古町どんどんでPR

テーマ:
先週末(5月11日、12日)に開催された
古町どんどんで
cushu(クシュ)の取り組みを
ブースで紹介させていただきました。

$クシュる隊がゆくのブログ


新潟市市民活動支援センターに属する
さまざまな活動をしている14団体の
紹介コーナーの一つとして
参加させていただきました。

きっかけをつくってくださったのは
いままで7回開催してきた
「cushuで英会話」という
お料理教室+日本酒の会+英語ゲーム を共催している
「英会話スピークアップ」代表の渡辺さん。

渡辺さんが主催する
「ボランティアグループエンライトン」は
自転車で世界一周をした石田さんなど
さまざまな元気人の講演会やイベントを通して
新潟に元気を与える活動をしています。

cushuで英会話もその一つ、
ということで
エンライトンの活動紹介として
お邪魔させていただきました。


$クシュる隊がゆくのブログ
当日配布したチラシです。


で、今回はイベントの紹介とともに
酒かすの魅力も伝えようということで
本と酒かす、酒かすレシピ冊子などの
販売もいたしました。
今季の酒造りもほとんど終わっているので
酒かす(新かす)もそろそろ終わり。
というなか、
いつもお世話になっている酒屋さんのご協力で
酒かすも販売することができました。

やはり根強い人気がありますね。
特に地酒の酒かすは。
「おいしいんですよね」と
うれしそうに買っていかれる
お客様も多く、酒かす談義も盛り上がりました。



さらにうれしかったのが、
他団体との交流。

$クシュる隊がゆくのブログ

お隣のブースは「日本民家再生協会」という
茅葺や大黒柱、手斧で削った梁など
日本の古き良き伝統を残す民家を再生する活動を
世界的に展開している団体でした。

$クシュる隊がゆくのブログ


そちらの方とお話をしていたら、
いつもお世話になっている蔵元さんの蔵も
再生されたとのこと!

蔵元さんともとても親しく
「世の中狭い!」と実感するとともに
日本酒も、古民家も、食も
その地域の伝統として受け継いでゆくべき
大切なものであることを
再認識しました。

古民家で地元の食とお酒の会を
やりましょう!
なんていう話まで飛び出し
またまた素敵な出会いをいただきました。

動くことでつながっていく、
広がっていくことを
最近よいいっそう強く感じています。