土曜日は会津柳津で勉強会に参加しました。

 

今回のテーマは「映画やドラマのロケ地でまちおこし!」でした。

 

なんと、サプライズであの、「『知事抹殺』の真実」の安孫子監督もいらっしゃっていました。

 

この映画は、今の私に必要ない怒りや闘争心に火をつけそうなので、見る勇気が出ませんが・・・。

 

 

懇親会の写真の一番奥の右側に写っているのが私です。

 

講演会の充実ぶりを感じられる笑顔です。我ながら。

 

流れ星流れ星流れ星

 

勉強会の内容は、ツイッターにメモしてあるので、興味がある方はぜひ。

 

https://twitter.com/hashtag/花ホテル講演会?src=hash&lang=ja

 

ロケ地マップを作って観光につなげたりしているそうです。

 

 

最後の質疑応答で、YouTubeを使ってはどうか、という意見が出ていたのですが、同じように、SNSで、ロケの期間から、公開後まで盛り上げられるといいですよね。

 

でも、公開前の映画の情報がダダ漏れになっても困るのでしょうし、そこがもどかしいなあと思いました。

 

流れ星流れ星流れ星

 

ところで、ちょうど、会津柳津にいく前日に、最近、あの国民的女優の綾瀬はるかさんも、会津柳津に滞在していたという情報を知りました。

 

 

なので、柳津名物あわまんじゅうを食べながら、お店の方に、「この前、綾瀬はるかさんがいらっしゃっていたんですか?」と尋ねました。

 

そしたら、ご存知なくて、町民にも秘密にして、密かにロケが行われたようです。

 

流れ星流れ星流れ星

 

「ふくしまに恋して♡」という、地元のための番組なのだから、撮影中から、みんなで盛り上がればいいのに。

 

と、業界を知らない私なんかは思いますが、そうはいかないものなのでしょうね。

 

そんなことを色々考えました。

 

流れ星流れ星流れ星

 

かつて、ゴールデンボンバーが流行った時や、バンドが売れる時はそうなのかもしれませんが、ファンもみんな一丸となって、ゴールデンボンバーを作り上げていた気がするんですよね。

 

ゴールデンボンバーの場合は、メンバーがアメブロをマメに更新していて、それが親しみやすくて、みんながゴールデンボンバーを身近に感じていた、というのが大きかったと思うんです。

 

SNSを使った成功例ですよね。

 

流れ星流れ星流れ星

 

それより前は、CDや雑誌やラジオなど、SNSにかわるものは以前からあったと思うのですが、今はSNSかなと。ピコ太郎もそうですし。

 

同じように、ロケという、たくさんの人が関わって一つのものを作り上げる場面で、SNSで、その一人一人が発信すれば、大きな流れを作ることだってできそうな気がします。

 

でも、それは私が業界を知らないから言えることなのでしょうね。

 

流れ星流れ星流れ星

 

ところであわまんじゅうは黄色いのです。

 

AD