cute cute cute ☆ UK Rock

すきなもの!!!   UKを中心とした音楽blogです☆彡


テーマ:
民生 そうだ。そうだった。すっかり忘れていたけれど、9月に音楽と髭達に行ったんだった。

普段フェスやライブで会う友達とはまた全く別の、どちらかと言うと通常生活時の友達と一緒に、ワンボックスでらんらら~ん♪と新潟まで行ってまいりました。そう、あれは9月の頭・・・えーと、正確には9月6日(土)。


池袋方面に6人が集合して出発。車はサクサクと進み、開演時刻ちょっと前には会場駐車場に到着。けどやっぱり野外フェス、駐車場から会場まで結構歩いた歩いた。ここは公園だつーことで、かなり整備はされていたけど遠く感じたなー。まぁフジに比べたら遠くないんだろうけど。


こういうJ-POPな感じのフェスって初めてだったので、会場の雰囲気の違いに結構たじろぐ。そもそも服装が違うしね。全くアウトドアじゃないフツーーーーに都内?みたいな人がたくさん。皮のバッグとかフツーに肩からさげてんの。パンプスだったりミュールだったり。それでもCDJのTシャツ着てる人とかも結構いてちょっとほっとする。


今回の参加者は、私以外は誰も野外フェスに参加したことがなく、野外フェスを「野フェス」と略してみたり、もうなんでもありな雰囲気。でも運転手くんがアウトドアグッズをたーくさん持って来ていて、テントサイトにタープ張ってテーブルなんかも置いちゃって、とってもゴージャスな感じのフェス参加となったのでした。


会場に入るとトップのなんとかってのはもう終わってて、この日演奏する中で唯一私が観たことのあるサンボマスターが小さいほうのステージで開始。曲名忘れちゃったけど、ドラマの主題歌だった曲とかかかってくると、アウェイなフェスとは言えどんどん楽しくなってくる。


とかなんとか言いながらも、最初から最後までずっとタープにいた私。Jazz好きの子と私は、普段聴く音楽がちょっとズレてるせいで、前のほうまで降りていく気力が出ず、ここでまったり観るのが極上の幸せ!と飲み食いしながら鑑賞を始めたのであった。


しかし、悪夢はやってくる・・・・・なんとゲリラ雷雨で中止に!

15アーティスト中8アーティストが終わった直後だから、半分だけやったことになる。っつっても大物は後半に集まってるからなー。マジファンなお客さんたちは、気持ちのぶつけるところがなくて大ブーイングですわ。つっても、今年のゲリラ雷雨は全国的に死傷者が多発してるので、主催者側のこの決断はやむを得まい。雷雲が停滞してるっつってたし。

で、出演者はこんなだった。

オーガスタの新人の秦って人
サンボ
ごくせんの主題歌の人
リリィシュシュの人
民生くん
モンキーマジック
山崎まさよし
ピースフォーラインとか言う地元新潟のバンド
エレカシ
スキマの歌う方
KREVA
ファンモン
徳永英明
シークレット
ミスチル



噂だとシークレットはジュンスカの予定だったとか…


うちらは、6人中4人がパンツまでびしょ濡れに。タープに残ってた私ともう1人は1度もタープから出てないので無傷。目的を達したのは山崎まさよし好きの1人だけ。エレカシ好きの2人はエレカシ直前の中止に呆然。いやいや、貴重な経験でした。

タープに残った2人はと言えば、「いやー、山崎まさよしうまいね、すごいね、でもセロリしかわかんなかったね」とか、「モンキーマジック3曲もわかった!」とか、「なんだこのバンド持ち時間15分!?」とか、まったり楽しく鑑賞。ミスチルとか徳永とかは、一生生で観ることないだろうから、ちょっと観てみたかったよ~。

しかしスタッフの質が良かった気がするよ。みんな若かったけど、中止になってからもすごくよかった。食べ物は祭りの屋台的というか、昔のパーキングエリア的というか、かなりよくないな。フェス慣れしてない人用のフェスっぽく、いろいろ規制も多いし(通路は全部一方通行)。ただ、タープやら何やらアウトドアグッズ満載車で連れてってくれた運転手くんにはホント感謝だわ。屋根のない人達、ホント悲惨だったもん。小さな子供なんてほんと悲惨だった。

というわけで、リベンジとして、「俺達が歌う音楽と髭達(と言う名の愚痴大会)」の開催が決定。・・したけれど、もう気持ちはみんな風化したかな・・・(笑。


あ、そうそう。この公演、結局全額返金になった。今手続き中みたいだけど、民生とかは聴けたからね、ちょっとラッキー!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

DCFC 2年ぶりに行ってきました~、デスキャブ見たさに!


一応、予定はこんな感じだった。

 ↓


○ 13:45~ Band Of Horses (Sonic)
   14:55~ Cajun Dance Party (Sonic)
   15:35~ We Smoke Fags (Dance)
   16:20~ Johnny Foreigner (Island)
   16:45~ South Central (Dance)
◎ 17:15~ Death Cab For Cutie (Sonic)
   18:25~ The Verve (Marine)
   19:40~ Sex Pistols (Mountain)
○ 20:10~ Paul Weller (Sonic)


◎は絶対観るもの。○はほぼ観るもの。他は試聴orチラ観な感じ。


・・・・だったのだけど、もうしょっぱなから番狂わせが!午前中の予定がうまく片付かず、1日券のリストバンド交換のためマリンに到着したのは2時。あのリストバンド交換場所の振り分けは無駄!無駄だ!修正しろ!というわけで、メッセ到着は2時半ちょっと前。Band Of Horsesは2曲だけ聴けたよ~。


というわけで、結局観たのはこんな感じ。

 ↓


Band Of Hoses

直前に友達から音源を借りてちょい聴き。USだけどちょっとやさしい感じ。2曲しか聴けなかったけど、いい気持ちな感じの音楽だった。


Cajun Dance Party

会社の友達数人と合流してセットチェンジを待つ。他にも友達と合流できた。でもこれも聴いたのは2曲。ダンスパーティーっていうから、踊れる曲なのかと思ったら、結構Vocalがしっかり歌い上げてて聴かせる感じ?あ、でも1度フードコート行ってカキ氷買って戻ってきたら、ラストのほうが結構華やかなのやってたな。あれは代表曲なんだろうか。どっちにしろ、私にはあまり響かず。


うーん、しかし、どうにもこうにもテンションが上がらない。ダメだな・・・今年は・・・体より気持ちがついていかない感じ。Cajunのラストを後ろで座って聴きつつ、プログラムをもう1度見直す。やっぱりダンスにずっと居ようか。そのほうが今の私にはいい気がする。でももう帰っちゃおうかな。帰りたいんだけどな。と1人で考えつつダンスへ。


We Smoke Fags

全然知らなくて、やっぱり試聴気分。そこそこ楽しかった。若い子達なのかな?ちょっと元気すぎるけど、踊るには充分。楽しく踊れそう!!・・・なのに、やっぱり気持ちがついていかない。踊れそうで踊れない。動くけど跳べない。体が跳ねない。やっぱり帰ろうか・・・もうデスキャブもいいんじゃないだろうか。・・・帰りたい・・・。もしくはデスキャブが終わったら帰ってしまおうか・・・。


このときは本気でもう帰る気で居た。

サマソニの雰囲気自体がもうイヤだった。コンクリートに囲まれた暑いだけの無機質な閉鎖された空間。移動するにも環境が楽しくないので長い距離がただただつらいだけ。暑いだけ。いや、それ以前にもう気持ちがダメダメだったんだけど。


We Smoke Fags終了後、ゴミ溜めになったダンスにそのまま座り込み、しばらくぼーっと考えてみる。食欲がないから、今日は朝からカキ氷しか食べてない。今もやっぱり食欲がない。でも食べなきゃだよな。食べればちょっと元気が出るかな。いろいろ考えて、唐突にタイラーメンを食べよう!と思いつき、フードコートに移ってみる。静岡茶150円(安い!)とタイラーメンを購入し、テーブルについて1人で子供たちのダンスを見ながら食べてみる。おいしい。暑い。でもおいしい。ちょっと元気になったかな。その間にも友達からメールやら電話が入るけれど、やっぱりテンションが追いつかない。会えてもすぐ分かれ、友達の気力も吸収できない。ここまでは本当にダメダメでした。


South Central

フードコートからデスキャブのソニックに移動する途中、立ち止まってしばし観る。結構好きな音。音源は聴いてないけど、ライブではよさそう。うーん、デスキャブとカブってなければ観たんだけどな~~~~~~~!!

帰ったら音源を入手してみよう。うん。


と、そのとき、デスキャブに既に入ってるよー!という友達からの電話を受けて、とりあえずそこへ合流することに。まだ全然前に入れるみたい。できれば最前列で観たかったけど、できるだけ前に行こう。


残念なことに、ちょうどステージへの目線位置に背の高い外人さんが居て全くステージが見えない。移動しようにもぎゅうぎゅうで無理だし。始まって動き出したら、ちょっとずつ横にずれて斜めに見えますように・・・。あー、もー、なんでもネガティブだよね、こういうときって。気持ちがネガティブになってるの。友達の前でははしゃいでみても、そんなことするとますます落ちて行くだけ。口だけは滑らかに動くのよね。笑顔も出るの。


Death Cab For Cutie

メンバーが出てくるも、やっぱり外人さんで見えない。なんとかニックが見えて、「あら。思ったより太ってなくてさわやかになってるじゃないの」と、ちょっと心がはずむ。そのうちやっとベンが見えて、「うわ!痩せてる!髪が伸びてる!!!!!!」と、いきなりテンション上昇(笑。私、なんかあの人好きなのよね。太めの人は苦手なんだけど、この人とマジナンロメオだけは許せる。そしてベンなら結婚してもいいわ♪


セットリストはこんな感じ。


Bixby Canyon Bridge
The New Year
Why You'd Want To Live Here
Crooked Teeth
Long Division
Title And Registration
I Will Possess Your Heart
Cath...
Soul Meets Body
The Sound Of Setting
Transatlanticism


デスキャブ観れてすごく嬉しくて、幸せなんだけど気持ちはまだ落ちてた。すごく幸せなんだけど、まだネガティブで、もっと早く入って最前列とればよかった、とか、もう少しでいいから前に入ればよかった、とか、ベン側に入ればよかった、とか、気分的に一人気分だから一人で入ればよかった、とか、そんなことばかり頭をよぎってしまって。

大好きなTitle And Refistrationをやってくれて、かなりジーンときた。これはベン、ギターを置いてハンドマイクで歌う。クリスがキーボードに入るときはギターに戻らなきゃだけど、それでもハンドマイクは嬉しい。DVDみたいにシンセドラム叩いてくれてもよかったけど、今回はそれはなし。


Soul Meets Bodyのパラッパラッパッパーが聴こえて来たとき、いきなり涙がこみ上げてきた。あ、そっか、1回泣いちまえばいいんだ、ってふと思った。なんか今日ずっとこうやって心が冷えてて、気持ちがアガらなくて、嫌なことばかり考えて、そんなのも全部ここで吹き飛ばしてしまえばいいんだ。そう思って泣きながら観てた。もちろんそれ以前にデスキャブのライブ自体に感動していたんだけどね。泣けた自分が嬉しかった。おかげでThe Sound Of Settingも気持ちよく観れて、そしてラスト。


Transatlanticismのあのイントロが聴こえてきたときは、「ああ、これでもうデスキャブ終わっちゃうんだ」って思う前に、涙がどんどん溢れてきた。CDJのばらの花以来の号泣かな。もうTransatlanticismのあの長い曲を1曲分まるまる泣いてたよ。ほんとにすばらしかった。もっともっと聴いていたかった。単独の来日を本当に心から待っています。来てね。いや、シアトルまで観に行ってもいいよ。行くよ。今年は無理だけど、来年行くよ(ホントか?)。そして単独来日してくれたら、絶対に最前確保して観ます。待っててね。っていうか、逆だ、待ってるよ!!!


合流していた友達はデスキャブの途中で抜けて行ったので、終わったときはまたポツンと1人。・・・1人感動していたら、やっぱり1人で感動していたらしい別の友達から連絡が。合流してしばし語り合う。友達は別の友達と来ているというので、その子とまた合流して、マリンへ行くことにした。ちらっとVerveを観てみるか?



Lostprophets

道を間違えてなぜか迷い込んだロスプロワールド(笑。デスキャブで感動の余韻のところに、「しんぎーーーん!!らーらーらーらーー!!」とか叫ばれてちょっとウケる。慌てて出てマリンへ向かう。

The Verve

ごはんを買ってスタンドへ。音が反響してほとんどまともに聴こえない。これじゃぁいいも悪いもないか。

と思ったけど、まぁ知ってる曲がかかればそれなりに楽しい。スタンドに居ると、あまり盛り上がってない印象を受けてしまう。下は結構埋まってたけど、入場制限までは至ってない感じ。もともと叙情派なのでみんなじっくり聴き入っているのか。次のPistolsを観るために、マリンを気分で楽しんだだけですぐに席を立つ。通路へ出て、出口へ向かったその瞬間、Bitter Sweet Symphonyの聴きなれたイントロが・・・「これだけ聴いてくか!」と3人一致でスタンドへ戻る。そのまま立って堪能。位置がもうちょっと正面だったからか、さっきまでよりもうちょっとましに聴こえる。これで気分よくマリンを堪能できたね~、と、終わってすぐにシャトルバスでメッセへ戻った。Sonetもやったらしいけど、聴けなかったのがちょっと残念。

Sex Pistols

マウンテンのステージ、入り方がわけわかんない!ちょっとあの造りやめて!んもうー!全然中に入れなくて、かなり時間をロスしたよ!
この日1番良かったのはもちろんデスキャブだけど、1番楽しかったのはこれだったかも!とにかくまあ知ってる曲ばかりだし、1曲も短いし(笑、楽しく踊りとおした!デスキャブでさんざん泣いて毒出したおかげか、あれまあぴょんぴょん跳べること!自分の体を疑問に思ったよ(笑。

先ず、昔あんなにイカレタ美少年だったジョニーの衰えっぷり、コメエディアンっぷりに笑い、ギターの安岡力也っぷりに笑い、いやー、とにかくリキヤさんにはかなり笑わせてもらった!!モニターにアップになるたびにひたすら笑ってた。やめて~~!!って(笑。


さて、私が1番聴きたかったのはGod Save The Queen。おもいっきりNo Future叫びたかったんだー!!!本編ラストのほうでやったよ!あ、その前にNo Funやってそれも嬉しかった!踊った踊った!そしたGod Save The Queenに続いてE.M.I!やっぱり叫んだよ!E.M.IE.M.IE.M.IE.M.I!そしてアンコールでAnarchy In The UK!もちろん大盛り上がりで終了~~!!!・・・・と思ったら、なんと2回目のアンコールだって(笑。あー、最後まで笑わしてくれるよ。もうみんなちょいちょい他へ移動したよ。私も楽しかったから予定外に全部観ちゃったけど、Wellerちょっとだけ観たいんだよ(笑。

Paul Weller

はじっこのマウンテンから、これまたはじっこのソニックへ移動し、ようやくWeller!と思ったら、なんと人がぞろぞろ出てくる・・・おおお、おわっちまったかい・・・?と思ったら、アンコール待ちだった!ラッキー!

Wellerは生は初なの。スタカン時代、ホント神のように大好きだったんだけど、解散してソロになったらそうでもなくてね。CDも2枚くらいしか持ってない。そしてあんまり聴いてない。結局スタカンはタルボットが好きだったんだろうけどね。アンコールで唯一聴けた1曲は、知らないけど楽しくて踊れるナンバー。聴いたことあるけどわからない。iPodに入ってるかな、あとで探してみよう。そしてWeller、次の機会には必ず観るよ!



そんなこんなで、紆余曲折はあったけれども、最後は大団円。友達2人と一緒に我が家で4時まで遊んでおりました。やっぱり泣くって大事ね。出すものは出さないと。便秘はよくない!(笑

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
FUJI08 さあ、2日目!8時半起床。宿で出してくれた朝食を採って、いざ2日目!やれ2日目!←気合を入れないと動けない

いやー、性根が怠け者な私たちは、食事を採るのも時間ギリギリで、宿を出るのもチェックアウトギリギリ。日焼け止めを塗るヒマもなく、コンタクトさえ入れるヒマなく出発し、再び苗場へGO!!


苗プリ入り口近所のきれいな建物のトイレにちょっと寄らせてもらって、コンタクトを入れたらゲートへ。コンタクト、普段入れ慣れてないからモタモタしてしまうのよ。たぶん慣れれば鏡とかなくても入れられるんだろうな~。ライブのときしか入れないからさ・・・。


先ずは昨日と同様、基地の設置から。ラッキーなことに、昨日とほぼ同じ位置に設置。もうちょっと右にずれたかな。昨日のほうがステージ観えた気が。でもいいの、寝るんだから、ここで。この日はPrimalまでまともに観たいものはなかったし、久しぶりに観よっか~、って感じのHard-Fiまでも2時間ほどあったので、ヘブンのほうへ行って見るか、グッズを見るか、初のドラゴンドラに乗ってみるかを相談し、ドラゴンドラに乗ってみることにする。


ドラゴンドラ、チケットはすぐに買えたけど、乗るのに結構並んだ~。そもそも乗り場まであんなにあると思わなかった、並んでるところが既にすごい斜面だし(笑。それでもなんとか乗って、動き出したら・・・・!!!きゃーーー!すてきーーー!!


そう、私は高いところが大好きで、あーゆー高低差のあるような乗り物も大好き。乗ってるだけでも楽しいのに、見える景色がまた良くて、ステージも見えるし、キャンプサイトも見えるし、ダムらしきものも見えるし、キャンピングカーのエリアとかも見えたね。ゴンドラの下には熊が置いてあったり、恐竜みたいのが置いてあったり。ときどきガタガタガタン!って衝撃があって、そのたびに胃がふわっとしたけど、それも気にならないくらい楽しかった。また乗りたいーーーー!!!

一緒に乗ってたMちゃんや、同じゴンドラに乗ってた3人組み男子のうちの2人は、高いところが得意じゃないらしく、実はとっても怖かったらしい。ポール(?)にしがみついてるMちゃんがすごくかわいかった(笑。弱みを握ったわよ、Mちゃん、ふふふ^m^。


上に行くと、天国!!!!!・・・のはずが、異常なほどの人の多さにびっくり。これは天国じゃないな(笑。せっかくだから、ドラゴンの絵から顔を出して写メ撮影。そして長い階段をまた登る。これがちょっときつかった!絶対筋肉痛になるねー!なんて言いながら、ハァハァと登ったけど、実は全然筋肉痛にならなかった。太ももかなりやばかったんだけどな~。上でMちゃんは四葉探し。私は何してたっけな。景色をみつつ、また日焼け止め塗ったり(笑。

また乗り場のほうに下りて、うろうろしていると、ドラえもんが3匹やってきた。しっぽがすーーーーっごいちっちゃくて垂れてて爆笑(笑。あのしっぽ、引っ張りたかったよ・・・・・。そのうち雨が降ってきたので、ポンチョを着て、くだりのドラゴンドラを待つ。この列もかなりの人だった。20分くらいは並んだのかな。あまり雨がひどくならないうちに乗れて、また高所を楽しんだよ。Mちゃんも帰りはかなり慣れたらしく、ちょっと余裕があった。ちぇ(笑。


着いたらHard-Fiになんとか間に合う時間!急げ!


【Hard-Fi】


ここで昨日のガラス細工のKちゃんと連絡をとりつつ基地へ。選ぶのが難しくて4つ候補を選び、Kちゃんの前で2つにしぼった。なんと2つくれるというので、カフェオレ色のと、ちょっとキラキラした深緑(よりもっと深いな、きれいなのよ~)を選んで、サンドペーパーと飲料水で仕上げをしてもらった。うれしい!ありがとう!Kちゃん!!

近いうち販売の予定もあるらしいので、それもすごく楽しみにしているよ!とりあえず今は良質モニターでいます(笑。

もらったリングのうち、カフェオレ色のをこの日はずーっとつけてフジを楽しむことに♪


Asian Dub Foundation

あんまりまともに聴いたことがなくて、まぁアジアンでダブなんだろーなー、という感じで基地で待機。始まったけどやっぱりちょっとアウェイな感じなのでまったり。この間、トイレに行ったりなんか食べたりしたような気もするんだけど、あまりよく覚えていない。Mちゃんがちょっと元気なかったのだけがすごく印象に残ってる。

でも、ラストのほうですごく楽しい曲がかかったので、ちょっと前に出てって踊る。あれは何?代表曲なんだろうね。みんなすごく楽しそうだった!そして私も楽しかった!・・・と思ったら、ラストでなんとNo Fun!!アジアンでダブなNo Funだったけど、それだけでまた楽しかったです。ふふふ。


【ザ・クロマニヨンズ】


【Primal Scream】


【Ian Brown】


【Underworld】


今年のフジも踊り倒して終わった!気持ちとしては3日目まで居たい気持ちもあったけど、いろいろ疲れてるし今年はやっぱり2日にしてよかったかも。


基地を片付けたら、1時の新宿直通バスへそんなに余裕があるわけでもない時間。ゆっくり動きたいし、荷物も引き取らなきゃだし、バス乗り場結構遠いし(苗プリ通らせてくれよ~!)、さくさくと動くことに。バス乗り場に着いたのは1時よりまだ2~30分前だったのかな。すぐに乗っても狭くてつらいので、ちょっと荷物を広げて基地用品とか詰めてみる。あとはトイレに行ったり、お土産を買ったり、私は駐車場に座って軽くストレッチして、軽く脚マッサージもして、メディキュットを履いてしまった(笑。去年はバスの中でやったから、ちょっとつらかったんだよね~。少しストレッチしてから寝ないと、起きたときに動けなくなるからさ。


と思ったら、1時のバスが私たちの直前でいっぱいになってしまい、10分後のバスに・・・ちょっと失敗(笑。でも今年は本当に熟睡でした。バス乗る前から睡魔が襲ってきてたしさ。すぐに寝て、途中のトイレ休憩でも寝ていたかったくらい。でもトイレずっと行ってなかったから降りたけど、すんごい寝ぼけてた気がするよ(笑。またバスに戻ってもすぐに熟睡して、気がついたら新宿だった。


家に帰ったら、初めての1泊留守番をした子猫が、もう1日中鳴いて鳴いて鳴いて大変だったのでした。毎日の通勤でも、帰ると鳴かれてじゃれられるんだけど、あんな1日中鳴いてるなんて始めてだ。日曜休みにとっておいてよかった。1日しっかり一緒に居るからね。と、べったりな日曜を過ごし、今年のフジは終了したのでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
FUJI08 初日のまとめです。初日分のレポもリンクしてあるよ。

今年も行きは新幹線。昨年と同じ、6時8分のMAXときに乗って出発です。今年は猫が居るので、フジロックの準備はほとんどしなかったけど、留守番猫の準備ばっかりやたらとしていた。自動給餌器やら、給水用ドリンクホルダーやら、トイレも増設して、丸2日空いてしまうのが心配だったけど・・・さぁ出発!!!


やはり昨年と同じく、7時半にはあっさり湯沢に着き、さほど並ばずにシャトルバスに。今年は天気があまりよくなかったから、並んでる間もジリジリしなくて助かった。それでも日焼け止めはたっぷり塗ったけれど。


ラストのトンネル抜けた後のキャンプサイトの花畑を昨年は見逃したので、今年は寝ずにしっかりと見る。初日だったからまだあまり咲いてなかったけど、フジに来たーー!!ってテンション上げるには充分な光景でした。


今年は1泊だったので、荷物を預かり所へ預け(500円)、リストバンド交換所へ。そしてグッズも観ないでとりあえずゲートに並ぶ。ゲートをくぐったら先ずは基地の設置。グリーンの後方通路の後ろ、時間が早かったし、2人分だったからわりと難なくとれた。PAでステージが半分見えないけど、左のモニターは全部見える。値ながらでも堪能できる。それからオアシス行って朝食を調達して、グリーン左の小高い丘の上でソフトバンクモバイルのお父さんがでーーーっかくプリントしてある超キュートなシートに座って朝ごはん。私は確かぶっかけうどんにわかめトッピングで食べたような。


観ていると、ガラガラだったモッシュピットに少しずつ人が入っていく。今年のスタートはRodorigo Y Gabriela。モッシュピットに入って、田舎へ行こうを聴き、キヨシローの歌声でちょっと涙が出そうになる。がんばれキヨシロー


【Rodorigo Y Gabriela】


そして基地へ戻って日焼け止め塗りなおし。陽が出て来て暑い。ちょっとぐったりしてきた。


【くるり】


セットチェンジ中、雨がパラパラっと。一緒に居たMちゃんは先にTravisへ行ったけど、私はまだなんか疲れてて躊躇。でも結局やっぱり行ってしまうのだ。雨が降ったら座ってるより前行ったほうがいいし、何よりTravisは1度観てようと楽しみにしてたんだから!


【Travis】


Bloc Party

Vinesが控えているので、ブロッパは最初からちら観の予定。でも、観なくてもいいや・・とはならなくて、1曲でもいいから観たかった。ブロッパ、音大好きなのに今まで観る機会が1度もなくてさ。今回は観られる絶好のチャンスだったのに、Vinesの参戦決定であえなく・・・。

オケレケ、つーかブロッパ自体、とってもクールなイメージだったのだけど、オケレケ、笑うんだね。笑ったからびっくりした(笑。←そりゃ笑うだろ。いや、ステージで笑うイメージがなかったんだよね。でも楽しそうだった。赤い短パン履いてたのがすごく印象的。

セットは覚えていないけど、確か3曲聴けたはず!2曲目がゆっくり目の曲の中で2番目に好きな曲だったような。3曲目がすごく踊りたい曲だった!この曲好き!うーん、今タイトルがわからない。後で補記しときます。これが聴けたらもういいや!!・・・ってことでVinesのためにマーキーへ移動。でももっかいどっかでリベンジしたいな!


【The Vines】


【Kasabian】


本質的にはここで、今年の私のフジ初日は終了(笑。気持ちとしてはね、充分楽しんだ!満足!!!

でも最後にやっぱり観ておこう、観ておかなくちゃ、マイブラを!痩せたケヴィンを!


と、ここでライブ友達のKちゃんと会うことに。ガラス細工を作っていて、リングを作ってもらうことになっていたの。すごく楽しみにしていたので、ちゃんと会えて嬉しかった!でも、なんせ会ったのは数年前のCDJで1度きり。顔がわかるか心配でしたが、なんとか会えました。ガラスのリングも、いっぱいいっぱい持って来てくれたので、今夜宿で選んでいいって言ってもらえて、ずっしり一式お借りしてしまいました。明日もちゃんと会えますように・・・!!


【My Bloody Valentine】


途中で帰ったので、みつまた行きのバスもガラガラで即乗れた。座って宿の近くまで。宿へチェックインすると、今年は相部屋なんだけど、部屋割りにミスが。でも、そのミスのおかげで、7人部屋を私たち2人だけで使うことができたよ。ラッキーだった。


フジでの宿は、私は苗プリに2回、今回は初の民宿(ロッヂ?)だったんだけど、今年が1番よかった気がする。苗プリは2人部屋だったせいもあるけど、やっぱり狭い。荷物広げるにも、自分のベッドの上にバッグを持ち上げて広げて、寝るときはまた降ろさなくちゃだし、床はじゅうたんだけど基本土足だし、民宿の大部屋の畳ってほんとすてき~~~。やっぱり私は日本人なのか・・・。来年もここにしよう!とMちゃんと話しながら、大浴場でひとっぷろ浴びて就寝。


あ、もちろん、脚にはバンテリン。首肩も痛かったのでやっぱりバンテリン。そして定番メディキュットを履いて!ね!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Underworld 先ずはセットリスト。


Crocodile
Parc
Pearls Girl intro/King of Snake
Moaner
Two Months Off
Small Conker and a Twix/You Do Scribble
Rez/Cowgirl
Born Slippy Nuxx
Jumbo



Ian Brown見終わって、ドラゴンドラチケット売り場前でMちゃんと合流。ゆっくりグリーンへ移動。そう、今年の私のフジロックは、Underworldで締めです!


途中、Pearls Girlが聞こえて来たりして、ワクワクしてくる。到着したのはMoanerからかな。アンダワ、初めてだけど、思ったより楽しい!ちゃんとしたアルバムってあんまり聴いてなくて、よく聴いたのはライブ盤のEverything Everything。だからRez / Cowgirlのあたりとかめっちゃ好きなのよ!


でも、なんか暗いなーーー・・と思ってたら、ステージ両サイドのビジョンに何も映ってない。壊れた・・・?!と思っていたら、どうも演出らしい。画面の映像も、開催者側ではなく、アーティストの演出に徹底しているようだった。Two Months Offの前か、その次あたりで、既に撮影してあったらしい2人のアップが移って、白くて大きな生地みたいなもんを早回しで広げている。そしてそれに空気を入れて・・・・・と!ステージでも膨らんでる!!


今までも使っていたセットらしいけれど、巨大トッポギみたいなもんが何本もにょきにょき立ってて、それがいろんな色に光る。立ったり、折れたりする。どの曲か忘れたけど、終わった瞬間にすごくカラフルな色ですっごく好きな感じだった。あの色合い、うちにも欲しい!


1番アガったのはやっぱりRez / Cowgirlだ。たのしーーーーい!一緒に歌いっぱなし、おどりっぱなし。そのままBorn Slippy Nuxx へ。これも文句なしに楽しいよね!すごい盛り上がってたよ。白い巨大バルーンが何十個も出てきたし。ちょっと多すぎてモッシュピットの人たち大変そうだった。上ばっかり見てただろうね、あんとき(笑。


ラストのJumboもすてきでした。この曲も落ち着いてて好き。定番の流れらしいけど、この流れはいいね~。


バルーンは終わってからもグリーンをあちこち飛び歩き、私の居た付近では外人さんたちがかなりゲットしてた。そんで取り合いっこして遊んだり、乗って割って遊んだり。まぁちょっと盛り上がり過ぎな感じで(笑。


ギンギラな衣装のカール・ハイドの変態ダンスもおもしろかった!あんだけテンション高いとこっちもアガるよね。笑っちゃうときあるけどね(笑。


演出的には、正直言ってビジョンの管理はSmashに任せてほしかったなぁ。踊るカール・ハイドが見えたほうが客はアガるよ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Ian Brown Ian BrownVinesが決まるまでは、Primalの次に・・・・・・・って、もういいか(笑。

Ian Brownファンの皆さんごめんなさい、邪道なのはわかっていますが、やっぱりRoses曲目当てで楽しみにしていたのでした!!


Primalが終わってまっすぐIanに行こうと思ったけれど、トイレに行けなかったことを思い出して先ずはトイレへ。オアシスから橋渡ったとこのトイレです。Primal終わってすぐだったから空いてた、空いてた。そしてマーキーへ。


でもなんか、やたらぐったりしてしまって、脚がだんだんつらくなってきてて(って、この日はPrimalしか踊ってないだろうが!!!←ひとりツッコミ)、とりあえず音だけ聴こうとマーキー前の広場(?)に座り込むことに。中はあんまり混んでる感じじゃなかったし、全然は入れそうだったけど、座りたかったので入らず聴いていました。しばらくは寝ようとしてたかも(笑。


ときどき知ってる曲がかかるので、ふんふん♪聴く。


と、開始から30分ほどで、続々と人がマーキーから出て行った。なんだろ。何が始まる時間だったんだろ。グリーンのアンダワIan終了と同時くらいだったから、ホワイトの何かかな。そして、終了10分前になると、また続々と人が・・・これはアンダワ客だな・・・。私もアンダワは楽しみにしてたけど、最初から全部全部観なきゃ!って感じではなかったの。で、そのくらいになってから、私は意を決して中に入ることにした。って大げさだな。だって脚がだるかったんだもん(笑。


マーキー入ってPA横で背伸びしながら観ていると、いきなり聴きなれたイントロが。Waterfall!!!いや~、勘がいいな~、私。そしてソロ曲やって終了。と同時に、ほとんどの人がどんどんマーキーから出て行きます。もうガラガラ。PAまで人がいなかった。ここから先は禁煙です!の表示がどこからでも見えてた。


でもトリだから、アンコールやってくれるよね!と思ってそのまま待機。やっぱりあったかいマーキーです。人は少ないものの、ものすごい愛に満ちた歓声でIanを呼ぶ。・・・出てきた!!いぇ~!!


そして最後に演ったのは・・・I Am The Resurrecrion!やったーーーー!!!と思った瞬間、後ろでパラパラ居た人たちは、みんな前に突っ込んでいきました。もちろん私もね!


歌部分だけで充分に思っていたのに、ちゃんとあのすばらしいアウトロ(にしちゃ長いが)も完コピ。ほんと完コピでした。Mちゃんの言うとおり!私はRoses、2nd派なので、あのアウトロは超超超長ツボなのでした。今年のフジで1番幸せな瞬間だったかも。踊りまくった。


うーん、できればジョンのギターで・・・レニのドラムで・・・。←マニはいいのかよ?


後から、最前列で観てたMちゃんに聞いた話だけど、Roses曲始まって歓声が沸いたとき、Ianは「にやっ」としたそうな(笑。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
Primal Scream フジから10日が過ぎ、レポを書くにもテンションがすこぶる落ちてきました。まだいくつかあるけど、全部書けるのかなー、書かなくちゃなー、書いとかなきゃ私みんな忘れちゃうからー・・・。

Vinesの次にマイメインアクトだったPrimal Scream。つーか、Vinesが決まる前は1番だったね。


さすがにね、ちゃんと腹ごしらえもして、トイレにも行って・・・と思ったけどトイレが激混みで間に合わず。なのでトイレはPrimal後にお預け。MちゃんはIan最前をキープするために、マーキーへ。私もPrimal終わったらマーキー行くからね!


やっぱり場所はステージ左のちょっと小高くなったところ。ステージも足の先まで全部見渡せて、アップはビジョンで見れるあの位置です。もう今年はほとんどこのへんで踊ってた気がする。


ビジョンには、ボビーのアップばかりが映るので、わりとステージを観てたかな。顔を観ててもね、正直アガらないのでした。ボビー基本的に無表情だしね(笑。それより、ステージの上でくるくる回ったり、あの変なステップを踏んだりしてるボビーを観ながら聴いているほうが、何十倍もアガるのです。スキップは今回なかったのかな、観てない気がするよ。くるくるはあったよね。ふふふ。私もその場でまわりたかった~。


さて、セットリストはこちら。


Can't Go Back
Dolls
Miss Licofer
Jailbird

Beautiful Future
Losing More

Sucide Bomb

Love To Hurt(Love To Be Hurt)

Shoot Speed / Kill Light

Swastika Eyes

Rocks

Country Girl

Movin' On Up



1曲目は新譜から。このCan't Go BackPrimalの王道な感じの曲なので、全く違和感がない。そして大好きなDollsがいきなり。

新譜からの曲が結構あるけど、とってもフェスなセットだね。特に最後の4曲は踊りっぱなしで大変だった。へとへと~~。Swastika Eyesのアレンジが、ものすごくダンサブルになってたよ、もっとエレクトロニカ系の。前回のツアーでもこうだったっけ?前回のツアーでは、Swastika Eyesがあんまり面白くなかった記憶があるので(Riot~のツアーだったからかな、路線が違いすぎるし)、今回はすっごく楽しかった~。


Shoot Speed / Kill Lightも大好きなので、嬉しかったなー。

あ、そういえば、何の曲だっけ、Love To Hurtんときかな、ゲストが入って歌った。CSSLovefoxxx。声がすっごくかわいくてよかった。CSS単品ではまともに聴いたことないんだけど、メインボーカルになると気にいるかは不明。女性ボーカルがあんまり得意じゃなくて・・・ま、評判いいので近いうちちゃんと聴いてみます。


イネス他、他のメンバーはあんまりアップにならなかったので、あまり記憶にありませぬ。マニは相変わらず日本語でMCしてたな。あのいつもの出たがりな感じで(笑。あ、バリーは結構よく映ったか。また色気づいた感じで弾いてたよー。お得意(?)の、右手をばーん!って上に上げる弾き方で。途中でジャケットを脱いでたな。暑いもんな。うんうん。

ってかさ、イネスを映してやってくれ(笑。


ここまで一気に書いたけど、うーん、あまり興奮してないレポだね。日にちが経ってるせいだろうか?(笑


ついでと言ってはなんだけど、3日目のセットも載せておきます。私は2日終わって帰ったので、観てないんだけどね。



Accelerator

Dolls

Miss Lucifer

Jailbird

Beautiful Future

Losing More

Kill All Hippies

Sucide Bomb

Love To Hurt(Love To Be Hurt)

Shoot Speed / Kill Light

Swastika Eyes

Movin' On Up

Country Girl


(Encore)

Loaded

Can't Go Back

Rocks



なるほど。セットはほとんどかわってないんだね。アンコールを考慮した順番になってるだけなのと、その分の曲を加えただけか。ふーーん。盛り上がりはどうだったんだろう。最終日だし、この日はトリだし。まあでも2回目なわけだけど(笑。


2日目の終わり方がものすごくあっけなかったので、3日目の終わり方が気になるな~。


そういえば、この画像。ロキノンの表紙で、こないだからHMVのPrimalの新譜のところにずっと置いてあったんだけど、Primalボビーを知らない友達に、「猫の名前、ボビーはどうかな~。この人なんだけど」って言ったら、即答で「やめなよ~~~~~~~(ーー;」って言われた・・・・チブよりいいじゃんね・・・。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クロマニヨンズ ダラダラしてたね~、この日。クロマニヨンズって始まったの、既に夕方じゃん?それなのにやっぱり基地で座って観てやんの、私(汗。

だってさ~。←いい訳


この日はPrimalIan Brownに賭けてるつーかさーーー。そんでそのままの勢いでUnderworld行きたいっつーかさーー。とにかく日没までは体力温存したかったのです。っていうより、動けなかったんだな、たぶん(笑。


その前のAsian Dub Foundationのラスト2曲がやたらと楽しかったので、その勢いでクロマニヨンズ鑑賞。やっぱり前に上がる気はなく、基地で楽しむ。


セットチェンジ中の音、異常にでかかった。この日は朝イチのサウンドチェックから音がでかかったけど、マーシーのギターの音出し、イライラするほどでかかった(笑。始まったら全然気にならなかったけどね♪


クロマニヨンズ開始時は、よく覚えてないけどトイレに行ってた気がする。そんでPrimal前のパワー充電のため、舞茸丼を買ってきて食ってた気がする。たった2日間しか行ってないし、たった一週間程度しか経ってないのにこの記憶力。酷いね・・・。


どうも最初がクロマニヨン・ストンプだったっぽい・・・うあ~~!!


でもまあ、チブが1番聴きたかったので、演ってないと信じて待ちました。何聴けたっけな、キラービーあさくらさんしょスピードとナイフエイトビートも聴けたね。土星にやさしくとかやらなかったのかなーー、セットリスト、どっかに転がってないかなー。タリホー


そしてチブ歩くチブ!!たーーーのーーーしーーーーー!!!


ラスト数曲はやっぱり立ち上がってしまって、基地で踊っておりました。そこへ基地の場所を伝えてあった友人Aちゃんがちょうどたどり着いて、2人で踊ってたらレジャーシートがよれよれになった(笑。


でも、何が幸せって、ヒロトのあのMCが聴けるのがとっても幸せ。あんな純粋な人はいないね。すばらしい。かわいい。すっごくかわいい人だ。今回も、楽しかった、ありがとうと、本気で言ってくれた。いやいや、楽しかったのはこっちです!!


いやーーー、しかしキケンだった!

何がキケンって、最近うちに来た猫ちゃんに、フジ明けに名前をつけようと思っていたのだけど、この瞬間は「チブ」ってつける気満々だった!カタカナにするとかわいいけど、恥部だよ!恥部!


しかしご安心ください、チブは最終的には却下されました(笑。



-----------------------------------------------------------------



zumaさんよりセットリストを頂いたので追記!!

ありがとうございましたーーーー!^o^


クロマニヨン・ストンプ
ギリギリガガンガン
あさくらさんしょ
うめえなあもう
草原の輝き
ヒャクレンジャー
スピードとナイフ
ワハハ
レッツゴー宇宙
くじらなわ
エイトビート
歩くチブ
キラービー
弾丸ロック
紙飛行機
タリホー

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
Hard-Fi こっから2日目です。

Hard-Fiは、最初の来日ツアーのときに観て以来。その後もまともに追ってこなかったので、今回どんだけ垢抜けただろう?と密かにワクワクしておりました。


この日2回目の日焼け止めを塗りながら、まったり木陰で座って鑑賞。1stの曲しかちゃんとわかってないし。


登場してきた彼らを観てビックリ!!! こ、後退している!!!


そう、垢抜けるどころか、さらにもっさ~~~~となって登場したのでした。なんだなんだ。もうちょっとお洒落してなかったか?ヤツラは!デビュー当初は、やっぱり田舎くさかったけど、もうちょっとかわいい格好してたじゃん。作業着系だったのは前からだけど、デニムももうちょっとパリッとしてたしさ。顔はもっさかったけど、ジャケットとかそれなりにかわいかったりしてさ。よく観るとお洒落してんだな、くらいなさ。←それでも「よく観ると」


みんな地味だったね。青っぽいシャツに地味なパンツ。ジーンズだったかも。さらに作業着になってた。男の人の作業服姿ってかなりかっこいいし、結構萌えな感じなんだけど、彼らには萌えなかったな・・・・なぜだ・・・なぜなんだ・・・。


いやー、この部分への衝撃が強すぎて、曲のレポなんてできないや。朝だったしまだ頭がはっきりしてなくて覚えてないのかも。あはは。


とりあえず、1stでのHard to Beatだっけ?ちょっとハウスっぽいシンセが入ってるやつ、あれはやっぱりすごく好きでした。


目が覚めた!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
MBV 今年のフジは、当初1日参加の予定でした。マイブラTravisFeederの3点セットと、PrimalIan Brownを天秤にかけて、最終的にPrimalを取り、2日目だけの参加を決めたのでした。

でも、5月末になって、Vinesの参戦が決まったおかげで一転!急遽宿を抑えて2日参加に!


というわけで、マイブラはさ、もう諦めてたんよ。というか、マイブラテンションはほとんど残ってなかったのよ。そりゃ最初、発表があったときは超アガったさ。幻のマイブラじゃんね。幻でもないか(笑。んで、Vinesじゃないけど、マイブラだっていつ観られるかわかんない代物で、しかもどっちも本当に来るかどうかわかんない状態だったけどね。とにかくもうマイブラモードではなかったのでした。実際、初日はVinesで燃え尽きていたしね~。


でもやっぱり観ないわけにはいかない。


もうサウンドチェックのときから爆音が聴こえてくる。なんだこの音。なんだこのデカさ。ギター1本の音だしでこんな爆音で、ライブ始まったらどうなるんだ??????・・・と思ってたら、やっぱりもうとんでもない爆音!轟音だった!!!



セットリストはこんなだったらしい。


I Only Said
When You Sleep
You Never Should
Cigarette In Your Bed
Only Shallow
Nothing Much To Lose
Come In Alone
Thorn
To Here Knows When
Slow
Soon
Feed Me With Your Kiss
You Made Me Realise


体力的にはもう無理が来てたんだけど、気持ちだけ上がる。何曲聴いたかわかんないけど、「あと1曲聴いたら基地に戻ろう」「あと1曲聴いたら宿に戻ろう」ってずっと思いながら観ていた。隣りで一緒に観てたMちゃんに、いつ言い出そう、いつ言い出そう、と思ってたら、Mちゃんのほうから言ってくれた。助かった(T-T)。限界だった。。。


Lovelessの曲はみんな楽しかった。すばらしかった。ビリンダもキレイだった。キレイっつーかかわいかった。ケヴィンも噂どおりちょっと痩せてた。そしてPrimalんときみたいな脚開きロックスタイル弾きじゃなくて、ロバスミみたいな棒立ち弾きだった(あーゆーかわいらしさはないけどね)。


あと、歌ね。CDまんまで嬉しかった。でも、爆音過ぎてあんま聴こえなかった。何曲か聴いたら、曲すらも聞こえなくなった。ステージからの位置的には、PA横と同じくらいの距離で観てたはずなんだけれども、すぐに耳が聴こえなくなった(耳弱いんだけどね)。後方通路の後ろに陣取った基地に戻ったら、やっとメロディが判別できるようになった。そして片付けを始め、宿に戻るためにゲート方向に歩き、トイレの前あたりがちょうどいいくらいの音量だった気がする(笑。


あれ、きっと、みつまた行きのバスからも聴こえたね(笑。←今年はみつまた泊

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。