「週刊新潮」4月1日号で、衆院赤坂議員宿舎のカードキーを知人女性に貸与していると報じられた中井国家公安委員長は25日の定例記者会見で、「女性とは6年ぐらいの付き合い。週1回、部屋の掃除に来てもらうために、4枚あるカードキーのうちの1枚を渡していた。宿舎の規則上も問題はない」と述べた。

 進退について問われると、「(辞めるつもりは)全然ありません。思ってもいない」と語気を強めた。

 中井氏は1998年に妻と死別。赤坂議員宿舎には一昨年の4月から入居しているという。

 中井氏は会見に先立ち、官邸を訪れて平野官房長官に経緯を説明し、「私事でお騒がせしています」と陳謝したという。

オークネット、経営の監督と執行の権限を明確化組織改正(レスポンス)
100人に7人が離婚=10代女性、1年間で-厚労省(時事通信)
不況で共働き増、多数の待機児童出る見通し(読売新聞)
<子ども手当法案>参院厚労委で可決 26日成立見通し(毎日新聞)
小1暴行死、罪名を傷害致死罪に…地検が変更請求(読売新聞)
AD