高、6カ月ぶり減=主力商品の品薄で
12月の失業率5.1%、2カ月ぶり改善=09年平均は悪化幅最大
自殺防止策強化へ=福島担当相
ドコモも学割キャンペーン開始
昨年の自殺者、5番目の多さ=504人増の3万2753人-9月以降は4カ月連続減

久光とがん性突出痛治療剤を共同販売へ―協和発酵キリン(医療介護CBニュース)
民主議員「舛…あっ」 厚労相苦笑「長妻でございます」(産経新聞)
会社員への結婚詐欺で起訴=木嶋容疑者、470万円詐取-連続不審死(時事通信)
「幼保一元化」法案、11年度提出へ=鳩山首相が参院予算委で表明(時事通信)
<雑記帳>あでやかに芸舞妓が豆まき 京都・八坂神社(毎日新聞)
AD