神戸芸術工科大学(神戸市西区)は9日、俳優の渡辺篤史氏(62)と画家の横尾忠則氏(73)をそれぞれ環境・建築デザイン学科と大学院芸術工学研究科の客員教授として迎えた、と発表した。年間に数回、講義を行う。

 渡辺氏は、建築家が手がけた住宅を取り上げるテレビ番組「建もの探訪」(テレビ朝日系)の司会を20年も務め、建築物への造詣も深いことから客員教授への就任を依頼。横尾氏は兵庫県出身の著名な画家で、同大学でも公開講座などを行っていたことから起用された。同大学は「著名人に来てもらうことで学生への刺激になれば」としている。

【関連記事】
「建もの」訪ねて20年…渡辺篤史のお宅はスゴイ?
楽しいからずっと続けたい! 「渡辺篤史の建もの探訪」20周年 
【新聞にかけなかったウラ名言集】「おくりびと」後に本木雅弘は?
渡辺篤史“案内人20年”自宅は「大失敗」
「中国内陸部の資源事情とは…?」

50法人超が対象=国民生活センターや住宅金融機構-事業仕分け第2弾(時事通信)
<京都御所>桜も満開、一般公開始まる(毎日新聞)
<首長新党>松沢神奈川県知事が評価(毎日新聞)
首相「米の言いなりにならない」 米誌インタビューで(産経新聞)
新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
AD