首相動静(6月9日)(時事通信)

テーマ:
 午前8時現在、宿泊先の東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。朝の来客なし。
 午前9時32分、同所発。「早速、政治とカネの問題が出たが、(荒井氏に)説明を求めるか」に「おはよう」。同41分、官邸着。同42分、執務室へ。
 午前9時58分、執務室を出て、同59分、閣僚応接室へ。同10時、閣議室に移り、臨時閣議開始。
 午前11時1分、臨時閣議終了。
 午前11時2分、閣議室を出て、同3分、執務室へ。
 午前11時12分から同31分まで、寺田学首相補佐官。同32分、執務室を出て首相会議室へ。
 午前11時33分から午後0時7分まで、寺田首相補佐官。同8分、同室を出て執務室へ。
 午後1時13分、樽床伸二民主党国対委員長が入った。
 午後1時14分、枝野幸男民主党幹事長が加わった。同50分、枝野、樽床両氏が出た。同51分、細野豪志民主党幹事長代理が入った。
 午後1時52分、古川元久官房副長官が加わった。同2時14分、細野、古川両氏が出た。
 午後2時45分、執務室を出て、同46分、官邸発。同55分、皇居着。内奏。副大臣認証式。
 午後4時59分、皇居発。同5時11分、官邸着。同12分、執務室へ。
 午後5時26分、執務室を出て、同27分から同29分まで、階段で副大臣と記念撮影。同30分、貴賓室へ。同34分、同室を出て小ホールへ。同35分から同48分まで、初副大臣会議に出席し、あいさつ。同49分、同会議を途中退席し、同50分、執務室へ。
 午後6時31分、執務室を出て、同32分、特別応接室へ。同33分から同46分まで、政務官に辞令交付。同47分、同室を出て、同48分から同49分まで、階段で政務官と記念撮影。同50分、貴賓室へ。同53分、同室を出て大会議室へ。同54分から同7時6分まで、初の政務官会合に出席し、あいさつ。同7分、同会合を途中退席し、閣僚応接室へ。同11分、同室を出て小ホールへ。同12分から同44分まで口蹄(こうてい)疫対策本部。同45分、小ホールを出て執務室へ。
 午後8時1分、執務室を出て、同3分、大ホールへ。同4分から同11分まで、報道各社のインタビュー。「荒井国家戦略担当相の事務所費問題で何らかの処分を検討するか」に「党の調査で問題はなかったと聞いている。一つの結論が出たのではないか」。同12分、大ホールを出て執務室へ。
 午後8時13分から同30分まで、寺田、阿久津幸彦両首相補佐官。同42分から同59分まで、寺田、阿久津両氏。同9時、執務室を出て、同1分、官邸発。同2分、公邸着。同3分、仙谷由人官房長官、民主党の枝野幹事長、樽床国対委員長が入った。同6分、輿石東民主党参院議員会長が加わった。
 午後9時41分、輿石氏が出た。同46分、全員出た。同47分、公邸発。同54分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。
 10日午前0時現在、宿泊先のホテルニューオータニ。来客なし。(了)

8月末までの地元合意困難=普天間工法の決定―北沢防衛相(時事通信)
両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)
<菅内閣>政策の行方は? 公約見直しも視野(毎日新聞)
駐中国大使・丹羽氏で調整=国交回復後初の民間人―伊藤忠相談役、政治主導で(時事通信)
国会延長、慎重に判断=財政再建「党派超え議論」―菅首相(時事通信)
AD