奈良市の奈良公園で3月、ボーガン(洋弓銃)の矢が刺さった状態で見つかった雌ジカが死んだ事件で、奈良県警は12日、30代の飲食店経営の男が関与した疑いが強まったとして、13日にも文化財保護法違反(天然記念物の毀損=きそん)容疑で事情聴取する方針を固めた。

 捜査関係者によると、男は3月12日夜~13日未明、奈良公園内の春日大社の表参道で、シカにボーガンを撃ち、死なせた疑いが持たれている。男が「シカを撃った」と知人に話しているという情報が県警に寄せられ、捜査していた。

 シカを保護した「奈良の鹿(しか)愛護会」によると、雌ジカは3月15日に死んだことを確認。解剖で妊娠していたことが判明した。

【関連ニュース】
【凶行に使われたボーガンの矢の写真も】死んだ雌ジカ 妊娠していたと判明
【第一報】文化財保護法違反:シカにボーガンの矢 腹部に深さ24センチ、大けが--奈良公園
【悲しい続報】奈良公園:矢の刺さったシカ死ぬ
<動物受難>戦場に散った動物たち ペットも軍用に
<かわいい動物で和もう>動物の赤ちゃんもいっぱい 毎日動物園

<収賄>家具厚生年金基金元理事ら逮捕 業者から700万円(毎日新聞)
外国人参政権に反対 市民団体が東京支部(産経新聞)
鳩山首相、核サミット参加へ米国に出発(産経新聞)
地域主権3法案、審議入り(産経新聞)
理容店にトラック突っ込む=運転手死亡、女性2人軽傷-熊本(時事通信)
AD