「痛みを、力に変えて」

テーマ:

 

 

 

はいっ。

 

 

 

 

 

ここ3日間くらい毎日寒いけど

 

みんな

風邪とか引いてないかね?

 

 

 

 

 

 

 

きょうはちょっと

 

いろんなお話させてね。

 

 

 

 

 

 

すこしながくなります。

 

 

 

 

 

 

 

わたしには

 

 

 

歌を歌ったり

 

活動をするにあたって

 

 

 

 

譲れない志のようなものがあります。

 

 

 

 

何のために歌うのか

 

 

その理由というか。

 

 

 

 

 

ずうっと掲げているテーマは

 

 

 

「だれもひとりにしない」

 

 

 

これはずっと言ってるよね。

 

 

 

 

 

 

例えエゴでも

 

誰かのために生きたいし

 

 

 

笑われても馬鹿にされても

 

貫き通したい覚悟もあります。

 

 

 

 

 

 

 

わたしのTwitterを知っている人は

 

 

 

もしかしたら

 

気が付いてる人も

いるかもしれないんだけれど

 

 

 

 

 

このたび

 

 

ずうっと悩んでいた

 

 

 

 

 

 

オレンジリボン運動

 

サポーター登録をさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

オレンジリボンっていうのは

 

 

 

児童虐待防止のための運動で

 

 

 

 

 

まだ私にできることと言ったら

 

募金くらいしかないんだけれど

 

 

 

 

 

いつか

 

チャリティーライブなんかも

 

 

 

できたらいいなあ、なんて

 

思っています。

 

 

 

 

 

 

 

ずうっと気になっていた

 

活動の一つではあったんだけれど

 

 

 

 

 

 

正直な話、

 

 

 

やれることも少ないくせに、って、

 

 

エゴだ偽善だって

 

 

言われるのが怖かったんだ。

 

 

 

 

 

 

 

そのすべてに対抗できるほど

 

 

わたしだって強くはない。

 

 

 

 

 

 

 

けど、

 

 

わたしがそうやって

 

うだうだ悩んでるあいだに

 

 

救えたものもあったかもしれない。

 

 

 

 

そう思ったら

 

悩むより行動!って動いてた。

 

 

 

 

 

 

 

わたしに、わたしの歌に

 

 

どれほど力があるのかなんてわからない。

 

 

 

でも

 

 

 

 

 

経験した者にしかわからない苦しみも

 

経験した者にしか救えないものも

 

 

 

あると思うから。

 

 

 

 

 

わたしは

 

 

わたしと同じように

 

 

間違った痛みの消し方をする人が

 

 

いないように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしには

 

閉じ込めていた痛みがありました。

 

 

 

 

 

これを話すことが

 

 

一歩だと、思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「魔女物語」は

 

 

わたしの物語です。

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしには

 

苦しくてたまらない過去があるけど

 

 

 

 

 

不幸ではないです。

 

 

 

 

 

ため込んだ痛みを本当の出口へ

 

いざなう方法を見つけたから。

 

 

 

 

 

 

 

でも痛みの迷路のなか

 

ひとりで苦しむ人は

 

 

世界中にたくさんいる。

 

 

 

 


だからわたしは

この痛みを「力」に変えて



伝えていくことを決めました。










わたしの大好きな歌の歌詞で




「振り上げた剣(勇気)は、

切り裂くためじゃない」




っていうのがあって。







わたしには


【歌】っていう武器があって

でもそれは




誰かを傷つける武器じゃなくて



誰かを護るための




運命に立ち向かうための武器。









わたしは



もうあの鳥籠の中には戻らない。









身勝手な人たちには構ってられない。








人の様々な痛みに気が付けず

傷つけて平気な顔ができる人は



はなから

ひとりでしか生きることのできない人だ。








わたしはすべての人を

救いたいわけじゃない。






すべての人に

やさしくしたいわけじゃない。








それはいやだ、

それはだめだって



ちゃんと伝えることが



一歩なんだよ。









わたしの経験が、

痛みが、




誰かを出口へと導けますように。










えがお!












何も考えないで



えがおで頑張ろうとか


言ってるわけじゃないからね。










んだばっ。





明日もえがおで頑張ろうね。

AD