京都三大祭りのトップを飾る今月15日の葵祭を前に、ヒロインの斎王代ら女人(にょにん)列の女性が心身を清める「御禊(ぎょけい)の儀」が4日、京都市北区の上賀茂神社であった。約2300人の参列者は王朝絵巻さながらの華やかな行列に見入った。

 十二単(じゅうにひとえ)に身を包んだ第55代斎王代の川崎麻矢さん(20)は神職によるおはらいを受けた後、御手洗(みたらし)川にゆっくりと両手を浸して心身を清めた。葵の葉で胸元を飾った約50人の女官らも紙の人形で体をなでて川に流した。

 川崎さんは「十二単の重さと暑さで大変だったが、川の水が心地よかった。本番では失礼のないように務めたい」と話した。【熊谷豪】

【関連ニュース】
葵祭:第55代斎王代に京都府立医大生 初の平成生まれ
流鏑馬神事:新緑の中、勇壮に 3万2000人を魅了--下鴨神社 /京都

<仙台教諭殺害>現場近くに血の付いた金属バット 関連捜査(毎日新聞)
家賃減免詐欺で組長逮捕=市営住宅で虚偽申請-兵庫県警(時事通信)
天皇、皇后両陛下 冬季五輪入賞者招き茶会(毎日新聞)
“脱走”クジャク、飼い主はどっち? 男性2人が名乗り(産経新聞)
元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
AD