Curelyの隠れ家創庫

キレイになる情報や商品、技術がいっぱい
詰まったブログです

今流行りのスタイルやアレンジの仕方
おすすめ商品を発信します
Curelyのお店情報も同時にアップします


テーマ:
あっという間に9月が終わってしまいましたが
9月はCurelyにとって大切な日。
 

9月9日で4歳になりました!!
設計するときにデザイナーさんに描いてもらったスケッチ。
当初よりだいぶ色濃くなってきていますね笑



4歳を迎えられたのも、支えてくださるお客様、取引先の皆様、Curelyとつながっている全ての方々のお陰です。本当に感謝感謝です…!!



オープンしてから毎年アニバーサリーパーティーをしていますが、Curelyの野外活動をするきっかけになったのは2周年に納屋橋で行った「なないろマーケット」&「アニバーサリーパーティー」です。



なないろマーケットは人と人がつながり未来につなげるなないろの虹を架けようとはじめた活動です。
無知なところからでしたが、この活動をはじめたことでたくさんの方々とつながることができました!!




知らないことは興味のはじまり.
興味は広がる世界のはじまり
広がる世界は無限の力を秘めている。



4年目を迎えた今日でも無限の力を日々感じています。
 

なないろマーケットはなやばし夜イチとつながり、夜イチ主催の寺園風くんが運営している八風農園の有機野菜をCurely内で取り扱うようになりました。そして今回夜イチスタッフの盆栽までCurelyで取り扱うことになりました。


私の自由奔放な言動も全て受け入れてくれる夜イチスタッフに感謝です!!


夜イチ内でなないろマーケットブースをするようになって今回で3回目。
少しずつ少しずつ積み重ねです。



雨の中で行われた9月23、24日の「なやばし夜イチ ビールまつり」その一角でなないろマーケットはやらせていただいています。

サーカステントのはずが雨でクモの巣です…



これも積み重ね。



夜な夜なテントを手直ししてくれた母に感謝。張れなくて残念でしたが、さらに頑丈になりました!!


オープン当初からCurelyがお世話になっている筆人の小川光喜さん。
実は偶然ですがCurelyのオープンと同じ
9月9日に筆人をはじめたそうです。
ご縁を感じます!

今回お世話になってる光喜さんから素敵なお仲間さんをご紹介していただきました。



筆文字の「あきたまさん」
バタバタ動いている私に差し出してくれた
色紙に感動して言葉を失いました。


和代の禾(のぎへん)ってどういう意味あるかしってる!?
のぎへんは元々米を意味してるんだよ。
お米は元は種でしょ
お米は秋に収穫する。
収穫したら利益になる。
利益は積み重ね。
積み重ねたら稼げる。
稼いだら税金おさめる。



のぎへんはみんなでつくるって意味なんだよ!!
隣の口はみんなが笑ってる様子をあらわしてるんだ。
だから和代の「和」はお米をみんなでつくって喜びあうって意味なんだよ。


和代の「代」は代々の代。
先祖代々続くを意味してるんだ。  
名前は氏名=使命。

使命だから
つながるをつなげるなんだよ。
人をつなげる使命。


和代さんの使命は
「お米をみんなでつくって喜びあい和んで
つながっていく」んだよ。



自分のやっていることが積み重ね、使命=役目を果たしていることが何より嬉しかった。 
素敵な出逢いも日頃の積み重ね。



日々たくさんの方々に出逢っていますが、全てに意味があるんだと思います。
Curelyも5年目突入しましたが謙虚に一歩ずつ地に足ついていきたいものです。


出逢いをひとつひと積み重ねて
全て糧にしていけたら幸せです。
5年目もCurelyをよろしくお願いします♡

via Curely
Your own website,
Ameba Ownd
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。