奈良県桜井市で5歳男児が餓死した事件で、亡くなった吉田智樹君の腕にアイロンのようなやけどの跡が残されていたことが24日、捜査関係者などへの取材で分かった。
 奈良地検は同日、保護責任者遺棄致死罪で、両親の吉田博(35)、真朱(26)両容疑者を起訴した。裁判員裁判の対象となる。
 捜査関係者らによると、智樹君には約30カ所のあざや傷跡があり、額には切り傷、腕には三角形のやけどのような跡があった。真朱容疑者は「机で打ち付けたり、アイロンで跡を付けたりした」などと供述。児童相談所に自ら電話をし、事件が発覚した経緯については、「息子が水も飲まなくなり、動かなくなった。死期を悟ったため、会社を休んで電話した」と話しているという。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
虐待児童の出欠状況、月1回報告=学校と市町村の連携強化へ
2件目の強盗殺人、女を追起訴=鳥取連続不審死
「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判
抗うつ剤で心神耗弱認める-強盗殺人未遂・さいたま

診療履歴をデータベース化=IT新戦略骨子を決定-政府(時事通信)
<訃報>吉田成堂さん79歳=書家、毎日書道会理事(毎日新聞)
女子トイレ侵入の教諭、ビデオに自分映り逮捕(読売新聞)
<神奈川県>海水浴場、今夏から禁煙 条例案成立(毎日新聞)
法務省広島矯正管区の総務課長、酔って車ける(読売新聞)
AD