名古屋市北区の堤防沿い県道で、乗用車同士が正面衝突し3人が死亡した事故で、重体だった小学3年天野凌君(9)が16日夜、搬送先の病院で低酸素脳症のため死亡した。事故による死者は計4人となった。
 事故は14日夜に発生。父親の会社員天野正弘さん(44)の乗用車と無職犬飼利成さん(43)の乗用車が正面衝突し、天野さんと天野さんの長女で中学1年の唯さん(13)、犬飼さんの計3人が死亡し、凌君が意識不明の重体となっていた。県警北署はどちらかがセンターラインを越え対向車線にはみ出したとみて、詳しい事故原因を調べている。 

【関連ニュース】
正面衝突で3人死亡=小3男児も重体
多重死亡事故、25歳男逮捕=100キロ前後で無免許運転
住宅火災で男児2人死傷=1歳と3歳、煙に巻かれる
1歳女児死亡、虐待か=体にあざや骨折
14~16歳の3人死傷=車が電柱に衝突

「その見取り図作成は忘れました」 証人の警察官が正直に“告白”(産経新聞)
女性触った職員を懲戒免職=NHK(時事通信)
第3極狙う「邦夫新党」、同調の動き不透明(読売新聞)
<佐賀大>ラグビー部1年男子、一気飲み死亡 「強要ない」(毎日新聞)
今年度の訪問看護支援事業でヒアリング―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
AD