尾張

テーマ:

最近、昼夜の気温差が大きく体調を崩してカゼをひいてしまい喉を傷めていたOです。ようやく治りましたが皆さんも気をつけてください。

 

1月の東京遠征以来、通勤以外で電車に乗る事が無かった私ですが先日思わぬ形で電車に乗ってきました。

 

行先は愛知県、名古屋。身内の不幸で行ってきたのですが。愛知の実家に行くのは実に17年振り。前回訪れた時の記憶と照らし合わせながら参列していました。

 

実家から仙台に戻る為に名古屋へ。東海道線に乗った私、前に乗った時とは駅も車両も様変わりしていました。名古屋駅に降り立つのは初めて。東京は何度か行ってるので人の多さは分かっていたのですが名古屋も人多すぎ。駅周辺を歩いたのですが流石日本三大都市。未開の地を歩くのは恐怖でした。

 

今はケータイで何でも調べられるからいいですが、一昔前だったらでっかい地図を持って歩いていたことでしょう。

 

その後、深夜バスでほとんど寝る事ができないまま仙台に戻ってきたのでした。

 

それでは。Oでした。

 

AD

石けん

テーマ:

お久しぶりです、スタッフの「K」です。

 

 

今まで疑問に思っていた事。

「石鹸」「石けん」「セッケン」「せっけん」そして「ソープ」。

 

成分の違い、固形と液体、用途等によって厳密に区別されていると思っていました。

が、

一般的には「石けん」の名称で使用されます。

 

 

理由の一つとして「石鹸」の「鹸」が当用漢字に無いため「石けん」表記にしているそうです。

ただそれだけでは、色々な製品と区別出来ない。それでなんとか他と区別しようとして「石鹸」「石けん」「セッケン」「せっけん」と表記したと言われています。

 

 

勿論それだけが全てという訳ではありません。

 

 

手や身体を洗う「石けん」の場合は、製品の成分にかかわらず、「せっけん」とかSoapと呼ばれることが多いのです。これは英語圏でも同じで、事実、国際貿易(輸出入関税)の国際間の取り決め(Harmonized System)でも、「Soap=せっけん分(脂肪酸塩)を含む・含まないは問わない」と、定められています。

 

 

日常で何気なく使っているにもかかわらず、意外にも奥が深い「石けん」でした。

 

 

それでは、また次回。

 

AD

5月21日

テーマ:

久しぶりに旅行がしたくなりました。TKCです

 

初めて飛行機に乗った時

 

いかに周りに自分が初めての飛行機じゃないと思わせるかを考えて乗りました。

 

 

結果シートベルトのはずしかたがわからなく焦りました。

 

それももう10年近くも前のお話です。

 

北海道に行こうかしら、それとも思い切って海外

 

言うだけタダですからね。

 

 

AD