石原聡の一日一麺

GOING UNDER GROUND


テーマ:


祝!!





100回!!





いや~なんとか100回まで続きました。





いろいろな人に体、大丈夫なの??





って聞かれますが。





今のところ大丈夫です!





若いんでね(笑)





今回は記念すべき100回目ということで、





こいつを解禁したいと思います!





そんな今日の気分はこいつだす!

東洋水産「マルちゃん正麺 醤油味」
photo:01


袋麺も解禁しま~す(笑)


photo:02


ずーっと気になっていたから良い機会だと思ってね。


photo:03


具材は定番を入れました。




□めん

「生麺うまいまま製法」により、切り出した生の麺をそのまま乾燥しているため、
乾燥麺でありながら生の麺本来の味となめらかでコシのある食感が楽しめます。
※オフィシャルHPから抜粋

素晴らしいです。
袋麺を作ったとは思えない程の味です!!!


「生麺うまいまま製法」というネーミングも凄いけど(笑)
これを考えた人天才ですわ!
ほんと生麺!!



□スープ

基本的な醤油スープだと思います。
ちょっと濃いめ(自分で作るので若干差はあると思いますが)だと
思うけど、麺に良く絡んで美味いっす!



□具材

袋麺のときはアレンジしたい気持ちを押さえつつ
基本的な具材を入れて行きます。

今回はネギ、メンマ、卵、ほうれん草です。
卵はなかなかの半熟具合でしょ!?



□お酢
~当分この説明は入れておきます~
僕は大体カップラーメンにお酢を入れます!
これが食べたラーメンに合うかという項目です。


これは合いますよ!
元々の味が美味しいからね。
若干濃いめだと思うのでお酢を入れる事によって
滑らかな味になると思います。



注意:基本的に半分くらいは元の味を楽しんでから入れる事をお勧めします。



□総評

いや~噂には聞いていましたがここまで美味しいとは
思っていませんでした…

とにかく特許出願中の「生麺うまいまま製法」凄いっすわ!
手に取ったときは普通の袋麺じゃんって思ったけど、
食べてみてビックリ。

そんじょそこらの麺とは格が違いますね。

これで100円(具材は除く)って凄いっすわ~
感服。

これなら他社の人も慌てて似たような物出すわ。

袋麺なんでちょっと手間はかかるけど、逆に色々
アレンジ出来るから楽しいよね!

いや~美味い!!







そんなこんなで本日の得点はこちら!












8点!!









それでは明日もお楽しみに~~♪♪ にゃ~









GOING MAGAZINE毎日更新!!
こちらもよろそく!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

いっさんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。