カスタマイズファクトリーNACKSのさぼらなくなってきたマニアックブログ

埼玉県上尾市のカスタマイズショップNACKSです
オーディオ、モニター、LED、アクリル、アルミ、カーボン・・・
ありとあらゆる素材と妥協のないデザインであなたのカーライフを
より刺激的なものに致します


テーマ:

 

image

 

 

ACG関東です!!

NACKSからは6台エントリー!

今イベントにてデビューの車両が2台ラブ

楽しみですね(^^♪

 

そしてスタッフ総出のため店休となります。

 

こちらが開催概要になります。

ACG2016in関東

メモ 開催日:2016年5月29日(日)

時計 開催時間:10:00-16:30

サーチ 開催場所:ロングウッドステーション

ポスト 住所:千葉県長生郡長柄町山之郷67-1

一般来場者

¥ 入場料:無料

車 駐車場:1,000円(1台/1日)

 

こちらがACGの公式サイトになります。

お越しの際はご確認ください。

 

 

 

たくさんのオーディオカーが見みれること

ステージイベントが充実していること

駐車料金だけ!入場料無料で一日楽しめること

など魅力的なイベントです照れ

 

NACKSも出展します。

ブース前にはUSカムリを展示します。

どなたでも試聴可能ですので

是非この機会に体感してみて下さい!!

 

 

AD
いいね!(10)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オーディオテクニカ様のデモカー、ハリアーが完全完成です。

{D16C3452-8833-4510-AC4A-334FAFFEA0EC}

ユニバーサルクラフトさん協力の元、アルミ刻印によるメーカーロゴと商品名を入れたプレートが追加になりました。

{276D0654-0A0E-472C-98E8-2B9237FD6E4A}

程よい色合い。高級感がMAXです。

{EF36A088-85B8-43AA-8930-293250E092E3}

ステッカーではありません。やり方は内緒。

{12410F4C-DD3A-4269-884F-67298C8937A9}

メーカーデモカーなので使用している配線のラインナップを記載。

{C5955817-D680-4AC9-AF13-D172577805C5}

レーザーなので細かい字もどこまでもキッチリ入っています。

{60FE7878-6D99-41AE-89F6-4B6D280896C8}

このプレートのおかげで5倍くらい格好良くなりました。

さすがはユニバーサルクラフトさん。各地で展示されると思いますので皆さん是非見てみてくださいね!

AD
いいね!(10)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハリアー祭開催中!

{D9761DF7-8F4E-4FA2-A8C6-7AC0B79A7655}

ハリアーはオーディオをやるベースとしてもとてもいい車ですね。

ハリアーにお乗りの方は是非ご相談ください!

AD
いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クラウンはトランクワーク。

アンプを固定するステーを製作します。

{63EA4BB6-BD16-4FDB-AAA5-AE40D5BA2507}

アンプを固定するには面積の足りない平面。

でもアンプをフローティングで見せるには必要な構造。

なのでステーに工夫をします。

斜めの面に板を固定。すでに平面に合わせて斜めにカットしてあります。

{F4D14828-57A0-4CF1-8F6A-822C4A7ABA1E}

アンプを固定するのに充分な面積のステーを上に載せます。

ビスを外すための穴も合わせて開けます。



{0C1B2E13-A855-4B39-989F-1F6D994AC54B}

両側に作ります。左右対称萌え。

{CA86D31C-D671-496F-88CB-FF676D66A5D5}

このままでは強度不足。

下に支えになるステーを追加。

これも斜めカットでピッタリ作ります。

最近ではこの辺のパーツをパテでごまかすことはしません。やっぱりパテは割れます。末永く使っていただきたい。

{42981864-DD29-49EF-A45B-1CF9327B0FC0}

ステーの間は三角形になるわけですがその角度をどう作るのか?

こんな便利な工具があります。

まずあてがって求める角度に合わせます。

{DFC46BE7-011F-418B-806E-ACA741D8751F}

そしてMDFにコピー。

これで角度をコピーできました。

{50C9947E-66EE-468B-98E9-C53BE54047E4}

ほらピッタリ。とてもエクセレント。

この状態で接着すればズレようのない強度の高いステーが完成です。

{F466B1AB-0438-47BF-AE85-2AD4D31D2722}

アンプの大きさにカットしたMDFを少し大きくします。これがアクリルのテンプレート。

{1136E6FC-C5BD-4766-9FE9-D250A1E9A2E6}

こんな感じでアンプからはみ出ました。

この部分が光るポイントです。

{05A0E7A0-5187-48BE-87EB-F0618B1B2937}

少し出しすぎ?

いえ、斜めにカットすることを考えるとこのくらいは必要です。

{0FDF6CBC-3FDC-46FA-AE40-00F60073B8E0}

アンプベースをビスで固定します。

位置はそのままデザインになります。結構ミリ単位で合わせています。


{30916E76-D81D-4397-8D86-D7C03C56FB6D}

アンプステーを固定するビスはちゃんと測って等間隔。

そうしないとアクリルへの光の反射が左右で変わってしまいます。

均等でないとビスの影がただのムラになります。重要です。

{67A61F25-919F-427C-84BE-20F2428796B4}

そしてアンプを固定。

少しづつオーディオトランクワークらしくなってきました。頑張っていきましょう!
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
NACKSでは初となります。オーディソンAVシリーズのfullDA接続!

これは通常プロセッサーからアンプはRCAケーブルを使用し、ここを流れるのはアナログ信号です。

しかしオーディソンのプロセッサー、今回はbittenDですが、このAVシリーズのアンプと独自のケーブルでつなぐことによってデジタル信号のまま送ることができます!


{40C17127-27C1-4C5C-8540-5BE73376B726}

結構大きいAVシリーズ。高音質なアンプです。


{72D31FA5-39BF-4562-8885-B6E91D7E4A75}

いきなりFullDA状態!

{2BB9F62E-1EA1-4CFE-A77F-9720E2CFB7A6}

このアンプも通常はRCA接続です。なんと基盤ごと外してしまいます。

{E822970A-3C6A-4A24-9EA1-3E32AFF9F839}

これが交換後。様変わり。

アンプとは思えない配線パネル。

{0892C929-ECAB-470B-9B9D-EE1F7C33ADE8}

これがRCAケーブルに代わるデジタルケーブル。LANケーブルですかね。

アナログはノイズに弱く、またデジタル信号をアナログ信号に変換する際に音質劣化があります。

デジタル信号のまま送ることで信号劣化のないクリアなサウンドをアンプに届けます。

クラリオンのフルデジタルシステムはアンプからスピーカーすらもデジタル信号なので話題になっています。

ただ、このアンプはとてもハイクオリティ。スピーカーもハイクオリティ。ちょっとグレードが違います。

{5A1DE5CD-C742-43CF-B123-C03B9395B24A}

基盤交換はびっくりするほど簡単。でも設定などは多少難しい。

オーディソンは昔からシステムが難しい。でも多機能です。

{329E146C-9D71-4C23-959E-4DBE53ECCCDB}

高級アンプであろうがなかろうがカスタムインストレーションはマスキングが大事。

できる限り綺麗に貼ります。

{19AA98AF-622C-4A85-98C9-F44BB5D85EA0}

アンプをひっくり返してMDFに両面どめ。

アンプと同じ形の板を作ります。

{A0F4CAB6-42EA-4FFF-AF68-7C5F254D245D}

ルーターで掘るとこんな感じ。

{39BBA0F1-7E07-43E7-B964-4B659D6AFD0A}

できました。これはアクリルのベースとなります。

{0F9535D0-DD8B-4E1C-8E4C-A12D0E9E3F93}

ルーターを使えば当たり前ですがピッタリ。

でもこのまま使いません。少し大きくしてアクリルが見えるように加工します。

{FBBC76F8-EE67-4EFA-864C-B03B33624521}

その際にアンプを固定するネジ穴をコピーしておきます。

これが基準になるのでちゃんとボール盤で垂直に開けます。

サボってドリルで穴を開けると微妙に斜めに入り精度が微妙。

手間はかかっても後で精度が良ければ組むのが楽になります。


ありとあらゆるところで精度を追求すると時間がかかります。

しかしあまり精度を気にしないでトランクワークなどの複雑なカスタムをすると少しのズレがたくさん集まって大きなズレになります。

キッチリ作れば綺麗だし、何度バラしても同じ位置に戻り、きしみ音も出づらく、長持ちします。

いつも精度精度とくどいのですが、これからも精度にこだわりたいですね!
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。