私達が結婚した2年前に、両親へのプレゼントとして、iPadミニにメッセージを入れて送りました。


それまではスカイプで母と話をする事がとても多かったのですが、Apple製品に入っているFaceTimeがとてもいいよと聞いていたので、私達もApple製品を持っているし、ととても実用的なプレゼントをしました。


私はひそかに、私達にとっては「実用的」だけど、果たして使いこなせるかなーと心配していました。


家で一番パソコンのことが分かったのは私でしたし(笑)、今は弟たちもそれぞれ家族がいて、両親は2人きりの生活。


日本は色々なサービスもありますし、お金を払えば全部設定をしてもらったりできますが、さすがに自宅で海外に住む娘とFaceTimeしたい!という場合に誰かが助けに来てくれるとは思えないし...とまだ起きてもいないことを悶々と心配していました。


けれど、そんな心配は必要ありませんでした。


iPadへのインターネットの設定も、Appleストアの無料口座やフリーダイヤルでスムーズに解決し、FaceTimeやメールの送受信はもちろんのこと、iPadを持ち歩いて写真を撮影して、私に送ってくれたり、この前は母が通うスペイン語口座の様子を録音したりと、とても役立ててくれています。


母に急な用事が出来て、東京から札幌まで出かける事があったのですが、


iPadは持っていかないわねー


と言っていたのですが、最終的に持参したようで、


お友達とランチしたら、ホテルのロビーでは、インターネットに接続できるからiPadも使えるわよーと聞いたので、試してみたの。メールちゃんと送信できているかな?


とメールが手紙


良く分からないし必要ない、と最初から決め付けずに、こうやって自分なりのペースで新しいことに挑戦してくれる様子を見られるのは、とても素敵なことだなーと思いました。

お母さん、その調子で頑張ってね合格


AD