じうこのブログ  ~シチューにカツを見出す宇宙戦艦ヤマトプラモ製作記~

相変わらずのタイトロープな生活の中で、常にプラモを完成させようという無謀な人間の呆れたプラモ製作記。脱線ばかりの内容に凝視されたし!


テーマ:
え~~~、世の中というのは、分相応というものがあるようで、その人間の持つ器以上のことをやろうとすると、ろくなことがないのが常なようです・・・

って、何をいきなりそんな話題?

それもブログをサボって1週間以上で、久々の第一声がこれかよ!? なんですが・・・(;^_^A

いえね、実は最近、依頼を受けた原型があまりにも大きくて、自宅作業は不可能で、そのホビーメーカーさんの工房に毎日通っておりまして、規則正しい生活なるものをしているわけなんですが・・・

う~~~ん、やっぱりこの規則正しい生活というのは、どうにも危機感がなくて性に合わないんですよね~~~(苦笑)

まぁ、人間的には非常に正しい事なんでしょうが、気ままな生き方しかできない、ダメ人間にはどうにも退屈でして・・・(いえ、仕事中は集中しているんで、どうでもいいんですが、行き帰りの時間が同じ時間というのは、なぜかつまらない・・・)

やはり、人間、自分の身の丈にあったスタイルでいないと、いけないような・・・
(って、たんなる不精者なだけでしょが!)

こうやって、規則正しく交通機関を往復していると、可愛い女の子から声かけられるんじゃなかとか、いらぬ期待をする毎日ではありますが、それはやはり、あくまで“いらぬ期待”でしかないわけで・・・゚(゚´Д`゚)゚

と、そんなこんなで、ついついブログをサボってしまう毎日を過ごしてしまっている、かえってだらしない正確になってしまう今日この頃。

明日は久々のオフなんで、プラモ作りでも致しやしょう!

(そうやね、いっぱい作りかけ溜まっているもんね!! 号泣)

さてさて、唐突なんですが、ここで今年に入ってゲッツしたハーロックグッズを紹介します~~

(あ、プラモの作例やれないからって、ごまかしてる!)

↓まずは
 
先日、中野ブロードウェイで確保したサイン用色紙(?)

これは私も初めて見たシロモノだったので、その場でゲッツ。数百円だったので、とりあえず夕飯を自炊することで、予算キープ成功。

(って、これ本当にサイン色紙なんかな? 放送当時は、もしかして着ぐるみのハーロックが、かぶりものショーやっていて、デパートの屋上とかでサイン会とかしたんかな? う~~~、それはそれで見てみたい・・・笑)


↓そして先日の大阪では
 
1978年の『宇宙海賊キャプテンハーロック』のアフレコ台本2冊を入手。

まだ何冊かあったのですが、自分がどの話数を持っていたのか忘れていたのと、圧倒的に予算がないのに大阪まで行ったので、この2冊が限界(苦笑)

ま、上原正三先生がお気に入りの「蛍・わかれうた」と、劇場版になった「市の海の魔城」の傑作2冊を手に入れられたので、少々ホクホクでございました。
(って、ダブってないよなぁ・・・焦)

↓で、そもそもなんで急にんハーロックかというと・・・
 
実は、週末にいつもの骨董屋で、このパチンコを入手したのが嬉しくてアップしているのでございます(笑)

いんやいんや、本当は以前『銀河鉄道999』のスタートレインのジャンクを買った時に、これを発見していたんですが、なんせギャランティ入る前だったんで、数百円のジャンクで我慢していたわけでありまして・・・

そんでもって、この間の仕事の原型製作代が入った途端に、速攻ゲッツ!!

え? じゃあ、こんなボッカちいもんが、スタートレインより高かったんかって???

え~~~、実はそうでんねん(汗)

この状態では、かなりお高くて2500円(泣)

たぶん、まんだらけとかなら、数百円とかで売ってそうなんですが、なにせモノが出てこない。

とにかくタカトク製のキャプテンハーロックグッズは、Z合金系からはじまり、なりきり系、駄玩具系など、どれをとっても貴重でありまして、その全貌は未だ明確ではないんですよね・・・


なんてことで、非常にお高いのですが、その日と翌日の夕飯をケチることで、確保に成功したのでございます~~~

(ん? ということは、もらったばかりの仕事料、すでに使い切ったんか! オイオイ・・・)

なんて、ことで現在、マイフェイバリット「キャプテンハーロック」なわけです~~~

さ~~~、この勢いで、今度はなにを作ろうというのか!?
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

え~~~、相変わらずバタバタ仕事をしている私であります~~~

現在、ミリグラム単位の調整が必要となるフィギュア原型をアップして、試作品を作り終えて一段落。
(そのフィギュアがなんなのか、いずれ発表できるのか???)


そこで少々時間があいてしまいましたが、スリーナイン号のつづきであります
 
とりあえずスタートレインの修復をするべく、基盤となる方をきれいにしていきます。

まずはブラシで汚れを落とそうと試みますが、意外なほどこびりついています。


  
なので、実験的に、よく“iPhoneのイヤホンの汚れをとるのに、木工用ボンドを付ける”というのがあるので、その応用でモデラーらしく、マスキングゾルを塗ったくりました!!

さてさて、この方法で、どの程度まで汚れが落ちるのかは、乾くのを待ってリポートいたしましょう。

で、本来ならメカコレのスリーナイン号を仕上げていきたいのですが、なにせ業界初(?)のフィギュア作りに追われ、なお様々な付き合いで時間がないので、それはまた明日にでも・・・


ちょいと小腹が減ったので・・・
  
コンビニで買ってきたベビースターラーメンを吸収。

よくみりゃパッケージがウルトラマン!

う~~~ん、レトロすぎる~~~、にしても右側のペッケージの微妙なセンスに思わず苦笑。

手にしているのはマルサンのビニール人形かい(笑)


  
で、ウルトラネタが出たところで・・・

なんと、川崎駅の近くにある「怪獣酒場」がリニューアル。

「帰ってきた怪獣酒場」としてオープン。

お店の中には今週行ってくる予定なので、そこでリポートできればと思っております~~~(汗)


怪獣といえば・・・
  
なにかと話題の多い『ゴジラ』。

今度は新宿へ出没(笑)

ちなみに・・・肝心な歌舞伎町のTOHOシネマズ新宿へはまだ行けておりません(泣)
(なんか、この写真を撮った日にそのまま行っていれば、長澤まさみさんが来ていたらしい・・・)


そして昨夜は・・・
  
なぜか沼津へ・・・

関西の某模型サークルの一人から「刺身食べいくで~~~」の一言で出動!

しっかりと、新鮮な刺身定食と、美味しいゲソ唐揚げを堪能。

さらにそのあとに駅前でやっていたラーメンイベントで、こげ醤油ラーメンを食して帰還。
(って、片道2時間と電車賃かけて、単に夕飯を食べに行くという・・・笑)

ま、ここのところ、妙に面倒な人たちの仕事で気が立っていたので、非常に良い気分転換になりやした(汗)


  
駅前には、機関車のボイラーの蓋(という言い方でいいんすかね?)と車輪が展示してあり、まさに気分は銀河鉄道!!

またしても銀河鉄道に始まり、銀河鉄道に終わる日々を楽しめております~~~
さてさて、明日はメカコレ、作らにゃァ~~~


PS(といってもプレイステーションじゃないのよん。追伸の意味ね!):来月の静岡ホビーショーの合同展示会用の「モグネチュードン」どこにしまっちゃったのか、見つからない・・・(焦)
 

AD
いいね!した人  |  コメント(9)

テーマ:
あ~~~~、今気がついた!!

999号は固有名詞の時は「スリーナイン号」という表記で統一されてたんだ!!

と、放送から何年経っているんだよ!! ってか・・・

ということで、ここからは「999号」ではなくて「スリーナイン号」としていきます~~~(苦笑)


で、本日の『銀河鉄道999』ネタは・・・

放送当時に売られていた人気アイテム「ポピー スタートレイン」シリーズネタでございます。

と、いうのも・・・

↓おそろしくタイミング良く、いつもの骨董店でこれを発見!
 
先日の日曜日、久々に近場の玩具骨董店に行ってみると・・・

なんか、私が『999』ネタで盛り上がっているのを見透かしたかのように、こんなジャンク品が1個300円で売っておりました!!

そうなんです、玩具ファンなら当然ご存知のポピー製のスタートレインの成れの果てなんですが、私にとってはめっちゃくちゃお宝なんでございます!

それはなぜか・・・


↓実は以前、同じ店でこんなものをゲット致しておりました(笑)
  
状態的には結構部品が残っていて、塗装のハゲも限りなく少ないジャンク品。

確か1000円くらいだったでしょうかね?

ただこれには肝心な部品が欠品しておりまして・・・

  
このように並べると何が足りないのか一目瞭然!(笑)

(手前が以前入手したもの、奥が今回のゲット品)


↓そうなんです!
  
スリーナイン号の顔である、ナンバープレート(という表現であっているのか?)。

この部品欲しさに、だれかコレクターから借りて、複製つくろうかと思っておりましたが、そんな手間やお金がかからないジャンク品で発見できたので感無量!

これでオリジナルの状態に戻せるんですが・・・


↓いやはやここで問題が・・・
  
う~~~む、相変わらず人気商品などで販売時期が長いものは若干のバージョン違いみたいなものがあって困るんすよね~~~

わかりますでしょうか? 写真で見ると微妙なんですが、石炭車の両サイドに貼られたシールの違い・・・。

上のベース修理車のものより、今回の程度の悪いジャンク品の方が、シールの印刷がはっきりしていて文字がちゃんと読めるんですよね~~~

どうせ綺麗に仕上げるなら、この辺も流用したいところなんですが、果たしてシールの移植って、うまくできるのかしら? 失敗したら両方共ダメにしちゃうことになるし・・・(汗)

といったところで、プラモのメカコレ6両編成とポピニカリサイクルを同時にやっていくことにしましょう!

あ。 ちなみに一緒に購入したジャンク品は、「№111 エメロード号」でして、メカコレでは「出ていない車両なので、是非綺麗にして一緒に並べようと画策中でございます~~~。



さてさて、昨日の日曜日は・・・
  
玩具骨董店に行っただけではなく、ようやく『仮面ライダー大戦GP 仮面ライダー3号』を観に行けました!

いやいや、ミッチーライダーもオジサンしてていいですね~~~。

それにしても、今までの中では変にマニアックネタ満載の映画でございました。

まさかのコミカライズ(あ、普通の人は原作って言ってしまう漫画版)ネタも入っていて、こりゃ子供が見て理解できるんだろうか・・・?

なんて思っていたら、映画館の中は子供連れの観客ばかり・・・って、日曜日だったんだから当たり前なんですよね~~~(普段、日曜日に映画に行くなんてことないので・・・というより曜日感覚が完全になくなっていた:号泣)

で、入場者プレゼントのDVDもらって、映画館グッズのピンバッジが欲しかったんですが、この時期なんで当然売り切れ。なんとなく似たようなグッズだったんで、売れ残っていたチャームをゲット(汗)

↓だが、一番の出費は!
  
このミニカー・・・

いや、このミニカーが高いわけではなくて、これTOHO CINEMASの売店で現在発売中の『ワイルドスピード』コラボセットについてくるものでして・・・

ポップコーンの一番でかい奴とドリンクLのセットにこのミニカーがついて1000円!!

う~~~ん、高いような気がするんだけど、このミニカーを入手しそこねるのもなんだし・・・

ポップコーン大量食いで腹ふくらませて、当日の飯代を浮かすという方法論もあり・・・

なんだかんだ言い訳言って、ゲッツしました。


↓なんでこれが欲しかったかって?
  

そりゃ、つや消しブラックのボディにスーパーチャージャー積んでるんですぜ!

もう入手しなけりゃマックス様に怒られるっつ~~~もんですよ!!
(って、車種違うよね? これダッジのチャージャーだし・・・)

AD
いいね!した人  |  コメント(12)

テーマ:
えんやえんや、なんとか、ようやく通常の生活に近い状態になってまいりました~~

問題がすべて解決した訳ではないのですが、面倒な方と縁を切るようにした途端に平穏な日々が帰ってまいりました(苦笑)

と、言いながらもこのチャンスを逃すまいとするかの如く仕事が色々と入ってきて、まともに休みなどとれる状態ではないのであります(泣)

とはいえ、ストレス発散のプラモ作りができる余裕はなんとかあるので、早速、先日の999号の続きであります。


 

って、実はまだ継ぎ目けしの実作業しかできないので、リポートしてもオモロくないので、999プラモのキット紹介でもしてましょか~~

で、取り出したのがコレ
 
韓国のアカデミー社版999号であります。

たぶん発売は80年代後半から90年代中くらいまでの間なんじゃないかと勝手に思っているんですが、詳細な資料がないので、正直不明なのであります(汗)
国内正規品の『さよなら~』版が貴重なキットなので、それをコピーしたこの韓国版は、それの上を行く珍重品なのですが、お宝鑑定的には大したことはないと思われます(笑)


中身は
  
今ではほとんど見られなくなった帯留め仕様。

デザインも、ほぼそのままパクリみたいです。

パーツは・・・
 
やっぱり、日本のキットのコピー。

もっとも、日本のプラモも最初は海外キットをコピーしたものから始まったと言われてますから、仕方ないのかも・・・
(ね? マルサンさん・・・苦笑)


ところが・・・
  
ちゃんとコピーするならすればいいのに、何故か客車部分は白成型(笑)

線路も茶色ではなく、メタリックパープル系・・・

う~~~ん、なぜそうなる???

な仕様ですが、これもまた味というものでしょう。


そしてこれもまた・・・
  
背景パネルなんですが、できれば『さよなら~』版をそのままコピーしてくれればいいのに、どういうわけか、上下一体型(オリジナルのキットに付属するパネルは、背景とベース部の2枚で構成)な上に、メーテルと鉄郎のイラスト入り!!

う~~~ん、これはもしかして、日本のTV正規版のメーテルと鉄郎イラスト入りパネルを意識してしまった結果なのか・・・

(そうだよなぁ~~、たぶんTV版のキットは韓国で出してないだろうしなぁ・・・)



てなわけで組み立て図です~~
  
向かって右が日本のTV放送当時のTV版正規品、左がアカデミーのコピー版。

本来なら日本の『さよなら~』版と比較するのが道理なのですが、なにせ私は999までコレクションしているわけではないので、当時品ということでご勘弁くだされ~~~。


  
組み立て図の中身は、やっぱり韓コピ・・・いえ、完コピです。

ともあれ、これはこれで完成させてやると、日本人の既成概念を打ち砕いてくれるモノになりそうで、楽しみなのであります。

さてさて、この韓国キット最大の問題
 
それがこの封入カタログ。

『スペース1999』のイーグル1や、ほかのキットには入ってなかったんですが、なぜかこの999号のキットには入っておりました。
(って、ことは、まだまだアカデミーのキャラクターキット持っているということだな! と気づいたあなたはスルドイ:笑)
 
そうそう、その問題の部分
 

赤で囲った部分が私の最大の問題なのであります。

なんとアルカディア号とスペースウルフのイラストが・・・

スペースウルフは価格から100円キットのコピーと予測できるのですが、アルカディア号は全くの資料なし。

先日、この話題が出て、「スペースウルフは100キット、アルカディア号はタカラの1/1500のコピーだよ。ちなみにゾネスも出てた」という情報を聞いたのですが、なにぶんにもこの目でいないので、真意のほどは不明なのであります。

う~~~~、アルカディア号コレクションに加えたい~~~

ということで、このアカデミー版アルカディア号の情報大募集! まかり間違ってキットを譲ってくれる人がいたらさらに嬉しいです===

皆様、ここはぜひ、よろしくお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
いや~~~、本当にご無沙汰しちゃいました~~~~

というのも・・・

どうにも何かに取り憑かれたっぽい・・・
 

って、別にコヤツにトリツカレているのは以前からなんで、大したことはないんですが・・・
(あ、ちなみに写真は、うちの娘が先日帰ってきた時に買ってきた“キャラパン”です。え、固有名詞なんてついてないですからね・・・くれぐれも・・・ジバ〇ャンなんていってませんよ:苦笑)

いえね、どうにもこうにも3月に入ってから、仕事で変な絡みが多くて、まぁ~~~困った困った。

愚痴ってもしょうがないんですが、中途半端な人たちの中途半端な仕事のために、それぞれの人の保身の言い訳のために、私に責任押し付けようとする困ったちゃんらに、いいように振り回され、(でも、責任者がどう言い訳しても私のせいになんかにできないんですけどね~:苦笑)挙句の果てには、ほかの仕事が途中で引き揚げられちゃう始末。

う~~~ん、仕事は10倍以上エネルギーを使わされ、ほかの仕事のギャランティは減額になり(引き上げらちゃぁ、しゃあないんですが・・・汗)、問題の面倒な人たちの仕事は、そんなに人たちからギャラなんかもらいたくないし・・・

と、散々な結末。

でもって、残った別件の仕事も、まぁ面倒な担当がついていて・・・

なんて希望の見えない仕事が続いております・・・

あ~~~あ、さっさと吟遊詩人になってりゃよかった、と思う今日この頃(泣)

ま、ともあれなんとなく時間が少しできたんで、ブログアップでございます~~~~

(3月初めからおとといくらいまで、ほぼ不眠状態。日中は某メーカーさんで造形、夜は出版仕事という、移動時間しか寝れない状況下でありんした・・・号泣)




↓そしてプラモに浸ろうと出してきました999号
  
前から作ろうとして、出していたんで、以前のブログでアップしたキットでございます。

一応、これは数年前に再販したものです~~~


↓当時は
  
TVシリーズ始まったばかりのころに展開されたプラモのランナップです。

今鹿氏が保存していた雑誌の広告の画像であります!(今鹿氏に感謝!!)

当初は、あきらかに『宇宙戦艦ヤマト』の新金型のデフォル(パース)メモデルに『さらば宇宙戦艦ヤマト』時のテレサパネル仕様の影響を受けた商品であることが理解できるプラモがスタンダードで登場したんですよね。

で、リアルタイプの3両編成モデルに、メカコレが発売されてたんですよね~~~。

そして劇場映画『さよなら銀河鉄道999』公開時期には、700円のデフォルメモデルは、パネルが映画仕様のものになり、さらにモーターライズのHOスケールの999号も発売されたんですが、数年前の再販では、ラインナップに上がらなかったんですよね・・・(泣)

と、解雇主義的な話はおいておいて、さっそくキットを見てみましょう
  
機関車、装甲車は基本的にメカコレと同じ金型。

ただし、装甲車にはメッキが施され、車番のシールはキラキラのホイールシールになってます。
(メカコレ時の成型色は黒、シールは白の紙シール。)


↓それに客車を追加。
  
この客車も、Nゲージスケールで作られているので、当時は鉄道模型に転用する人もいたのではないでしょうかね?(笑)

↓ちなみに・・・
  
客車のランナーも、きれいに3分割できる設計なので、もしかしたらメカコレ箱に入るようにしていて、「メカコレ・999号客車セット」なんて商品化も視野に入れていたんではないでしょうかね?

何はともあれ
 
組み立て開始。

あ~~~、車輪がいっぱい・・・

動輪部は、クランクと全く連動してませんが、雰囲気はいい感じです~~~



  
基本、装甲車はメッキなので、組み立てのみで行きます。
(塗装するならメカコレ作る時でよいので・・・)

ただ、この砲塔、メッキ塗装の厚みで、結構キツキツ。裏の留め具はつけなくてよさそうなので、はめ殺し状態で作成していこうと思います。

本当ならば、劇中同様に、下面の車輪部を捨てて、下面砲塔を追加したいところですが、まずはストレートで作っていきますね~~~~

といったところで、エネルギー切れ。

先日、近所のえるまぁ氏のところへいったら「どうしたん?目の下のクマ~~~」だそうで、目の周りが真っ黒だったとか・・・(いや、パンダちゃんのそれではなくて・・・)

そうか、そんなビジュアルだったのであれば、まさに私、取り憑かれているのね・・・感じるわけでありまして、この1か月以上の災難のような仕事は、ヤバい奴がくっついている証拠なのかもしれません。

(そういえば、何度か胸痛くなったり、頭の筋がきつくなったりしていたもんな~~~)

はて、しかし、こんな時は何したらよいんでしょ?

なんせいままで憑りつかれた事なんてないもんで・・・(というか、憑かれてもわからんほど鈍感なもんで・・・)

私が自分で感じるほどなんで、よほどのモノがくっついてるんかなぁ・・・(汗)


でもま、世の中の相対性なんで、その分、誰かがいい思いしてるんだとうなぁ~~~と、思えばしゃぁないか(笑)

 
いいね!した人  |  コメント(10)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇