野口みずほのホリスティックに生きる

〜心と身体と魂のセルフケア〜

はっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱ


自然療法研究家
野口 みずほのブログへようこそクローバー

たくさんあるブログサイトの中からご訪問、
ご縁をいただきまして感謝です。

中国伝統医学自然療法
身体のケアを、
数秘学カウンセラー子育て心サポーターとして
心のケア
させていただいています。

そして、15年のセラピスト経験を活かして
各種講座を開催しています。

green linegreen line葉っぱgreen linegreen line

30代後半まで、常に
体調不良を抱えて生活していました。
西洋医学の医者に通い、
西洋医学のお薬を
日々大量に飲んでいました。

お医者さんは、
一時的に症状を改善するお薬は
出してくれるけど、
薬の効き目が無くなれば、
またすぐに元の不調が戻って来る。

そしてまた薬を飲む・・

そんな生活を続けていて、
真剣に
「お薬を飲み続ける生活から抜け出したい」
思った私。

そんな私が、
心も身体も元気になったツールが、
中国伝統医学自然療法、そして数秘学でした。



クローバーラインラインクローバーラインラインクローバーラインラインクローバーラインラインクローバー

2015年、新たに
一般社団法人 子育てこころケア湘南
『子育て心サポーター』としても
認定を受けました

アスペルガーの夫と
発達障がいの二人の息子と
25年以上関わって来ました。

大人の発達障がい者との
関わり方でお悩みの方
や、
発達障がい児の子育てでお悩みの方
お役に立てれば幸いです。

クローバーラインラインクローバーラインラインクローバーラインラインクローバーラインラインクローバー


中国伝統医学と自然療法で身体のケアと予防医学
かあさんの手

かあさんの手HPbn
……………………………
数秘学/メンタルヘルスと発達障がいの電話相談
ボイスマルシェ

女性限定。電話でお悩み相談サービス『ボイスマルシェ』
……………………………

セラピスト・セラピストを目指す方のお役に立てる各種講座
葉っぱ陰陽セラピストアカデミー葉っぱ

YYTAさま*ロゴ
……………………………
陰陽セラピストアカデミー*講師ブログ
陰陽セラピストアカデミーブログBN


はっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱgreen lineはっぱ

テーマ:

 

これまでに発行して来たメルマガを再掲載しています。

メルマガバックナンバーシリーズを見るにはクリックコチラ

 
葉っぱ

 

 

これまで、「エセ冷え性」は体内にこもった余分な「熱」が引き起こすこと、この「体内にこもった余分な熱」が、カラダに様々な症状を引き起こすということをお伝えして来ました。


では、なんで私たちのカラダに余分な「熱」がこもってしまうのでしょう?


ということで前回は、多くの「熱」の原因とも言われている、現代社会における「ストレス」に焦点を充てました。


しかし、「ストレス」だけが「熱」の原因ではありません。


私たちの日常生活が絡む生活習慣や、食生活にも「熱」を抱え込む原因はあります。

 

今回は、その生活習慣から来る「熱源」についてです。

 

まず、生活習慣で「熱」をこもらせない大切な習慣は、なんだと思いますか?

 

実は、早寝なのです。

あなたの就寝時間は、何時ですか?


もし、夜の11時を過ぎてから布団に入る生活をしていたら、あなたはカラダに「熱」をこもらせる生活習慣をしているという自覚が必要です。

 

「えーっ!! 野口さんにそんなこと言われたくなーい!!」
って声が聞こえてきそうです。(笑)


はい、野口も夜更かし癖があるので、人のこと言っている場合じゃありません。


でもね、野口は一応夜更かしをしている自覚もあり、その夜更かしで起こりえるカラダの不調が起きないよう、漢方薬等で日々きちんと補いをしています。


もちろん、補いをすれば、夜更かししても良いというわけではありませんが、どうしても静かな時間が仕事が捗るということもあり、急ぎの仕事があるときは、夜更かししてしまう野口です。

 


でも、カラダの声は常に聴くようにして、カラダさんが「眠い」と発信したときは、
無理をせず、早寝をするようにもしています。

 

しかし、多くの方は、野口のように補いというケアや、カラダの声を聴くということはしていないのではないかなぁと思うのです。


なぜ、夜更かしをすると「熱」がこもるのか。


これは、中医学の「陰陽哲学論」と深い関わりがあります。

またまた「哲学論」なんて難しい・・・と、ココロが遠くに行っちゃった方、戻って来て下さーい!


「陰陽哲学論」は、確かに奥が深いものですが、簡単に言っちゃえば、

「世の中は陰と陽で出来ているのですよー」ということ。


そして、陰と陽の二極だけでなく、

陰の中にも陰と陽があり、
陽の中にも陰と陽がある。


陰が存在しなければ、陽は存在しないし、
陽が存在しなければ、陰も存在しない。

 

という、宇宙の法則なのですね。

 

私たちのカラダは、この「陰」と「陽」のバランスが取れていて、はじめて健康と言えるわけで、このバランスを崩すと、余分な「熱」をこもらせたり、元気をなくしたり、寒くしたりすることが出来るのですね。

 


私たちの生活の中で、太陽の出ている時間というのは、「陽」の時間。

太陽が沈んでいる時間は、「陰」の時間なのですね。


更に、温度の陰陽は、冷やすエネルギーが「陰」
温めるエネルギーが「陽」となります。


人間のカラダは、「陽」のエネルギーが多くなると、「熱」を持ち、「陰」のエネルギーが増えると、「寒」となります。


逆に、「陽」のエネルギーが減ると、「寒」となり、「陰」のエネルギーが減ると、冷やすチカラが弱るので、「熱」を持ちます。

 

そして、「陽」の運動エネルギーは「動」、「陰」の運動エネルギーは「静」となります。


で、なぜ夜更かしをすると、「熱」がこもるのか・・・に話は戻しますが、これらの陰陽のエネルギーの働きを理解出来れば、一目瞭然なのですね。

 

夜は「陰」の時間で、この時間は「静」に過ごすことで、カラダの中に「陰」のエネルギーを補うことができます。


しかし夜更かしをすると、「陰」の時間に活動していることになりますから、
「陰」のエネルギー補給が出来なくなります。


すると、「陰」のエネルギーが少なくなり、カラダを冷やすチカラが弱るので、カラダに余分な「熱」がこもるようになるのですね。

 

よく、「夕食を食べた後に眠くなって、夜遅くに起きて家事をしてしまう」
という事例の相談を受けます。


これ、結構多いですし、野口も以前はよくやっていました。

 

最も「陰」のエネルギーが強い時間が、夜中の12時を挟んだ4時間です。

ですので、しっかり睡眠に就いていて欲しい時間は、
夜の10時から2時までの間。


ですので、もし、夕食後に眠くなってしまったら、潔く寝てしまって、夜中の3時過ぎに起きて、やり残した家事をすれば良いのです。


「陰」の時間は、「静」に過ごすことで、「陰」を補うことが出来、カラダに余分な熱を溜め込む予防に繋がります。


「陽」の時間は、「活動」することで、「陽」のエネルギーを補うことができ、カラダを温めるチカラが備わります。


ようするに、夜更かししていれば、余分な「熱」がこもって当然なのですね。

 

夜更かしすると「お肌が荒れる」のも、余分な熱をこもらせることによって起こる不調のひとつなのですね。

 

夜更かしは、カラダさんからしてみれば、百害あって一利無しです。


もし夜の11時にお布団に入れない生活をされている方は、気をつけてくださいね。

 

どうしても改善出来ない環境の方は、日常的に「陰」の補いをしっかりする必要がありますよ。


そして、病的に弱っている方は、生活習慣を改善出来ないとか言っている場合じゃありません。


ケアが追いつかないと、病気の発症は免れなくなりますので、御用心。


長くなって来ました、今回はこれくらいで、次回は、食生活の「熱源」についてです。


私たちのカラダは食べたもので出来ているのですよー!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。