JR西日本の歴代4社長が起訴された福知山線脱線事故。近年、企業の経営陣が刑事責任を問われるケースは相次いでいる。

 昭和60年の日航機墜落事故や平成3年の信楽高原鉄道事故では、刑事責任の追及は経営陣にまで及ばなかった。

 しかし平成16年、自社製トラックのクラッチ部品の欠陥を放置し死亡事故を招いたとして、三菱自動車の当時の社長と副社長が業務上過失致死傷罪で起訴され、元社長は有罪が確定。東京・港区の六本木ヒルズで16年に男児が回転扉にはさまれ死亡した事故でも、ビルを管理する「森ビル」の常務の有罪が確定した。

 またパロマ工業製のガス瞬間湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故では、元社長らが在宅起訴されている。

【関連記事】
「『ひそかな自信』にとどめて…」指定弁護士、弱気も JR西強制起訴
「申し訳ない…」と歴代2社長 井手被告は対応せず JR西強制起訴
公判の長期化不可避 指定弁護士の負担も重く JR西強制起訴
前社長、山崎被告の公判は? JR西強制起訴
佐々木社長「現場重視で変革進める」 JR西強制起訴

<伊香保温泉>石段を70メートル延伸 「石段街」、県道からくっきり(毎日新聞)
本屋大賞 冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)
<西京銀行>融資先の氏名など書かれた関係書類を紛失(毎日新聞)
外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)
<国民生活センター>新理事長、存在意義を強調(毎日新聞)
AD