Verdure

体の中で一番疲れてそうなところ ブログネタ:体の中で一番疲れてそうなところ 参加中
本文はここから

ここ数日、北風が吹き荒れており、一気に冬のような気温になったショボ街。
さぶぅぅぅと背中が丸くなっているのを感じつつ、この寒空の下、若干一名「うへへへぇぇぇぇ」と元気に走り回るのが・・・

あたしよぉぉぉぉん

寒くなるとさ。姿勢がいつも以上に悪くなり、肩こり・腰痛が酷くなるのよね。
肩を回したり、腕を振って大股で歩くようにしているけれど、やっぱり駄目。
日本に帰って、骨組みから治してもらわないとよくならない様な気がします。

整体の先生にツボを押されて一番悲鳴を上げるところは・・・やはり、腰・肩につながるツボ。
疲れているのかしら???
もうちょっと運動しなくちゃ!と思いつつ、結局食べることに逃げているオオカミ

体の外側はボロボロですが、・・
ショボ街では美味しい野菜を色々と購入できますので、お蔭様で内蔵は元気。
この時期から冬の終わり頃の間のみにしか食べられないという野菜が、漸く出てきました。


ショボ街エリアではAgretti(アグレッティ)と呼ばれていますが、地方によってはBarba di frate(修道士の髭)と呼ぶみたい。

初めて調理されたものを見たときは、海草かと思いました。


味はホウレン草のような感じだけれど、もう一寸甘いかな。
ホウレン草と同じで、最後にエグサというか、舌にザラザラした感じが残る場合もあります。
茹でて、オイルとレモンをかけて食べることが多いですよ。
クセになる味です。
冬のイタリアに来る予定の有るかた、是非食べてみて下さいね。

さてさて。
皆さんは、この絵を見たことがあるかしら??



イタリアの画家アルチンボルドー氏による絵画。
果物・野菜・魚介類・お花・植物、書籍のみで人物像を描いてます。

詳しくはこちらへどうぞ(Wikipedia:ジュゼッペ・アルチンボルド

皆さんはこの中から、何種類お野菜をみつけることができますか???

それでは、まったねぇ。
AD

コメント(16)