【ワシントン=佐々木類】共産党の志位和夫委員長は7日夕(日本時間8日朝)、ワシントン市内で産経新聞との単独インタビューに応じ、「米国は日本の隣国であり、手法は違っても核なき世界の実現に向けて大局的に協力できる」と述べ、今後、オバマ政権や議会との交流を深めていく考えを示した。

 志位氏は、初の訪米について、米下院議員や国務省のメア日本部長らと会談したことを明らかにし「多角的な意見交換ができた。ささやかな一歩となった」と強調。米国について、「反共の壁が崩れた結果、訪米が実現した。『反米』とか固定的にとらえる必要はない」と語った。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関しては、「無条件撤去が必要だ」との持論を展開。一連の会談を通じて米側に対し、共産党の立場を説明したことを明らかにした。

 一方、普天間問題で鳩山由紀夫首相が沖縄県内への移設を検討していることについて「責任は重い。県民の怒りは頂点に達した」と批判、国会論議を通じて責任を追及していく考えを表明した。

【関連記事】
県内移設の政治責任重い 志位氏がNYで首相批判
核なき世界が社会の潮流 NYで志位共産党委員長
共産党の志位委員長が渡米 NPT再検討会議出席へ
志位氏、「沖縄県民大会を軽く見るな。県内移設は不可能になったのだ」
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」

としまえん「フライングカーペット」で少年転落(読売新聞)
民主新人を推薦、自民現職は支援=参院選対応で-日医連(時事通信)
GM、北米マーケティング担当に北米日産の副社長が就任(レスポンス)
<NPT会議>福山氏、国連事務総長に「合意形成に努力」(毎日新聞)
生物の多様性損失は人類の危機…国連報告書(読売新聞)
AD